グリルの掃除はこの洗剤を使って汚れを落としましょう

グリルの掃除はどのような洗剤を使えばいいのでしょうか?いつも使っている中性洗剤で落とそうとするとなかなか焦げが落ちなかったりスポンジがベタベタになってしまいます。

そんなときには、このように掃除をしてみてください。

焦げには重曹、油汚れにはセスキ炭酸ソーダがおすすめです。グリルを掃除するときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ユニットバスの詰まりの掃除の方法。原因に合わせて詰まりを解消

髪を洗いすすぎが終わって目を開けた瞬間に、排水溝あたりに水が溜まっているのを見て驚いた経験はありませ...

お風呂掃除で頑固な水垢を落とす方法!床の汚れの原因がポイント

毎日のお風呂掃除、床や浴槽などを磨いていても、水垢が徐々に付着して取れにくい汚れになってしまう事があ...

下水の臭いの対処法!マンションの下水の嫌な臭いの原因と対策

住んでいるマンションの下水から嫌な臭いがしてくるととても不快なものです。臭いの原因を知って、どうにか...

曇り止めを鏡に!洗面所の鏡を快適にいつもキレイに使うコツ

洗面所の鏡は使おうとすると曇って見えづらくなるときがあります。そんなとき、簡単に鏡の曇り止めがで...

気になる毛玉の取り方!カミソリを使った方法やその他の方法

お気に入りの服を着てお出かけをしようと思ったら、毛玉がついている!そんなこと、よくありますよね。毛玉...

クエン酸と重曹の違いは?それぞれの特性に合った使用方法

クエン酸と重曹はエコ洗剤として、よく耳にしますよね。安全で安心な洗剤として使用することができると言い...

重曹スプレーのボトルが詰まる原因と対処法!重曹の便利な活用法

重曹で作ったスプレーのボトルが詰まることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。掃除などに利...

魚焼きグリル掃除方法!内部や受け皿・網の掃除と臭いの除去方法

魚を焼いた後の魚焼きグリルの掃除は面倒なものです。特に、内部の掃除は後回しにしてしまう人も多いのでは...

お風呂掃除の洗剤がない!家にある代用可能な洗剤について

お風呂掃除の洗剤、もう少しできれてしまいそう。そう思っていたのに、つい買い忘れてしまうことってありま...

セスキ炭酸ソーダは洗濯槽をキレイにしたり掃除に大活躍

セスキ炭酸ソーダは、重曹やクエン酸と並んで、洗濯槽をキレイにしたり、掃除に活躍するアイテムです。...

【トイレ掃除】尿石の汚れにクエン酸は?尿石をキレイにする方法

トイレ掃除を毎日行っているのに、気がつくと尿石の黄ばみが便器についていることありませんか?こうなると...

ステンレス鍋を空焚きして変色?変色の原因と対処方法について

ステンレス鍋を空焚きしてしまって変色!なんてことありますよね。一見大丈夫そうに見えたのに、よく見ると...

炭の消臭効果を復活させる方法消臭効果のある期間・活用方法

消臭アイテムとして炭を使っている人もいるのではないでしょうか。備長炭などの炭は、使用しているうちに効...

お風呂掃除はクエン酸を正しく使おう!白くなる原因と掃除の手順

お風呂掃除をするとき、クエン酸を使って掃除をしている人もいますよね。クエン酸で綺麗に掃除をするはずが...

五徳の掃除はセスキと重曹で綺麗に!頑固汚れや軽い汚れの掃除法

毎日料理をしていると、五徳やガスコンロの汚れが気になることがあります。綺麗に掃除をしたいと思っても、...

スポンサーリンク

グリルの焦げ掃除にはこの洗剤

お料理が好きな方、お魚とかお肉とかグリルで料理した後、こびりつく汚れが目立ちます。上手に料理もできたし、残りは後片付けです。その後片付けの部分は、重曹を使って、汚れを取って下さい。

重曹は焦げ付きに強い洗剤

キッチンのこの部分の汚れに強いのは、お皿を洗う洗剤ではなく、重曹になります。他にも、セスキも使用できますが、まずは、重曹で、料理の際にできた焦げの汚れを取って下さい。

初めから他の洗剤に頼るよりは、重曹を使う方が近道だと思います。

重曹を使うメリット

台所のグリル以外の場所でも使用できる点です。グリルで発生した汚れはほんの一種です。お風呂でも使用できますし、玄関でも使用できます。割と万能な洗剤なので、台所でも、一役買ってくれます。

