雑巾の基本の作り方。誰でもできる簡単手縫いで作る方法

幼稚園や学校に雑巾を持っていくことも多いですよね。新学期となれば、複数枚必要になることが多いと思います。雑巾を手縫いで作りたいという時には、どのように縫えば良いのでしょうか。
そこで、手縫いで作る雑巾の作り方をご紹介します。雑巾は、裁縫があまり得意ではないという方でも簡単に作れます。あまり縫い目のきれいさにこだわり過ぎずに、じゃんじゃん縫い進めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ちりとり・ほうきは100均がおすすめ。場所や用途にあわせて

掃除機を出すほどでもないけれど、ちょっとしたゴミやほこりが気になる時におすすめなのがちりとりとほうき...

やかんの便利な笛吹き機能!笛吹きの後付けが可能かをご紹介

笛吹きケトルなど、やかんについている便利な笛吹き機能!お湯が沸くと音を鳴らしてお知らせをしてくれるの...

干し野菜を作るネットは、100均のものから始めよう

料理作りにこだわるようになると、干し野菜のような、ちょっと上級者向けのものにも挑戦したくなることもあ...

スポンサーリンク

手縫いで作る雑巾の作り方、まずは雑巾の生地選び

子供が幼稚園や学校で使うことが多い雑巾。

100円ショップやスーパーなど、どこでも簡単に手に入れることはできますが、やっぱり子供の持ち物は手作りの物を持たせたいと考える人も多いと思います。ミシンで作ることも多いと思いますが、手縫いの雑巾も味があって良いですよ。

雑巾を作るなら、タオルで作るという人が多いでしょう。

タオルで作る場合は、薄めのフェイスタオルがおすすめです。

何かの宣伝でもらったタオルや、旅先でもらったタオルなど、あまり使っていないタオルは、雑巾として活用しちゃいましょう。

タオル以外でも雑巾は作ることができます。

中でもおすすめなのが、着なくなったTシャツです。

コットン素材のTシャツは、吸水性がよく、乾きやすいので、掃除に使いやすくて重宝します。

繊維が細かいので、素材を傷つけないというメリットもあります。

なるべくプリントがないTシャツを選び、適当な大きさにカットして掃除の役に立てましょう。

タオルで作る手縫いの雑巾の作り方

フェイスタオルを使って、手縫いで雑巾を作ってみましょう。

  1. 子供でも使いやすい薄手の雑巾を作るため、まずはフェイスタオルを半分に切ってください。
  2. タオルの端の分厚くなっている部分も、必要ないので切り落としてください。
  3. カットしたフェイスタオルを半分に折ります。
  4. 合わせた端を、一直線に縫いましょう。
  5. 縫い終わったら、筒状になっているはずです。
  6. 筒状になったタオルを裏返しにします。
  7. 端に添って、ぐるっと一周縫ってください。
  8. 最後にバッテンの形に縫ったら、雑巾の完成です。

しっかりとした厚手の雑巾を作りたい場合は、フェイスタオル1枚で1枚の雑巾を作りましょう。

  1. 最初に、タオルの両端の分厚い部分を切り落とします。
  2. 次に、真ん中を中心にして、タオルを半分に折りたたみます。
  3. この状態からさらに半分に折ります。
  4. 先ほどの雑巾と同じように、ぐるっと一周縫ってから、バッテンに縫います。

分厚いので、縫うのが少し大変です。

しっかり床を拭いたり、吸水率を高めたければ、分厚い雑巾がおすすめです。

手縫いの雑巾の作り方のポイント

手縫いで雑巾を作る時のポイントは、細かい事にこだわらないという事です。

手縫いの場合、細かく縫う必要はありません。掃除に使う雑巾ですから、縫い目が揃っていなくても何も問題ありません。縫い目が歪んでも大丈夫なので、あまり細かくこだわらず、楽しく適当に縫いましょう。

ただ、雑巾を絞った時に、糸が切れてしまうと、だんだんほつれていってしまう事になります。

糸を切れにくくするためには、糸をピンッと張るのではなく、ゆったりと縫ってあるほうが良いでしょう。

縫う時に、糸を引っ張り過ぎないように注意しましょう。

糸がゆったり縫ってあると、柔らかい雑巾に仕上がり、小さい子でも使いやすいです。

幼稚園児や小学生が使う場合は、絞りやすくするため、薄めの雑巾がおすすめです。

がっつりお掃除したい場合や、中高生が学校に持っていく場合は、厚手のしっかりとした雑巾が良いでしょう。

使う人や用途に合わせて、雑巾のタイプを変えられるのも、手作りの魅力です。

雑巾に紐を可愛く付ける方法

幼稚園や小学校で雑巾が必要な場合、かける為の紐が必要です。

雑巾に紐を付ける場合、雑巾を作っている途中の、周りを縫う段階で紐を一緒に挟んで縫うと良いでしょう。

紐の部分は、同じところを何度か縫って、強度を高めるようにしてください。

雑巾が出来上がってからでも紐をつける事ができます。

その場合は、子供が喜ぶように、可愛く紐をつけましょう。

用意するのは、ひも20センチとフェルト生地です。

  1. 出来上がった雑巾の角に、紐を取れないように2箇所縫い付けます。
  2. 縫い付けた紐の先隠すように、三角に切ったフェルトをかぶせます。
  3. フェルトの周りを縫ったら完成です。

フェルトの色は、白じゃなくてカラフルにすると可愛く仕上がります。

フェルト生地の良いところは、切り端の始末をしなくて良いというところです。

余計な手間をかける事なく、簡単に紐を付ける事ができます。

雑巾だけでなく、手拭用のタオルなど、かけ紐が必要な場合に応用できるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

雑巾に名前を付ける時には

子供の持ち物には、記名をするのが基本です。

雑巾などのタオル類は、名前を書くところが付いてない場合、書くのに苦労してしまいます。

タオル生地にペンで名前を書くポイントは、生地をピンと張ることです。

タオル生地だと、ペン先がいちいち引っかかってしまい上手くインクがついてくれません。
生地をピンと張った状態で、直線で名前を書けば、上手く書くことができます。

難しい場合は、点で書くことがおすすめです。

点を書くように名前を書くと、直線で書くよりも自然な字に仕上がります。

タオルに上手く字が書けない場合は、ハギレなどに名前を書いて雑巾に縫い付けると良いでしょう。

100円ショップなどに売っている、アイロンシールもおすすめです。

タオルの下の方のツルッとした部分なら、上手くアイロンでつける事ができますよ。

雑巾は、簡単に買う事もできますが、手作りだと、掃除に対する意欲も違ってきます。使わない布などで雑巾を作って、家中を綺麗にしちゃいましょう。