タンブラーのパッキンの臭いを落とす方法と予防対策を紹介

タンブラーを使っていると飲み口のゴムパッキンの臭いがだんだん気になってくることがあります。
臭いが気になったままでは使っていても不快な気分ですし、使うのも嫌になってしまいます。

そこで、タンブラーの飲み口のゴムパッキンの臭いを落とす方法や予防対策などお伝えしていきましょう。

タンブラーのゴムパッキンは交換をすることも可能です。いつも清潔なタンブラーを使うためにも日頃からお手入れをしっかりするようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クーラーの掃除頻度を解説!フィルターと内部の掃除で清潔を保つ

クーラーを使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのか悩んでいる人もいるのでは...

ふきんの消毒方法と頻度。簡単除菌方法と臭い予防でスッキリ

毎日使うふきんはどのくらいの頻度で消毒していますか?一見キレイに見えるふきんでも、見えない雑菌がたく...

掃除に役立つはたきの作り方!ストッキングを使用するのがコツ

少し前までは、どの家庭にも1つはあった「はたき」。しかし今は昔ながらのはたきを見かけることが少なくな...

炭の消臭効果を復活させる方法消臭効果のある期間・活用方法

消臭アイテムとして炭を使っている人もいるのではないでしょうか。備長炭などの炭は、使用しているうちに効...

クエン酸と重曹を使ったお風呂をピカピカにきれいにする掃除方法

キッチンの掃除によく登場するクエン酸と重曹ですが、お風呂の掃除にも活躍します。例えば、白くな...

服についた毛玉は毛玉ブラシが良い?ブラシの使い方とコツ

服を畳んでタンスにしまおうと思ったら毛玉!そんな事ありますよね。特にニット類などは、腕や脇部分だけに...

鍋の焦げの落とし方を知ってスッキリ!鍋の素材別の落とし方

料理を煮込んでいたのを忘れて、気が付くと鍋が焦げていたという経験はありませんか?またカレーやシチュー...

毛玉のカミソリを使った上手な取り方。2種類のカミソリとコツ

お気に入りのセーターやニットにできた毛玉が目立つと感じることはありませんか?着ている時や、衣替え...

家事の時短が出来る家電や共働きにぴったりな家電のすすめ

家の大変な家事をさまざまな裏ワザやコツを使うことで時短出来が出来ますが、それにも限界があります。...

オーブンの掃除にセスキ炭酸ソーダを使ってピカピカにする方法

オーブントースターはパンを焼くために毎日のように使う方も多いと思います。しかし、朝は忙しく、汚れに気...

シンクに蓋がないけれどつけおきしたい時のアイディアや代用品

キッチン用品は常に清潔でいたいものですね。水筒やグラスやお弁当箱やまな板などなど、使っているうち...

モップに雑巾を挟む方法は使いやすい?いろいろなフロアモップ

床のフローリングのお掃除はどうしていますか?フローリングの部分が少ないと雑巾を使って掃除をしても、す...

五徳の掃除はつけ置きがおすすめ!つけ置き掃除方法を紹介します

五徳の掃除はつけ置きが楽ちん!五徳についてしまったベタベタや頑固なコゲなどはこうしてつけ置きをすると...

黒カビを綺麗に除去!ゴムパッキンのカビ掃除方法とカビの予防法

浴室のゴムパッキンに黒カビが発生してしまうと、掃除をしてもなかなかカビを綺麗にすることができずに困る...

重曹スプレーのボトルが詰まる原因と対処法!重曹の便利な活用法

重曹で作ったスプレーのボトルが詰まることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。掃除などに利...

スポンサーリンク

タンブラーの飲み口のゴムパッキンの臭いを落とす方法

温かい飲み物は温かい温度を保つ、冷たい飲み物は冷たい温度を保つ、そんな便利アイテムがタンブラーです。

同じアイテムで夏も冬にも大活躍です。

そんなタンブラーを通勤やお出かけに持ち歩く方は多いのではないでしょうか。

タンブラーは壊れづらく1つ買うと長く使用できる

毎日使っている方はかなりの使用頻度でしょう。
そうするとタンブラーの汚れや臭いが気になってきますね。

タンブラーは専用ブラシなどで中はしっかり洗えているかもしれませんが、汚れを見落としがちなのがタンブラーのパッキンです。汚れの放置してしまうことが原因でそこから臭いが発生しています。

