アパートのキッチンの収納術。限られたスペースを活かす方法

アパートのキッチンは狭いイメージがありますが、収納次第では多くの物を収納することが出来ます。

今回は収納場所が限られている、アパートのキッチンにおすすめな収納術を紹介します。
まずはよく使うキッチンの引き出しの収納術からみていきましょう。しまい方にもポインがあります。

また場所を取るのが鍋やフライパンの収納です。アイテムを使うことでスッキリ収納が目指せます。

キッチン収納では100均グッズも大活躍です。収納術をご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハンガーを収納するボックス色々。100均グッズですっきり収納

洗濯ハンガーはご自宅に何本くらいありますか?洗濯物を干すときにはハンガーが欠かせませんが、使...

上着の収納場所は玄関が良い?その理由と収納方法をご紹介

上着の収納場所に困っていませんか?収納場所があっても、家族がきちんと片付けてくれないことが日々のちょ...

上靴袋の作り方!キルティングを使って簡単手作り

幼稚園の入園準備!いろいろと用意しなければいけない布物がありますよね。コップ袋、上靴袋、エプロンなど...

洋服の収納ケースの入れ方。取り出しやすく見た目も綺麗に!

洋服を収納ケースに入れる時は入れ方を工夫しましょう。入れ方を変えるだけで取り出しやすく、また見た...

洋服の収納に100均アイテムで収納力アップ!スッキリ整理術

増え続ける洋服の収納にお困りの方はいませんか?クローゼントやタンスなど、今の収納に限界を感じている方...

アイロンマットのおすすめな点と注意が必要な点をご紹介

アイロンをかける時に必要なのがアイロン台。それなりの大きさもあるので出し入れが面倒ですよね。また収納...

布団乾燥機の基本的な使い方!毛布などの寝具についてもご紹介

布団乾燥機を使用したことはありますか?布団を乾燥させたい!そんなときは天日干しをする方がほとんどだと...

コード収納術!おしゃれでインテリアにもマッチする収納方法

リビングや寝室のコードをおしゃれに収納したいと思っていませんか?いくらインテリアが素敵でも、コー...

百均のアイテムを使って収納力アップ!洋服のクローゼット整理術

クローゼットの中の服が増えてきて、収納にお困りの方はいませんか?収納場所が少なくなってしまい、洋服が...

カトラリーの収納方法!引き出し収納でキッチンがスッキリ

気がつくと増えているカトラリー。収納場所がごちゃついていませんか?またいつも目に触れる場所にカトラリ...

台所収納術!引き出しには100均グッズを使って収納力をアップ

台所下の引き出し収納ができず、鍋やフライパン、調味料などがすぐに取り出せずに悩んでいないでしょうか。...

洗濯物はたたまないで収納できる!ハンガー収納のコツを紹介

洗濯物が干せた後はたたんで片付けなければならないのが面倒。なんとかたたまないで収納する方法はない...

靴干しハンガーの簡単な作り方としっかり干したい場合の作り方

洗った靴が乾きづらいと感じることはありませんか?特に靴の先の方がまだ濡れていて、靴を履くと残念な...

新聞紙がピッタリと収まるゴミ袋のサイズと古紙回収の便利グッズ

新聞紙が溜まってしまうとゴミ出しや古紙回収が面倒になりますよね。面倒な原因は紐しばりやゴミ袋に入れる...

洋服がスッキリ。タンスの引き出しへのしまい方やたたみ方

タンスの引き出しの中はスッキリしていますか?ゴチャゴチャのままだと奥の方にどんな洋服が入っている...

スポンサーリンク

アパートのキッチンの引き出しの収納術のポイント

アパートのキッチンには収納がついていますが、引き出し部分は段数も多いですが、高さが低いものが多いので、収納にはポイントがあります。

キッチンについている引き出しは4段あるもので、上から3段は浅型、最後の1段が深く一番容量があるものが多いでしょう。
今回はこのような場合の収納のポイントを見ていきましょう。

1段目

ここは最も開けやすいので使う頻度の多い物を収納しておきましょう。
その中でも、毎日かならず使うものとよく使うもので分けて置くといいでしょう。

小さいものはごちゃごちゃになりがちなのでまとめて入れておくのがおすすめです。

2段目

便利グッズやほとんど使うことのないものを収納します。
ここにラップやビニール袋などの保存グッズも入れておくといいでしょう。

3段目

細々としたものを収納します。
輪ゴムやお弁当のカップ、醤油ケース、ピックなどを入れておきます。
小分けタイプの振りかけや、お茶漬けもここにまとめておくと残量もわかりやすいのでいいですね。

4段目

さきほど書いたように深さがあるので、背の高いものを入れておくのがおすすめです。

保存容器や保存袋などを重ねていれることも可能です。
または、引き出しの中に収納ケースを入れて二段にするのもいいでしょう。

アパートのキッチンでかさばる大物の収納術

キッチンの収納で一番場所を取っているのは、フライパンやお鍋などではないでしょうか。
もちろんひとつずつではなくいくつかあると思うので、収納に困っている人も多いでしょう。

フライパンは深さがそれほどないからと重ねて収納していませんか?

