共働きの家事分担の割合は?理想と本音、夫の意見をご紹介

共働きだと家事分担をしている家庭がほとんど。しかし割合を見てみると、やはりまだまだ妻の負担が大きいようです。

妻としては同じ様に働いているのに、自分ばかりが負担を強いられているように感じますが、夫はどの様に思っているのでしょうか?正直な夫の意見についてご紹介をいたします。

家事や育児には、向き不向きな点があります。お互いに得意な点を探して協力し合える方法など、納得できる家事分担を考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

あなただけではない!夫の転職が不安になるのは妻なら当然のこと

一家の大黒柱である夫から「転職を考えている」と告げられると、多くの妻が驚き漠然とした不安を感じること...

旦那のお弁当は作らないのもアリ!無理せず簡単手抜きのコツ

旦那のお弁当を作らないのはダメな主婦だと思っていませんか?子育てをしながら毎日家事と育児、それに...

娘の結婚相手が気に入らない時、どうすれば良いのか

長年大事に育てて来た娘が結婚するような年齢になった時、出来れば素敵な男性と結婚して幸せになってもらい...

姑が嫌いで孫に会わせたくないと思った出来事と対処法と言い訳

姑との仲はうまくいっていますか?仲が良い、ほどほどの距離感、なるべく会いたくない、はっきり言...

お盆の墓参りに行かないのはOK?お盆の意味と行けない時の対策

お盆になると、ご先祖様の眠るお墓に墓参りに行きます。ですが、どうしても仕事を休むことができず、墓参り...

共働きママの家事の時短方法!料理・掃除・洗濯の時短テクニック

夫婦共働きのご家庭では、ママが一人で家事をするのはとても大変なことです。特に子供がいる場合、家事に加...

【子供が欲しい】子作りを開始したい時の気持ちの伝え方

子供はまだまだ先でいいよね…。そう決めて結婚し、2人での生活を楽しんでいる夫婦にも、「そろそろ子...

【ワーママ向け】家事の時短のコツ!もっと時短できるポイント

仕事と家事で忙しいワーママは、睡眠時間を削って家事をこなしているという方も多いと思います。仕事でクタ...

ズボンに穴が!当て布を使った縫い方、ミシン使いのコツをご紹介

ズボンに穴が開いてしまったらどうしますか?長年履き続けての穴なら諦めることも多いですが、新しいズボン...

ワーママのつらい日常は手を抜くところを見つけて精神を統一

ワーママのつらい精神をどうにかしたいのなら、一人で頑張るのをやめましょう!精神統一とは、目的...

専業主婦のお金のやりくり方法!無理せず貯められるコツを紹介

専業主婦は受け取ったお金を管理して家計をやりくりしなければなりません。しかし、自分も収入がないの...

結婚記念日のディナーを子連れで楽しみたいならこれをしよう

結婚記念日の特別な日にディナーへ出かけるのは、素敵なことですよね。毎年二人だったのが、数年すると...

イライラを治す方法、感情が爆発しそうな時に試したいこと

感情が爆発しそうな時に試したい、イライラを治す方法についてご紹介したいと思います。反抗期の子...

専業主婦の時間の使い方のコツ!未来のための見直しが大切

専業主婦で時間の使い方について悩んでいる人は必見です。専業主婦は時間に余裕があるように思われやす...

スポンサーリンク

共働きの家事分担!妻の負担が多いことに対しての夫の意見

結婚後も共働きの夫婦だと、夫婦2人の時はそれなりに家事分担ができていたとしても、妊娠や出産、育児休暇の間は妻がほとんどの家事を担うことになり、復職後に共働きの状態に戻ったとしても、家事の大部分は妻が行っているというご家庭も少なくないかと思います。

働いていない時期は家事と育児の両方をなんとかこなせていたとしても、共働きに戻ったからには、夫にも以前かそれ以上に家事分担を増やして欲しいと思いつつも、さまざまな事情でそれが叶わず、不満に思っているという妻の立場からすれば、

「私だって働いているのに…」

という、なんとも言えないモヤモヤを抱えたままの日常生活をどうにか変えたいというのが本音ではないでしょうか?

家事分担を増やせないという夫の意見

しかし、いくら共働きとは言え、実質、妻のほうが家にいる時間が長いというご家庭が大半かと思います。

働いている時間が長いということは、それだけ稼ぎも多いですし、家事よりも仕事に重きをおきたいし、家事に割く時間が足りないという夫の意見もわからなくはないですが、妻の負担を考えると、どちらが正論だとは言い切れないところもあります。

早朝出勤や深夜帰宅が続くと、夫は家には寝に帰るだけという状態にもなりかねませんよね。さすがにそうなると、必然的に家事をするための時間がなくなるわけですから、妻側としても家事分担を増やせとは言えないかもしれませんが、残業や休日出勤も少なく、休みの日には自分の好きなことに時間を使っているような夫であれば、もっと協力的になって欲しいと望むのは自然なことかと思います。