普段使用しているタンブラーの臭いが気になる方は今すぐパッキンを取り外し綺麗に洗いましょう。

パッキンの臭いを落とす方法

  1. 蓋付き容器にパッキンを入れ、ぬるま湯と大きいスプーン1杯分の重曹を入れる
  2. フタをしてしゃかしゃか振る(重曹が溶け、更にパッキンの汚れに重曹が行き渡るように)
  3. 1時間程度、汚れが酷い時は時間を調節しながら浸け置きする
  4. 水洗いでしっかり重曹成分と汚れを落とす

臭いが発生しているタンブラーの衛生面は良いとは言えません。
汚いタンブラーを使っていたなんて思うとゾッとしませんか。

タンブラーを洗う時はパッキンも忘れずに綺麗に洗いましょう。

タンブラーのゴムパッキンの臭いを防ぐには使用後の洗浄

タンブラーは使ったら毎日洗うと思います。その都度パッキンも取り外して必ず洗いましょう。

毎日取り外す場合は浸け置き消毒は毎日必要ではありません。
食器用洗剤で綺麗に洗うだけで臭いや汚れはとれます。

1週間に1~2回、使用頻度に合わせて重曹で浸け置きすると良い

この繰り返しをすることで、臭いや衛生的な心配をすることがなく安心してタンブラーを使って飲み物を口にすることができます。

パッキンを浸け置きする時キッチン用の塩素系漂白剤を用いる方法がありますが、綺麗に洗い流すとしても成分の強い洗剤を使用することに抵抗がある方には重曹をオススメします。

汚れが酷い場合には酸素系漂白剤を用いると良い

私も毎日使用する子供の水筒は重曹を使って臭いと汚れを落としています。
小まめに洗っているので、塩素系漂白剤を使用するほど汚れや臭いはつきません。

洗ったタンブラーやパッキン、フタ部分はしっかりと乾燥させてからまた使用してください。
水分が残っている状態で密閉してしまうと、残った水分から菌が繁殖してしまいます。

洗ったらしっかり乾燥させることを忘れないでください。

臭いが気になるタンブラーのゴムパッキンは定期的な交換がおすすめ

臭いが気になるタンブラーのパッキン。
毎日取り外して洗い、定期的に重曹で臭いや汚れを綺麗に落としていたとしても、どうしても劣化してきてしまいます。

長年使用していると臭いは染み付いてしまうことがあります。
それに何度も取り外しているとゴムが伸びて水漏れの心配もあります。

定期的にパッキンを交換することをオススメします

目安としては1年程度でしょうか。
毎日使っているなら交換時がもう少し早いかもしれませんね。

日用品ほどではないですが、パッキンは消耗品と考えておくと良いでしょう。

タンブラーを簡単に消臭するにはいつも捨てているアレが使える

毎日お茶を入れて飲んでいる方に必見!

お茶ができると茶殻はもう用無しですね。
ですが、その茶殻はタンブラーを消臭するためにとっておきのアイテムとなります。
お金がかからず消臭ができるなんて家計を管理する主婦に大変助かることですね。
  1. タンブラーに茶殻を入れて何度も振り30分程度放置します。
  2. 水で綺麗に洗い流すとお茶の香りがほんのりするタンブラーとなります。

茶殻があればぜひ試してみてくださいね。

この方法はパッキンの汚れや臭いを落とす方法ではないので注意してください。

パッキンはあくまでも取り外して洗ったり浸け置きしてくださいね。
パッキンが付いているフタの部分もしっかり洗いましょう。

ゴムパッキンに黒カビが生えたときの落とし方も紹介

タンブラーのゴムパッキンに黒カビが生えてしまったら。

パッキンの状態に合わせて使用する洗剤や浸け置き時間を変えること

  • 重曹+酢
  • 酸素系漂白剤
  • 塩素系漂白剤

いずれかの洗剤を使用し黒カビを落としていきます。

洗剤の成分としては上から下に行く順に強くなります。

また、あまりにも酷い場合や、すでに何年も使用している場合には速やかに捨て、新しい物に交換することをオススメします。パッキンだけならそうお手軽な値段で購入することができます。

ただ使っているタンブラーにあうパッキンが見つけられないこともあります。
タンブラーを買う際に、それに合ったパッキンの予備を購入しておくと無難ですね。
またパッキン名をメモしておくとスムーズに購入し交換ができます。

清潔なタンブラーを使用して安心して飲み物が飲めるようタンブラーのケアをしっかりしてください。