クーラーの掃除頻度を解説!フィルターと内部の掃除で清潔を保つ

クーラーを使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

クーラーを可動させているときに嫌な臭いがしてきたり、なかなか部屋の温度調節ができないときは掃除のサインかもしれません。

ここでは、クーラーの掃除の頻度や掃除方法についてお伝えします。正しい知識を得ることで、清潔な状態に保ちましょう。

クーラーの掃除をせずにいると、デメリットが生じることもあります。きちんとお手入れをして、快適にクーラーを使用しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エタノールで掃除!トイレ掃除の効果と掃除方法・注意点を解説

トイレの掃除をするときは「エタノール」を使用して掃除をすると便利です。ですが、エタノールを使った掃除...

ふきんの消毒方法と頻度。簡単除菌方法と臭い予防でスッキリ

毎日使うふきんはどのくらいの頻度で消毒していますか?一見キレイに見えるふきんでも、見えない雑菌がたく...

気になる毛玉の取り方!カミソリを使った方法やその他の方法

お気に入りの服を着てお出かけをしようと思ったら、毛玉がついている!そんなこと、よくありますよね。毛玉...

曇り止めを鏡に!洗面所の鏡を快適にいつもキレイに使うコツ

洗面所の鏡は使おうとすると曇って見えづらくなるときがあります。そんなとき、簡単に鏡の曇り止めがで...

オーブンの掃除にセスキ炭酸ソーダを使ってピカピカにする方法

オーブントースターはパンを焼くために毎日のように使う方も多いと思います。しかし、朝は忙しく、汚れに気...

鍋の焦げ付きはクエン酸で綺麗に!クエン酸を使う簡単焦げ落とし

普段使っている鍋の焦げ付きを、どうにかして綺麗に落としたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

過酸化ナトリウムを使った洗濯槽の掃除!ドラム式洗濯機の場合

過酸化ナトリウムを使って、洗濯槽の掃除ができるという話を聞いたことはありませんか? テレビや雑誌など...

ユニットバスの詰まりの掃除の方法。原因に合わせて詰まりを解消

髪を洗いすすぎが終わって目を開けた瞬間に、排水溝あたりに水が溜まっているのを見て驚いた経験はありませ...

お風呂掃除で頑固な水垢を落とす方法!床の汚れの原因がポイント

毎日のお風呂掃除、床や浴槽などを磨いていても、水垢が徐々に付着して取れにくい汚れになってしまう事があ...

毛玉のカミソリを使った上手な取り方。2種類のカミソリとコツ

お気に入りのセーターやニットにできた毛玉が目立つと感じることはありませんか?着ている時や、衣替え...

五徳の掃除はつけ置きがおすすめ!つけ置き掃除方法を紹介します

五徳の掃除はつけ置きが楽ちん!五徳についてしまったベタベタや頑固なコゲなどはこうしてつけ置きをすると...

魚焼きグリル掃除方法!内部や受け皿・網の掃除と臭いの除去方法

魚を焼いた後の魚焼きグリルの掃除は面倒なものです。特に、内部の掃除は後回しにしてしまう人も多いのでは...

鍋の焦げの落とし方を知ってスッキリ!鍋の素材別の落とし方

料理を煮込んでいたのを忘れて、気が付くと鍋が焦げていたという経験はありませんか?またカレーやシチュー...

モップを使った掃除!水拭きモップの種類や使い方について

毎日の掃除、特に水拭きを面倒だと感じる方も少なくはないのでは?しかし床の水拭き掃除を怠ると、知らず知...

ふきんを煮洗で消毒!重曹で煮洗いする手順と清潔に保つ方法

キッチンで使用しているふきんから嫌な臭いがしてきたら、ふきんを清潔に保つためにも消毒して使用すること...