重ねると一見スペースは取りませんが、フライパンの内側に傷がついたり、取り出しにくいですよね。

大きくかさばるフライパンや鍋類の収納は、立てて収納し取り出しやすくしましょう

そうすることで、使いたいフライパンをサッととりだせるのでおすすめです。

立てて収納するときはスタンドを活用したり100均でも手に入れられるファイルボックスを使うと手軽に分けて収納できます。

ファイルボックスの厚みも様々なので、深い鍋はあ厚みのあるもの、浅いフライパンやフタなどは薄いファイルボックスにいれるといいですね。
または、厚いタイプに2~3枚ずつフタをまとめていれる方法もあるので、ご家庭の収納スペースと相談して決めましょう。

アパートのキッチンにおすすめ。 100均グッズを使った収納術

100均には収納に便利な様々な大きさのケースや収納に活躍する道具が売られていますが、キッチンの収納におすすめなのが突っ張り棒です。

耐荷重を確認すること

突っ張り棒は長さや太さによって乗せることのできる重さが決まっているので、耐荷重の大きいものを選ぶといいでしょう。

つけるときは突っ張り棒を3本用意します。

3本の突っ張り棒をつけたらその上が平らになるように板やワイヤーラックを乗せるだけです。

それだけで簡単にものをおいて収納できるようになるので、収納棚の上部分があいていてもったいないと感じている人にはおすすめです。

突っ張り棒で作った台の上に置くものは軽いものにしましょう。
鍋やフライパンのフタでもいいですし、キッチンペーパーや台拭きのストックをのせて収納しておいてもいいですね。

そのままではしまっておくと使いづらい爪楊枝や輪ゴムも100均のケースを活用してみましょう。

例えば輪ゴムは使う分をマグネット式のフックにかけて冷蔵庫につけておいて使わないストックの分はプラケースや小瓶に入れておけば収納しやすいです。

爪楊枝のケースもそのままおいておいてもおしゃれに見えるデザインのものや、中身が見えないものもあるのでそういったものを選ぶのもいいでしょう。

アパートのキッチンの狭いスペースを活かした収納術

どんなに頑張って収納をしても、キッチン下の収納だけでは足りないということもあるでしょう。
そういった場合には、キッチン周りの狭いスペースを探して上手に活用してみてください。

例えば、冷蔵庫の側面は空いていませんか?
そこも立派な収納スペースです。

マグネット式や吸盤タイプのケースを取り付けて、ラップやアルミホイルを収納

または、同様のタイプのフックを取り付けて鍋つかみや意外と置き場所に困る料理のレシピもまとめてかけておくと料理する時にサッと見ることができるので便利です。

また、冷蔵庫とキッチンの隙間や食器棚とキッチンの隙間など空いている場合にはそこも有効活用しましょう。

狭いと収納しずらいと思いがちですが、自分で収納棚を手作りするとそのスペースのサイズにピッタリのものが手に入りますし、底にキャスターをつけるとものの出し入れがしやすくなります。
幅が狭いと収納できるものは限られますが、そこに移動した分、シンク下や引き出しの収納が増えるのでおすすめです。

今あるキッチンにプラスするだけの収納術

今のキッチンの収納になにかプラスするだけで収納スペースが増えたら嬉しいですよね。棚を作る時間がなかったり、得意ではない方にはとても助かります。

キッチンラックが便利

キッチン収納棚を使うと収納スペースを増やし、きれいに整頓することもできます。
これらの中には、脚が折り畳めたり、伸縮タイプのものもあります。
使わないときは場所をとらずにしまっておけますし、伸縮タイプのものは使いたい場所の幅にも合わせて使えるので色々な場所で活躍します。

このようなキッチンラックを使うと下に重いもの、上に軽いものを置くようにしましょう。
材質によっては重さで歪んでしまう可能性があります。

菜箸やお玉などは吊るして収納する

4~5つかけられるフック対のバーを活用したり、ワイヤーネットとS字フックを併用して自分で作るのもいいですね。
吊り下げられるものは吊り下げて収納することで、その分キッチンの収納スペースを増やすことができます。

このように新たに収納棚を作らなくても、アイテムをプラスするだけで収納するスペースは増やすことができます。
ギュウギュウに収納しても取り出しにくくなったり使いづらくなるので、そういった面も考えながら上手にスペースを活用していきましょう。