タンブラーの本体や蓋の洗い方!普段のお手入れ方法や注意点

タンブラーを会社に持っていく方、普段から愛用されている方はたくさんいらっしゃいますよね。蓋がついているので保温性があり、ある程度の密閉ができるのも嬉しい点です。

しかしその分、蓋などは細かい部品があり洗い方がわからなかったり、面倒だという方も少なくありません。

そこで、タンブラーの洗い方、注意点について紹介をいたします。頑固な汚れやカビが付いた場合、また落ちない汚れの対処方法についても紹介をしていますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

布巾の煮沸を鍋で煮洗いする方法。やり方と注意点と鍋について

使ったあとの布巾はどうしていますか?水洗いだけでは綺麗になりませんし、匂いも気になってきます。な...

水筒にお茶を入れると味が変わる?その理由と対処方法を紹介

水筒にお茶を入れるとなぜ味が変わるでしょうか?家で淹れるお茶はとても美味しいのにどうして水筒に入れる...

天日干しした布団の匂いの正体は?天日干しでできる匂い対策

「天日干しをした布団の匂いを嗅ぐとお日様の匂いがする」という話を聞くことがあります。天日干しをした布...

ポリエステルは夏に汗対策を!臭いが防ぐ洗い方と工夫を紹介

ポリエステル素材の衣類を夏に着ると汗の臭いが気になることはありませんか?実は、ポリエステルの素材...

布団乾燥機の使い方と敷布団を効果的に乾燥させる方法

私達は寝ている間に汗をかきますが、その量は意外と多いのです。表面部分では気が付かなくても、敷布団...

布団を天日干しした時の匂いの正体と干した布団の管理や湿気対策

天気の良い日は布団を干したくなりますね。天日干しをした布団に顔を埋めてみると、お日様の匂いがしま...

布団乾燥機がダニ対策に有効?使う頻度や時間がポイントに

梅雨時期になって、外に布団が干せないとジメッとしてしまったり、またホコリやダニなども気になってしまい...

ふきんの洗い方は煮沸がおすすめ!気になる臭いも除菌もスッキリ

ふきんの洗い方は熱湯による煮沸が簡単でです。気になる臭いや洗っても落ちない汚れも煮沸によって落と...

メラミン食器って何?食洗機に入れても良いのか

食器の種類で、メラミン食器というものをご存知でしょうか。陶器ともガラスとも違った特徴があり、子供...

染み抜き【血液】ソファーの汚れをキレイに落とす方法と注意点

ソファーについた血液の染み抜きをしたいときは、血液の染みを無理に落とそうとしてもなかなか落ちないこと...

アイロンのかけ方【スカート編】シワ取りのコツや保管方法

アイロンのかけ方はスカートの場合、素材やデザインによっても違ってきます。お気に入りのスカートを履こう...

【水通しの方法】生地によっての水通しの必要性と方法について

生地を購入して何かを作る場合、水通しが必要だと耳にしたことがありませんか?水通しとは生地の歪みを直し...

スポンサーリンク

タンブラーのステンレス部分や蓋の基本的な洗い方

まずはタンブラーの本体を含め、蓋、パッキン等全体の基本的な洗い方をおさらいしていきましょう。

タンブラー本体は、内側がストレートタイプのものであれば簡単に洗うことが出来ますので、柔らかいスポンジ(メラミンスポンジがおすすめ)やボトル用スポンジに中性洗剤を付けて、丁寧に洗って水で流します。

仕上げに40~50度のお湯を掛けておけば、内部の水切れが早くなりますので、乾燥までの時間を早めることで衛生的に保てます。

蓋は取り外せるゴムパッキンなどのパーツは毎回取り外して洗うことが大切

パッキンが取り外せる飲み口部分を洗うのは割と簡単。

ですが、パッキンが取り外せないタイプの飲み口や蓋をキレイにするのは大変なので、ボウルに50度くらいのお湯と中性洗剤を入れて15分程浸け置きし、汚れを浮かせてからスポンジで擦ってキレイに洗いましょう。