スポンサーリンク

クーラーの掃除頻度は?フィルターと内部で異なる掃除の頻度

クーラーの掃除、そういえばいつやったっけ…?と思っている方、危険です。うちのクーラーは自動でおそうじ機能がついているから大丈夫と思っている方、それは間違いです。

クーラーの掃除は、大きく分けて前面のフィルター掃除と、クーラー内部の掃除に分けられます。

フィルター部分は取り外して、ホコリを取ったり水洗いしたりできますが、クーラー内部は、構造が複雑なので自分で掃除するのは難しいです。

クーラーのフィルターは、きちんと掃除をしていないと電気代が高くなってしまう恐れがあります。

1日8時間使用している場合、2週間に1回は掃除が必要

自分で掃除をする曜日などを決めて、きちんと掃除しましょう。

面倒なように感じられますが、フィルターの掃除には特別な道具は必要ありませんし、時間も30分程度で終わらせる事ができます。

2週間に1度、30分頑張るだけで、電気代の節約につながります。

逆に掃除をサボっていると、クーラーの消費電力が上がるだけでなく、業者を呼んで掃除をすることになり、お金がさらにかかってしまいます。

お掃除機能付きのクーラー掃除は必要

通常のクーラーと同じくらいの頻度で掃除する必要があります。

自動で掃除されるのは、フィルター部分だけで、内部には汚れが溜まっています。

フィルター部分もすべての汚れが落とされているわけではありません。

クーラーの内部の掃除は、お掃除業者に頼むようにしましょう。日常的に掃除をしている場合なら、2年に1回程度で大丈夫です。

掃除を全くしていなかったり、毎日長時間クーラーを使用している場合は、1年に1度はお掃除業者を頼まなければいけません。

クーラーの掃除頻度が少ないとどうなる?掃除しないことのデメリット

クーラーは定期的な掃除がとても大切です。

クーラーを毎日使用している場合、部屋の空気中のホコリやゴミを吸い込んで内部にどんどん溜め込んでいってしまいます。

汚れが溜まったクーラーからは、目に見えないホコリやゴミが部屋中に放出されている

クーラーの内部は結露しやすく、カビが発生している事もあります。

掃除をしていなければ、クーラーからホコリやゴミと一緒にカビも放出されてしまいます。

クーラーから放出されるホコリやゴミ、カビが原因で何らかのアレルギー症状を引き起こす場合もあります。

クーラーが汚れていると電気代も高くなル可能性がある

汚れが溜まったクーラーは、温度調節が上手くできなくなってしまいます。

そのため稼動効率が悪くなり、消費電力が増えるので電気代が高くなるのです。

掃除をサボってしまうと良い事は一つもありません。

クーラーは定期的にしっかり掃除しましょう。

フィルター掃除の頻度は1ヶ月に2回を目安に!フィルターの掃除方法

クーラーのフィルターは、2週間に1度を目安に掃除するようにしましょう。

使用頻度によっても違いますが、1ヵ月に2回は行った方が良いです。

フィルターの掃除は、慣れてしまえば簡単に行う事ができます。

掃除の前には必ずクーラーのコンセントを抜いて、安全を確保してから作業をはじめましょう。
  1. コンセントを抜いたら、柔らかい布や掃除機を使ってパネルに付いたホコリを取り除きます。
  2. ホコリを取ったら、フィルターを丁寧にはずしましょう。
  3. 平らな場所に新聞紙などを敷いて、フィルターを置き掃除機でホコリを吸い取ります。
    ※掃除機はフィルターの外側からかけてください。
  4. 掃除機である程度ホコリが取れたら、残った汚れを水洗いで取り除きます。
  5. シャワーなどの水圧でも汚れを落とす事ができますが、なかなか落ちない汚れは中性洗剤を使って、柔らかいブラシで優しくこすり洗いしましょう。
  6. フィルターを強くこすったり、熱湯をかける事はやめましょう。
  7. 最後に水分を拭き取って、直射日光の当たらない場所で乾燥させます。
  8. フィルターをクーラーに装着したら、仕上げに30分程度送風運転を行って、完全に水分を飛ばしてください。

水分が残っているとカビが発生してしまうので、最後の仕上げまでしっかりと行いましょう。

クーラー全体の掃除は専門業者にお願いすると安心

クーラーの掃除で、素人ができる事は、フィルターの掃除と手が届く範囲のホコリを落とす事くらいです。

無理に奥まで掃除をしようとすると、クーラーを故障させてしまう事もあるので、注意しましょう。

クーラーの内部まで全体を綺麗にしたいなら、クーラー掃除のプロにお願いするしかありません。

お掃除のプロにお願いすれば、気になっていたクーラーのニオイが改善されたり、効率的な運転により電気代が安くなったりします。
  • 一度しっかり綺麗になれば、その後のお手入れがラクになるので、クーラー全体の汚れが気になったら、お掃除のプロを呼びましょう。
  • お掃除業者選びに悩んだら、まずはホームページを確認して、その業者の雰囲気や設定価格を調べましょう。
  • 電話番号や住所などの情報がきちんと記載されているかどうかも見ておきます。

ホームページである程度情報を得たら、実際に見積もりや相談をしてみる

その時に、業者の対応をしっかりチェックしておきます。

質問に的確に答えてくれるかどうかを気にしておくと、きちんとした知識を持っている人なのか確認する事ができます。

ある程度良いかなと思っても、すぐに決めてしまうのではなく、他の業者とも比較してみると良いでしょう。

クーラーの全体の掃除では、故障の可能性もあります。万が一故障させられた場合、きちんと責任をとってくれる業者を選びましょう。

フィルター掃除は自分で・内部の掃除は業者に依頼でエアコンを綺麗に

クーラーの掃除を業者に頼むと、1台当たり平均で1万円程度の値段がかかってしまいます。

家に何台もクーラーがある場合、相当な金額がかかってしまいます。

自分でできる掃除は自分でやって、業者に頼む頻度をできるだけ少なくするように努力しましょう。

フィルターや外側のカバーなど、専門知識がいらない部分の掃除をきちんと定期的にやっていれば、業者に頼む頻度は格段に少なくなります。

内部の汚れが気になりだし、業者に掃除を頼む場合は、夏が始まる前か夏が終わった後に頼むのがおすすめです。

夏は一番クーラーが活躍する季節です。

たくさん使う前に大掃除するか、たくさん使った後に大掃除するのが良い方法です。

春や秋のシーズンは、お掃除業者が低価格キャンペーンをやっている事も多いので、値段を安く済ませられる可能性もあります。