重曹は水には溶けにくく、お湯に溶けやすい性質を持っています。液体にしてグリルについた汚れを取りたいのなら、お湯に溶かして使用して下さい。

グリルについたしつこい油の掃除は中性洗剤ではなくコレ

一見、グリルについた汚れは、油汚れを落とす、中性洗剤で落とせる気がしますよね?同種類の汚れなんだから、それでも、対応できるような気がします。

グリルで魚を焼いたなら、セスキで落とせます

グリルで何を焼くかにもよるとは思います。ディナーに家族のために魚を焼きましたか?となると、その汚れは、セスキで落とせます。

お肉となるとまた違うかもしれませんが、グリルでよく魚を焼く方には、セスキはあった方が良さそう。

受け皿は重曹とセスキ

グリルの受け皿の部分汚れを取るのも一苦労です。その部分汚れは、二つ使います。重曹とセスキ、両方使って、グリルを使った時についた汚れを落としましょう。魚の場合は、これが一番手っ取り早い方法になると思います。

お魚好きさんで、調理はグリルでする方は、重曹とセスキ、両方用意した方や良さそうですね。
重曹を使う場合は、必ずお湯で溶かして下さいね。重曹はお水には溶けませんので、その点は使用する時、注意が必要です。

中性洗剤でグリルを掃除するときはお湯で洗いましょう

何もグリルを綺麗にする洗剤は、重曹とセスキだけではありません。中性洗剤で、グリルについた汚れは取れるんです。ですので、魚をグリルして、できた汚れは、中性洗剤で落とせることは落とせます。

お魚をグリルして、汚れた部分を十分冷ます。その部分をお湯で溶かした中性洗剤の中に入れて、汚れを取る準備をして下さい。食器洗いにお湯をためて中性洗剤を入れてもいいのですが、そうすると、食器洗いのボールに汚れがたまります。袋に入れて、グリルの汚れを取った方がより洗い物は楽になると思います。

また、普通に洗う時でも、グリルの油汚れがこびりついている部分をキッチンペーパーで少しとってから、中性洗剤で落とすようにして下さい。

あまりグリルにつく油分が多すぎると、中性洗剤をつけたスポンジが負けてしまい、嫌な色が残ります。負担をなくすためにも、一旦キッチンペーパーで汚れを落として下さい。スポンジを使って洗う時はちょっとした工夫が必要だと思います。

グリルの臭いが消えない…そんなときにはこまかい場所の掃除がおすすめ

お湯に中性洗剤をためて、そこにグリルを入れたりして、自分なりに洗ってはいるんだけど、それでも、グリルならではの臭いは消えない。それは多分、まだ汚れが落ちきっていないからだと思います。

外せない部分は、綿棒で汚れを取る

取り外せる部分は重曹や中性洗剤で洗えますよね。取り外せない部分については、割り箸に中性洗剤とか重曹を染み込ませたキッチンペーパーを巻いて、それで汚い部分を拭き取ります。これだけでも、グリル内の臭いは落ち着くと思います。

排気口のお掃除も忘れずに

グリルからの臭いが気になる時、一つ覚えておきたいのは、排気口にたまっている汚れが原因で、周辺に異臭を放っているかもしれないという点です。

上記でも紹介している通り、細かい部分は、割り箸とか棒に汚れを落とせる洗剤にキッチンペーパーを湿らせたものを覆って、それでお掃除をすることができます。時々、グリル内と排気口のお掃除もすればいいと思います。

グリルの掃除が楽になるコツを紹介

お料理を毎日する方、お魚をグリルで調理すると思います。家族みんなで美味しく召し上がったのはいいけど、面倒なのは、「お掃除」の部分ですよね。

お魚でも調理すれば、汚れは出ます。最初から汚れが出るのはわかっているので、お魚でも調理する前に、アルミホイルの上に置いて調理するようにして下さい。

魚の汁は、アルミホイルの上に落ちればいいんです。アルミホイルを捨てればいいだけ。お掃除は確実に楽になります。

ただし、あまり脂分が多い魚だと、その脂分が原因で火がつくこともあります。あまり脂分がない魚を調理するようにして下さい。脂分が多い魚は、アルミホイルでグリルはしない方がいいのかもしれませんね。