タンブラー本体同様、水切れを早くするために熱めのお湯で仕上げをし、水滴が落ちやすいように伏せて置き、しっかりと乾燥させて下さい。

タンブラー本体や蓋は傷がつかないような洗い方をしましょう

タンブラー本体や蓋を洗う時には、傷を付けないような洗い方をすることが大切です。

タンブラー本体のステンレス部分は特に傷が付きやすい

傷が付くと、サビの原因になってしまいますし、保温や保冷が十分に機能しなくなる恐れもあるため、注意が必要です。

また、蓋や飲み口の部分のゴムパッキンに傷が付いたり、破損してしまったりすると、汚れがゴムパッキンの間から奥まで入り込んでしまいますし、カビが発生した際には、頑固なカビになりやすく、日頃のお手入れが大変になります。
  • ゴシゴシと洗わなくても汚れが落ちるように、汚れを溜め込まないこと
  • 柔らかいスポンジを使って傷を付けないようにすること
  • ゴムパッキンに無理に力を入れたり、引っ張ったりしないこと

これらが洗い方のポイントになります。

タンブラーの蓋の汚れが取れない場合の洗い方

私もそうなのですが、タンブラーの蓋部分の茶渋、ゴムパッキンの変色、ゴムパッキンに発生したカビなどの汚れは食器用洗剤で洗うだけでは落としきれず、対応に困ることがありますよね。

タンブラーに効果的なのが漂白剤

注意したいのが、使用するのは酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)で、塩素系漂白剤ではないということです。

塩素系漂白剤はステンレスのサビを早めてしまったり、ゴムパッキンのゴムを劣化させてしまったりする恐れがあるため、タンブラーを洗うのには向かず、サビや劣化がなかったとしても、塩素系漂白剤特有のツンとした臭いがタンブラーに残って飲み物を飲む時に不快な思いをするので、使わないようにしましょう。

汚れが取れないタンブラーの蓋やゴムパッキンの洗い方

40~50度のお湯に酸素気漂白剤適量を混ぜてボウルに入れ、その中にタンブラーのパーツを浸け置くだけです。

1時間程度浸けておけば、汚れが落ちると思うので、落ち具合を確認しながら、蓋がキレイになるまで浸けてみて下さい。

タンブラーの蓋の汚れが取れない場合は

私は主人と2人暮らしですが、2人とも毎日タンブラーを職場に持っていくので、タンブラーは毎日洗いますし、毎日使う分汚れるのも早いです。

洗いやすいタンブラーの選び方

  1. ゴムパッキンが飲み口、蓋ともに取り外せるもの
  2. 洗いやすい構造のもの
  3. パーツが別売りで購入できるもの

3つのポイントを意識してタンブラー選びをします。

全てが叶う商品は、それだけ値段も高くなりますが、その分衛生的に管理することができますし、劣化も少ないです。

汚れがこびりついて取れなくなってしまったり、汚れやすくなった、パッキンが割れたなどという時には、パーツのみを取り替えることができるので、タンブラー本体を買い換えるよりも安く済みますし、不衛生なタンブラーを我慢して使う必要もありません。

新しくタンブラーを買い換える際には、このような点に注目して、洗いやすく管理しやすいタンブラーを選ぶことをおすすめします。

タンブラー本体や蓋をキレイに保つためには

私はよくやってしまうのですが、その日使ったタンブラーを翌日まで放置するのは極力控えた方が良いでしょう。
タンブラーの中でぬるくなった飲み物は、茶渋などの汚れを溜め込みやすくするだけでなく、雑菌が繁殖してカビや臭いなどの原因を作るため、放置するほど不衛生になると言えます。

タンブラーは、最初に紹介した基本の洗い方で、使ったその日のうちにキレイに洗い、しっかり乾燥させることがキレイを保つ一番の秘訣です。

また、毎日パーツを取り外して本体や蓋などのパーツを丁寧に洗っていたとしても、汚れは毎日少しずつ溜まっていきますので、週に1回、月に1回などと決めて定期的に酸素系漂白剤を使ったお手入れを行うことをおすすめします。

大切に扱えば、タンブラーは長く使うことが出来ますので、正しい洗い方を日々実践して、お気に入りのタンブラーで美味しい飲み物を作ってくださいね。