洗濯機を安い価格で購入するには?電気屋さんでの交渉術もご紹介

洗濯機をできるだけ安い価格で購入したいなら、電気屋さんではなくネットで購入する方がいいかもしれません。
ただ、ネットで購入する場合は注意点もあるため、結果的に電気屋さんの方がお得な面もあります。
また、交渉次第では電気屋さんでも安い価格で洗濯機を購入できる可能性もありますので、ネットで購入する前に一度お近くの電気屋さんへ足を運んでみる方がいいでしょう。
毎日使う洗濯機は選び方にも注意が必要です。洗濯機の選び方についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしに必要な電気のアンペア数は?IHを使用する場合

一人暮らしだと電気はどの位使っているのか?契約しているアンペア数は?などが気になりますよね。...

時短で料理ができる便利な調理家電!美味しくもっと簡単に

仕事を持つ女性が増えてきて、夕食の準備に時間が掛けられないという方も多いと思います。慌しく夕食の準備...

電子レンジ寿命は10年?20年?気になる寿命と故障について

電化製品の寿命は約10年とよく耳にしますが、電子レンジをもう20年も使用していると言う話も。電子レン...

布団乾燥機の使用頻度は、冬ならどのくらいが適切か

布団乾燥機は、汗などで湿った布団を乾かしたりするのに使える便利な機械ですよね。スイッチを入れてし...

テレビの処分方法!無料で処分する方法や注意点についてご紹介

不要なテレビが家にありませんか?使用していなくても、リサイクル料金がかかるため処分をためらっている方...

画面が点滅する原因!パソコンの画面が点滅する原因と対策を解説

パソコンを使用しているとき、画面が点滅してしまうと、作業がしにくくなって困ってしまうものです。...

布団乾燥機の使い方【夏こそおすすめ】便利な活用方を紹介

布団乾燥機の使い方は夏と冬とで目的に合わせた使い方をするのがおすすめです。夏でも快適に布団を使用...

電子レンジとオーブントースターを重ねるのは危険!注意が必要

狭いキッチンに電子レンジやオーブントースターを設置するとき、置く場所に困ることもあります。電...

漏電ブレーカーの仕組み!漏電でブレーカーが落ちる原因と対処法

ブレーカーが落ちてしまったときは、アンペアブレーカー、安全ブレーカー、漏電ブレーカーが原因で落ちてし...

電気ケトルの掃除には酢で汚れを除去!白い汚れの取り方

電気ケトルの内側の底に、白っぽい汚れが付くことがありますが、これは普通に食器用のスポンジなどでこすっ...

スポンサーリンク

洗濯機はネットで購入するのが安いが注意が必要。電気屋さんの方がお得な面も

洗濯機を購入する際、以前は電気屋さんに一軒一軒直接出向いて、価格を比べて回るのが定番でした

が、インターネットが普及して以降は、電気屋さんに行かなくてもパソコンやスマートフォンさえあれば、いつでもどこでも簡単に安いものを探すことができるようになりました。洗濯機以外の大型家電においても、ネットを使えばさまざまなお店の中から、より安いものを購入することができるため、電気屋さんに足を運ぶことなく気軽に買い物ができるというのが最大のメリットでしょう。

ネットでの購入には一長一短あり

一方、ネットで洗濯機を購入した場合は、使い方を自分で調べる必要があるため、あまり家電に強くない人にとっては、使い方を覚えるまでに苦労するとった面もあります。さらに、洗濯機の価格自体は電気屋さんより安い場合でも、送料や設置する際の手数料がかかったり、長期の保証をつけるのが有料になることで、思ったよりも金額が高くなってしまうこともありますので、必ずしもネットで購入したほうが得だとは言い切れないところです。

また、洗濯機が故障してしまった際も、直接メーカーに問い合わせて修理を依頼するとなると、やはり電気屋さんで購入したケースよりも時間と費用がかかる可能性があります。

電気屋さんで使える、洗濯機をできるだけ安い価格まで交渉する裏技

最近では、実際に電気屋さんを訪れる前に、ネットで市場価格を調べてくるお客さんも多いようです。

販売店によっては、「他社と比較して1円でも高ければ値引き交渉を」と、大々的に謳っているケースもありますが、数ある安いネットショップの価格を引き合いに出したところで、値引きには応じてもらえない可能性が高くなります。ここで言う他社とは、わかりやすく言えば他の電気屋さんのチラシや店頭価格のことを指しているため、いくら実店舗を持たないネットショップが安い価格を打ち出していたところで、比較の対象にはならないということなのです。

