布巾の煮沸を鍋で煮洗いする方法。やり方と注意点と鍋について

使ったあとの布巾はどうしていますか?
水洗いだけでは綺麗になりませんし、匂いも気になってきます。なんといっても布巾には菌がたくさん潜んでいます。
そこで毎日使う布巾は鍋で煮沸消毒をしましょう。

鍋で煮る布巾の煮沸のやり方やポイントを紹介します。
布巾は煮沸することで菌が消滅し、さらに重曹を入れるのがおすすめな方法です。ですが使う鍋の素材には注意しましょう。

また布巾を煮沸する鍋と料理に使う鍋は分けたほうがいいの?という疑問あるでしょう。煮沸に使った鍋はそのまま料理に使っても大丈夫です。布巾と一緒に鍋も綺麗になります。

布巾には色々な汚れがついています。汚れ別の洗濯方法もご覧ください。

煮沸消毒で毎日清潔な布巾を、安心してお使いください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【水通しの方法】生地によっての水通しの必要性と方法について

生地を購入して何かを作る場合、水通しが必要だと耳にしたことがありませんか?水通しとは生地の歪みを直し...

布団を天日干しした時の匂いの正体と干した布団の管理や湿気対策

天気の良い日は布団を干したくなりますね。天日干しをした布団に顔を埋めてみると、お日様の匂いがしま...

メラミン食器って何?食洗機に入れても良いのか

食器の種類で、メラミン食器というものをご存知でしょうか。陶器ともガラスとも違った特徴があり、子供...

布団乾燥機の使い方と敷布団を効果的に乾燥させる方法

私達は寝ている間に汗をかきますが、その量は意外と多いのです。表面部分では気が付かなくても、敷布団...

ポリエステルは夏に汗対策を!臭いが防ぐ洗い方と工夫を紹介

ポリエステル素材の衣類を夏に着ると汗の臭いが気になることはありませんか?実は、ポリエステルの素材...

水筒にお茶を入れると味が変わる?その理由と対処方法を紹介

水筒にお茶を入れるとなぜ味が変わるでしょうか?家で淹れるお茶はとても美味しいのにどうして水筒に入れる...

タンブラーの本体や蓋の洗い方!普段のお手入れ方法や注意点

タンブラーを会社に持っていく方、普段から愛用されている方はたくさんいらっしゃいますよね。蓋がついてい...

アイロンのかけ方【スカート編】シワ取りのコツや保管方法

アイロンのかけ方はスカートの場合、素材やデザインによっても違ってきます。お気に入りのスカートを履こう...

天日干しした布団の匂いの正体は?天日干しでできる匂い対策

「天日干しをした布団の匂いを嗅ぐとお日様の匂いがする」という話を聞くことがあります。天日干しをした布...

染み抜き【血液】ソファーの汚れをキレイに落とす方法と注意点

ソファーについた血液の染み抜きをしたいときは、血液の染みを無理に落とそうとしてもなかなか落ちないこと...

布団乾燥機がダニ対策に有効?使う頻度や時間がポイントに

梅雨時期になって、外に布団が干せないとジメッとしてしまったり、またホコリやダニなども気になってしまい...

ふきんの洗い方は煮沸がおすすめ!気になる臭いも除菌もスッキリ

ふきんの洗い方は熱湯による煮沸が簡単でです。気になる臭いや洗っても落ちない汚れも煮沸によって落と...

スポンサーリンク

布巾の煮沸のやり方と鍋の素材について

食器を拭くために使用している布巾には、いろいろな菌がついています。その菌を取り除くために煮沸消毒に挑戦してみましょう。

鍋に水を入れてお湯を沸かしましょう。

その間に布巾をよく洗っておいて下さい。汚れがついたままになっていると、煮沸消毒の効果が半減してしまいます。

お湯は沸騰させなくても問題ない

70℃以上であればほぼ除菌できると言われているからです。

  1. お湯が沸いたら、その中に布巾を入れて下さい。
  2. 割り箸などでしゃぶしゃぶのお肉のように揺らします。
  3. 約1分くらいしたら、取り出します。
  4. 後は水でしっかりすすいで、天日干しにしましょう。

