カトラリーの収納方法!引き出し収納でキッチンがスッキリ

気がつくと増えているカトラリー。収納場所がごちゃついていませんか?またいつも目に触れる場所にカトラリーがあると、常に片付いていない印象もあります。

そんなカトラリーの収納にこまっているあなたには、目につかない引き出し収納がおすすめです。引き出しを利用して上手にスッキリとカトラリーを収納する方法、ポイントについてご紹介をいたします。ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洋服の収納ケースの入れ方。取り出しやすく見た目も綺麗に!

洋服を収納ケースに入れる時は入れ方を工夫しましょう。入れ方を変えるだけで取り出しやすく、また見た...

上着の収納場所は玄関が良い?その理由と収納方法をご紹介

上着の収納場所に困っていませんか?収納場所があっても、家族がきちんと片付けてくれないことが日々のちょ...

アイロンマットのおすすめな点と注意が必要な点をご紹介

アイロンをかける時に必要なのがアイロン台。それなりの大きさもあるので出し入れが面倒ですよね。また収納...

上靴袋の作り方!キルティングを使って簡単手作り

幼稚園の入園準備!いろいろと用意しなければいけない布物がありますよね。コップ袋、上靴袋、エプロンなど...

布団乾燥機の基本的な使い方!毛布などの寝具についてもご紹介

布団乾燥機を使用したことはありますか?布団を乾燥させたい!そんなときは天日干しをする方がほとんどだと...

コード収納術!おしゃれでインテリアにもマッチする収納方法

リビングや寝室のコードをおしゃれに収納したいと思っていませんか?いくらインテリアが素敵でも、コー...

新聞紙がピッタリと収まるゴミ袋のサイズと古紙回収の便利グッズ

新聞紙が溜まってしまうとゴミ出しや古紙回収が面倒になりますよね。面倒な原因は紐しばりやゴミ袋に入れる...

洗濯物はたたまないで収納できる!ハンガー収納のコツを紹介

洗濯物が干せた後はたたんで片付けなければならないのが面倒。なんとかたたまないで収納する方法はない...

洋服の収納に100均アイテムで収納力アップ!スッキリ整理術

増え続ける洋服の収納にお困りの方はいませんか?クローゼントやタンスなど、今の収納に限界を感じている方...

アパートのキッチンの収納術。限られたスペースを活かす方法

アパートのキッチンは狭いイメージがありますが、収納次第では多くの物を収納することが出来ます。...

ハンガーを収納するボックス色々。100均グッズですっきり収納

洗濯ハンガーはご自宅に何本くらいありますか?洗濯物を干すときにはハンガーが欠かせませんが、使...

百均アイテムを使った収納術・狭い洗面所をスッキリ収納するコツ

洗面所は収納スペースが少なく、タオルやドライヤーなどの収納にお悩みの人もいるのではないでしょうか。狭...

靴干しハンガーの簡単な作り方としっかり干したい場合の作り方

洗った靴が乾きづらいと感じることはありませんか?特に靴の先の方がまだ濡れていて、靴を履くと残念な...

小学生の服の収納はこうするとスッキリ!自分でしまわせる収納術

小学生の服の収納はどうしたらスッキリとまとめる事ができるのでしょうか。入りきらず、出しっぱな...

百均のアイテムを使って収納力アップ!洋服のクローゼット整理術

クローゼットの中の服が増えてきて、収納にお困りの方はいませんか?収納場所が少なくなってしまい、洋服が...

スポンサーリンク

カトラリーを引き出しに収納するコツ

フォークやスプーン、お箸といったカトラリーは食事をするときに必ず使うものですが、たくさんあるカトラリーから目的のものを探すのが面倒だったり、やっと見つけたカトラリーも取り出すときにカトラリー同士が絡まってしまったりと、イライラしてしまいますよね。
家族が増えることでカトラリーも増えていきますが、かわいいデザインのものを見つけるとついつい買ってしまって、気がついたらどんどん増えているという場合もあるでしょう。

カトラリーは箸立てにまとめて立てて収納している場合と、食器棚の引き出しに収納している場合があります。引き出し収納の場合、カトラリーを適当に入れてしまうと、使いたいものを探さ出さなければなりませんよね。ガチャガチャと探ってしまうと、フォークやスプーンに傷をつけてしまったり、ナイフで指を傷つけてしまう可能性もあります。

カラトリーを引き出しに収納するコツ

カトラリーをそのまま引き出しの中に収納すると、引き出しを開けたり閉めたりする度に中のカトラリーが移動して、次第にぐちゃぐちゃになってしまいます。カトラリーが引き出しの中で動かないように、カトラリーのサイズに合わせたトレイやボックスを用意して、引き出しの中に仕切りを作るようにしてください。カトラリーの種類や大きさ別に分けると使いやすくなり、引き出しの中の整理もできます。

引き出しにトレイを入れたら、隙間ができてしまうこともあります。トレイをセットできない幅の隙間がある場合は、トレイを使わくても良いものを収納してください。我が家の場合はサラダ用のトングを入れたり、袋に入った割り箸、お弁当用の箸箱の収納に使っています。

カトラリーを収納した引き出しがスッキリ見える方法

引き出しの中のカトラリーを取り出しやすいように収納したら、更に美しくすっきりと見える収納をしましょう。引き出しを開けたときにカトラリーがきちんと整理されてい状態だと気持ちが良いものですよね。