ですが、実店舗がある他社のインターネットサイト上の価格に対しては、値下げ交渉の対象になる可能性が高くなります。実際に「◯◯(電気屋さんの名前)ではこの価格でしたが…」と、金額を提示することで、それに近い金額かそれ以下にまで安くなるケースもあります。

洗濯機のように高価なものを買う場合、実際に支払う金額は他社より少し高くても、ポイント還元によってそれ以上に得をする場合がありますので、そちらも合わせて検討したいところです。

電気屋さんへ行くタイミングも重要!洗濯機が安い時期とは

洗濯機に限らず、家電にはそれぞれ寿命があります。極端に使用頻度が高かったり、ほとんど使っていないような場合は別ですが、標準的な使い方をした場合の洗濯機の寿命は、だいたい7年ほどと言われています。まだ使える状態であっても、調子が悪くなってきたと感じたら、なるべく安い時期を見計らって買い替えすることをオススメします。

ある日突然洗濯機が使えなくなって、慌てて買い換えるとなると、下調べもままならない状態で妥協して高い製品を買わざるを得なくなる可能性が高くなりますよね。そうならないためにも、寿命が近づいてきたら、実際に電気屋さんに足を運んでみて、どのようなタイプに買い替えたいのかを元にして、店員さんに相談してみるのも良いかと思います。

最新式にこだわらないのが吉

いくら最新式の洗濯機が発売されたからと言っても、旧モデルから劇的に変化を遂げたというケースは少ないため、むしろ一つ前の型落ちを狙うのがおすすめです。最新モデルが発売された直後は、それまで店頭に並んでいた洗濯機を安く買えるチャンスなので、在庫を抱えたくない電気屋さん側も、積極的に値段交渉に応じてくれる可能性が高くなります。

それ以外には、梅雨時に乾燥機能付きの洗濯機がよく売れるため、ドラム式の洗濯機がこの時期に大幅に価格を下げる電気屋さんも多いようです。

どこよりも安い価格で洗濯機を購入したいならアウトレット品もおすすめ

家電におけるアウトレット品とは、その多くが実際に電気屋さんの店頭に並べられていた展示品を指します。「アウトレット」という言葉を聞くと、どこかに不良箇所があったりするのではないかと心配になる方も多いかもしれませんが、そのほとんどは店頭に置いてあるだけで、実際に使われる機会もなく、新品と遜色ない製品ですので、安心して購入しても良いかと思います。

家電の中には、製品自体に問題はなくても、箱の一部がへこんでいたり、日に焼けたりしているだけで、アウトレット品として少し安い値段で買える場合もあります。値引き自体はたいした金額ではありませんが、それでも少しでも安く買いたい場合はこちらも検討してみると良いかと思います。

電気屋さんの店頭で、一台限りの展示品として安く販売されているケースだと、細かな傷がついていたり、少々汚れていたりすることもありますが、洗濯機をなるべく安く買いたい時にはそちらも狙い目ではないでしょうか?

安いだけで洗濯機を選ぶと損?洗濯機の選び方とポイント

洗濯機を買い換える際は、本体価格の安さ以外にも気にするべきポイントがいくつかあります。

洗濯機を選ぶ際には、まずは縦型かドラム式かという選択肢があります。一人暮らし向けの物件だと、なるべく場所を取らないうえにドラム式よりも価格が安い縦型を選ぶ方が多いようですが、乾燥機能を重視してドラム式を選ぶというケースもあるでしょう。

また、家族の人数や洗濯頻度とともに、電気代や水道代を考慮して、節水・節電タイプにするといった選び方もあります。

洗濯機や冷蔵庫といった大型家電をネットで購入すると、使わなくなった古い方の置き場所に困る場合もあるかと思います。引取手数料がかかることを考えると、一概にネットで買ったほうが安いとは言い切れないこともあるでしょう。
ただ電気屋さんよりも安いからとすぐに飛びつくのではなく、実際に購入する前によく比較してみることをおすすめします。