台拭き用の布巾も煮沸消毒する場合は、食器用布巾が終わってから入れましょう。台拭き用の布巾は食器用よりもかなり汚れているでしょう。しっかり汚れを落としてから煮沸消毒するようにして下さい。

台拭き用布巾には、油汚れもついているでしょう。その汚れを取るためには重曹が効果的です。お湯に重曹を入れてから布巾を入れてみて下さい。

ただし、使用する鍋の素材がアルミ製の場合は重曹は入れないで下さい。重曹と化学反応を起こしてしまう可能性があり、鍋が変色してしまいます。

布巾の煮沸に使う鍋は専用じゃなくても大丈夫

アルミ製の鍋は重曹が使えないとなると、煮沸専用の鍋を買った方がいいのではないかと思ってしまうかもしれません。しかし、その必要はありません。

「でも、料理で使う鍋に菌がいっぱい付いている布巾を入れるなんて…」

と考えてしまうかもしれませんが、実は煮沸消毒をすることによって鍋もきれいになるのです。いつも料理で使っている鍋を煮沸消毒に使っても問題はありません。

ステンレス製やホーロー製が煮沸消毒には適しています。重曹を入れても変色しません。

キッチンにあるお鍋をチェックしてみましょう。ステンレスやホーローのお鍋があったら、さっそく煮沸消毒を始めてみましょう。

鍋で布巾を煮沸する時の注意点

布巾の煮沸消毒を始める前に、素材の確認をしておきましょう。タオル地などの綿であれば問題ありませんが、ポリエステルが含まれている布巾は煮沸消毒には向いていません。高温に弱いからです。ポリエステルが含まれている布巾は、買い替えるようにした方がよいでしょう。

また、70℃以上のお湯でを使えばほぼ除菌できると言われていますが、100℃以上のお湯でも除菌できない菌もあります。完全に菌を除菌することはできないことを頭に入れておいて下さい。

煮沸消毒した後の布巾はしっかりと乾燥させることが大切

天日干しにして完全に乾いてから使用するようにしましょう。

色の付いた布巾を煮沸消毒する場合は、色落ちする可能性もある

念のため、白い布巾とは別に煮沸消毒した方がよいでしょう。

煮沸消毒の頻度ですが、週に1~2回行うことをおすすめします。そのくらい布巾には菌がついているのです。

私たちが食べる時に使う食器を拭くための布巾なので、家族のためにも清潔にしておくようにしましょう。

布巾の色々な汚れの落とし方

布巾には色々な汚れがついています。台拭き用布巾であれば油汚れがもちろん、しょうゆなどもついてしまったことはありませんか。

しょうゆがついてしまった場合、ついてすぐ気づいた場合はまず水洗いしましょう。ついた直後であれば水洗いで落ちます。

時間が経ってしまった場合は酸素系漂白剤で布巾を浸け置きする

これでシミにはならないでしょう。

しょうゆではなくジュースの場合は、薄めた台所用洗剤を使いましょう。みかんやりんごジュースの場合はこれで落ちます。ぶどうなどの色が濃いものは、漂白剤を使った方がよいでしょう。

汚れではなくニオイが気になる場合は、煮沸消毒をすればニオイがしなくなります。

ただ、あまりにも汚れがひどい場合は買い替えるようにしましょう。衛生的にもそれが一番よいでしょう。

布巾の消毒方法やNGな洗濯方法

煮沸消毒以外にも、布巾の消毒方法はあります。

例えば、台所用洗剤で手洗いした後で漂白剤を使用する方法、油汚れがひどい場合はセスキ炭酸ソーダを溶かしたお湯に漬け置きするという方法もあります。

中には、衣類とは別にするものの洗濯機で布巾を洗うという人もいるようですが、洗濯機を使って洗うことはおすすめできません。洗濯機に入れてしばらくしてから洗うと、雑菌が繁殖してしまうからです。

洗濯機を使って布巾を洗うのは簡単かもしれませんが、NGだと思っていた方がよいでしょう。

白い布巾がピンク色になってきた場合は、替え時のサイン

かなりの数の菌がいる証拠です。その場合は思い切って替えるようにしましょう。

どうしても布巾の手洗いも煮沸消毒も面倒であれば、使い捨て布巾やキッチンペーパーを使うようにしましょう。コスパ的には決してよくありませんが、清潔に使うためには一番かもしれません。