そのためには、たとえ引き出しの中と入っても統一感が大切です。

引き出しの中のカトラリー収納に使うトレイは全て同じ種類で揃えてください。

白なら白、プラスチック製ならプラスチック製と、トレイは同じカラーと素材で揃えます。特におすすめなのが透明タイプです。透明ならカトラリーの色がわかりやすくなり、余計な色がないためすっきりと清潔に見えます。

トレイの中でカトラリーが動いてしまうのも気になるものです。トレイの中に薄いクロスを敷くと、引き出しの開け閉めでカトラリーが動くのを防ぐことができます。クロタイプの食器棚シートでも良いですし、うす手の布巾でも良いでしょう。このクロスも同じ色や素材で統一し、トレイと同じ色か近い色を用意するとスッキリとできます。クロスを敷くことでカトラリーに傷がつくのを防ぐ効果もあります。

ゴチャつかないカトラリー収納にはゆとりが大切

トレイやボックスで仕切っておしゃれに収納したつもりでも、カトラリーがごちゃごちゃになってしまうことがあります。カトラリーの量が多すぎると、カトラリー同士が絡まり合って取り出しにくくなったり、見た目もスッキリ収納とはいきません。

カトラリーは余裕のある収納が必要です。

ひとつのトレイの中には、カトラリーをキチンと並べて入れることができる量を収納してください。スプーンがたくさんあるのなら、スプーン用のトレイも増やし、種類ごとに収納します。デザートスプーンはディナースプーンと比べると小さいサイズなので、デザートスプーンだけでひとつのトレイに収納します。

カトラリー用のトレイがたくさんあると、引き出しの中に収納しきれない場合も出てきます。それはカトラリーがたくさんある証拠です。もしかしたら使っていないカトラリーもたくさんあるのではないでしょうか。
カトラリーが収納しきれないのなら、まずは今持っているカトラリーを見直してみてください。使っていないカトラリーは思い切って処分してしまいましょう。お子さんが小さい時に使っていた小さなスプーンやフォークはもう使わないはずです。おまけでもらったような中途半端なカトラリーも使っていないのなら処分するべきです。
必要以上のカトラリーを持たないようにすると、引き出しの中にすっきりと収まるはずです。見た目もよく、使いやすくなりますよ。

引き出しのスペースが少ない場合のカトラリー収納

カトラリーを収納する引き出し自体が狭いという場合は

引き出し自体のスペースが狭いと、カトラリーを減らしても収納しきれないこともあります。

その場合は、引き出しにセットしたトレイを上下で重ねると良いでしょう。重ねて使うことができるトレイを選ぶと、上下で2段のトレイを引き出しの中に収納することができます。下にあるカトラリーを使いたいときは、上のトレイを持ち上げるだけなので、取り出しや片付けも負担に感じることはありません。トレイを積み重ねることができると、カトラリーの収納力もアップしますよね。

トレイをスライド式に重ねると更に使いやすくできます。

カトラリー用のトレイは縦長にセットして使う場合が多いですが、一番下にトレイを縦にセットしたら、その上のトレイは横にセットします。上のトレイは持ち上げずに滑らせるだで、下のトレイにあるカトラリーを出すことができます。
引き出しに深さがあるのなら、カトラリーを入れたトレイを2段に積み重ねる方法も試してみてください。

カトラリー収納に使える引き出しがない場合は

キッチンカウンターや食器棚にカトラリーを収納できるような引き出しがないので、箸立てに収納して人も多いかと思います。

箸立てにカトラリーを収納する場合も、詰め込み過ぎずに余裕のある収納が必要です。

箸立ての中にギュウギュウにカトラリーを詰め込んでしまうと、取り出すときも片付けるときも大変になってしまいます。必要なカトラリーが見つからずにイライラしたり、ひとつ取り出したいだけなのにカトラリー同士が引っかかってたくさん出てしまう場合もありますよね。

箸立てに収納する場合、カトラリーの種類やサイズごとに箸立てを分けて収納すると良いでしょう。

食事に使うフォークやスプーンはデザート用のフォークやスプーンに比べると大きくなります。一緒に収納してしまうと、小さなカトラリーが取り出しにくくなってしまいます。カトラリーはサイズごとに分けて収納するようにしましょう。コーヒースプーンやデザートフォークだけでまとめておくと、お茶やスイーツを楽しむときには箸立てごとテーブルに持って行くことができます。

毎回の食事に使うカトラリーだけまとめておくのもオススメです。

食事で使うお箸やスプーン、フォークを家族の分だけまとめて一つの箸立てに入れておき、食事の時には箸立てごとテーブルに持って行くことができます。

箸立てにカトラリーを収納する場合は、カトラリーの重みで箸立てが倒れる心配がないよう、ある程度の重さがある丈夫な箸立てを選んでください。小さなスプーンやフォークなら低めの箸立てを用意して、箸立ての中に隠れてしまうことがないようにしてください。

カトラリーをぐちゃぐちゃ収納のままにしておくと、大切なカトラリーに傷をつけてしまう場合もあります。カトラリーは余裕のある収納が大切です。スッキリとした見た目だけでなく、使いやすさも考えて収納してくださいね。