共働きなら家事分担はしても良いという夫の意見、理想と本音について

妻との家事分担に関しては、共働きである以上は協力してやっていきたいという男性も多いようですが、現実としてはその夫の意見が空回りしていることも。

家事をやらない、もしくは家事分担の割合が極めて少ない夫側の本音

そもそも仕事が忙しくて家事に割く時間が取れないというのに加えて、自分がやりたい家事はやってもいいけど、自分としてはやりたくない、面倒な家事は引き受けたくないといったところも大きいようです。

捨てるだけなら「ゴミ出し」とは言わない

よく耳にするのが「ゴミ出しは自分の仕事」だという夫の発言ですが、これもただ妻が各ゴミ箱から集めて一袋にまとめたゴミ袋を、ゴミ捨て場に持っていくだけでこんな偉そうなことを言うから、妻から反感を食らうのです。

ゴミをまとめて捨てに行き、ゴミ箱にゴミ袋をセットするまでがゴミ出しだということを、世の夫たちにわかってもらえるだけでも、妻側の家事分担に関する不満は少し薄れるのだということに、そろそろ気付いてもらいたいものです。

共働きなら家事分担をはっきりさせたほうが上手くいく?夫の意見

我が家も子供が生まれるまでは、夫婦ともにフルタイムの共働きでしたが、その頃はまだ夫が夜勤もある職場にいたため、家事分担の線引きはとくにせず、お互いやれる時にやれることをするというスタンスで上手くいっていました。夫は一人暮らしが長かったこともあり、元々家事をすることに対してのハードルは低かったと思いますが、それでもたとえば洗濯物の干し方だったり、掃除の仕方について気になる点はあれど、自分がいない時間帯に家事をやってもらえることに関しては、とてもありがたいと感じていました。

出産を経て共働きに戻ってからは、私のほうが働く時間が短いこともあり、平日の家事のほとんどは妻である私の担当になっていましたが、だんだんと仕事と家事育児をこなすことを負担に感じるようになり、夫とも相談して家事分担を見直すことにした結果、以前よりも家事に対する不公平感が薄れ、少しだけ自分の時間が持てるようになったのです。

共働き世帯は夫の協力が不可欠だと気付かせる

中にはお互いの分担表を作って、家事分担を明確にしているご夫婦もいらっしゃるようですが、夫が出来ない約束をしても意味がありませんよね。

我が家の場合は、前述したゴミ出しに関する一連作業はもちろんのこと、平日の朝は子供を起こしてご飯を食べさせ、幼稚園に送るのは夫に任せています。さらに、以前はお弁当づくりや茶碗洗いもすべて私が出勤前に行っていましたが、今では卵焼きとウインナーを焼くのは夫に任せ、時間のある時には茶碗洗いやお風呂掃除もやってもらうようにしています。

このように平日朝の忙しい時間帯の家事分担を見直すだけでも、心に余裕が生まれて、朝からお互いにギスギスする場面も格段に減ったと実感しています。もちろん、夫の仕事が忙しい時には私が代わりに朝の家事を行うことで、バランスを保つ努力もする必要はあります。

夫は思っている以上に妻の思いを感じています

共働きに戻った直後は、どのご家庭でも仕事と家事育児を完璧にこなそうとするあまり、妻が精神的にも肉体的にも疲れてしまい、夫婦仲が一気に険悪になるケースもあることでしょう。やがて、働きながら上手く家事を手抜きする術を身に着けられれば気持ちもラクになるのですが、中には家事分担への不満がすべて夫に向いてしまうこともしばしば。

言葉には出さなくても、そんな妻側の不満は夫にも少なからず伝わってはいるようです。それはたとえば、笑顔や夫婦の会話が減ったり、ちょっとしたことで不満が態度に現れているのでしょう。

妻の機嫌を取ろうと、慣れない家事を引き受けてはみたものの、それが長続きしないと妻の不満はますます募っていくばかりですが、夫側としてもとりあえずご機嫌は取りたいけれど、その分の家事を今後すべて引き受けるとなると、なかなか難しいというのが本音といったところなのかもしれませんね。

共働きの家事分担は自分の得意なことを活かす方法がおすすめ

私が結婚した当初は、はっきり行って家事全般のスキルは、夫のほうが上だったと思います。それは、私が結婚前は実家暮らしが長かったせいでもありますが、夫が比較的家事が好きだったことも影響しているかと思います。

ですが、共働きになった今になってわかるのは、夫は家事は好きだけれど、けっして得意ではないということです。学生時代にパスタ屋さんでのバイト経験があるため、結婚後もパスタ料理だけは週末に夫に作ってもらう機会がよくあるのですが、なんせ後片付けがそのままだったり、他には使い道のない食材を一から買ってきたりするため、結局はすべてお任せ出来ずに口出しをしてしまうことも、以前はよくありました。

家事のやり方に関して口を出してしまうと、せっかくやっても文句を言われるくらいならやらない!と機嫌を損ねてしまうことが多かったため、今では気になる点があってもグッと我慢するか、家事をしている姿をあまり細かく見ないようにしています。

夫の家事分担を増やすにしても、人にはやはり向き不向きがあります。どうしても手が回らない家事をこなすために、近年は家事の負担を減らすための便利な家電もたくさんありますので、そちらを検討されてみるのも、上手に家事分担をするうえでは有効なのではないでしょうか?