曇り止めを鏡に!洗面所の鏡を快適にいつもキレイに使うコツ

洗面所の鏡は使おうとすると曇って見えづらくなるときがあります。
そんなとき、簡単に鏡の曇り止めができたら便利ですよね。

そこで、洗面所の鏡を簡単に曇り止めできる方法や曇らせないポイントと予防対策などお伝えしていきましょう。

鏡の曇りは自分でも簡単に対策することはできます。
鏡を曇らせずにいつもキレイな鏡の状態をキープすることも大切です。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お風呂掃除はクエン酸を正しく使おう!白くなる原因と掃除の手順

お風呂掃除をするとき、クエン酸を使って掃除をしている人もいますよね。クエン酸で綺麗に掃除をするはずが...

玄関のたたきを綺麗に掃除して、気持ちの良い家にしましょう

玄関のたたきは、靴を脱ぎ履きする場所ですので、砂ぼこりなどで汚れがちですよね。きちんと掃除をしな...

炭の消臭効果を復活させる方法消臭効果のある期間・活用方法

消臭アイテムとして炭を使っている人もいるのではないでしょうか。備長炭などの炭は、使用しているうちに効...

クエン酸と重曹の違いは?それぞれの特性に合った使用方法

クエン酸と重曹はエコ洗剤として、よく耳にしますよね。安全で安心な洗剤として使用することができると言い...

鍋の焦げ付きはクエン酸で綺麗に!クエン酸を使う簡単焦げ落とし

普段使っている鍋の焦げ付きを、どうにかして綺麗に落としたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

服についた毛玉は毛玉ブラシが良い?ブラシの使い方とコツ

服を畳んでタンスにしまおうと思ったら毛玉!そんな事ありますよね。特にニット類などは、腕や脇部分だけに...

ふきんを煮洗で消毒!重曹で煮洗いする手順と清潔に保つ方法

キッチンで使用しているふきんから嫌な臭いがしてきたら、ふきんを清潔に保つためにも消毒して使用すること...

セスキ炭酸ソーダは洗濯槽をキレイにしたり掃除に大活躍

セスキ炭酸ソーダは、重曹やクエン酸と並んで、洗濯槽をキレイにしたり、掃除に活躍するアイテムです。...

モップを使った掃除!水拭きモップの種類や使い方について

毎日の掃除、特に水拭きを面倒だと感じる方も少なくはないのでは?しかし床の水拭き掃除を怠ると、知らず知...

液体洗剤の投入口の掃除方法とは?洗濯機の掃除の仕方

洗濯機の液体洗剤の投入口はどのように掃除をしたらいいのでしょうか?なんだか液体洗剤の投入口にお水が溜...

下水の排水口掃除!洗剤を使わない、使う両方の洗浄方法について

下水の掃除は定期的に行っていますか?水を流すとボコボコと音がする場合は要注意!汚れが下水管に溜まって...

毛玉のカミソリを使った上手な取り方。2種類のカミソリとコツ

お気に入りのセーターやニットにできた毛玉が目立つと感じることはありませんか?着ている時や、衣替え...

やかんの掃除はクエン酸でスッキリ簡単!おすすめや予防法を紹介

やかんの内側の気になる汚れを掃除するには、安全な洗剤を使いたいですね。そんなときにおすすめなのが...

重曹はお風呂の追い焚きにもOK!使って便利な理由や注意点

家庭で安心に使える重曹はお風呂に入れて追い焚きする使い方もおすすめです。お風呂の追い焚きは節約に...

クエン酸で水垢を蛇口から落とす方法と使い方の注意点や予防法

クエン酸を使えば水垢を蛇口からキレイに落とすことができるのを知っていますか?お風呂場の蛇口の頑固...

スポンサーリンク

洗面所の鏡の曇り止めを簡単にできる方法

洗面所では顔を洗ったり、シャワー付きの洗面台であれば頭を洗ったりとお湯を使う場面が多くありますよね。
そうすると、洗面所にある鏡は曇りがちですよね。
洗面所では、女性であればお化粧をすることもありますし、男女関係なく歯を磨いたり髪の毛をセットしたりと鏡を使うことがほとんどです。

このときに鏡が曇っていてはスムーズに身支度ができませんよね。
何をしても曇ってしまうからと諦めている方も、鏡を曇らせないための方法をいくつか紹介しますので参考にしてみてくださいね。

まず、1つ目の方法です。

界面活性剤をつけて曇り止めに

界面活性剤は基本的には普段使っている石鹸や洗顔フォームの中にも含まれています。
この界面活性剤は普段混ざることのない水と油を混ぜる働きをしてくれます。
ですので、お湯を使ったときにでる水蒸気が界面活性剤にふれることで混ざるので水滴にもならずに曇らないといえるのです。

鏡に塗るときには、家にある石鹸などの内容物に界面活性剤と記載されているか確認して鏡に塗ってみるようにしてください。
市販の曇り止めもありますが、それらも界面活性剤が使用され同じなので、家に界面活性剤入の石鹸や洗剤があればそちらを試してから効果に納得ができない場合に購入するのでもいいでしょう。

洗面所の鏡に電気ヒーターを設置すれば曇り止めになる

界面活性剤を鏡に塗る方法の次の曇り止めの方法です。
洗面台の中には「曇り止め」と書いたスイッチがついているものがあるのですが知っていますか。
それは、鏡の中に電気を通して鏡が曇らないようにするためのスイッチです。
こういったものがあれば鏡の曇りに悩むことはないでしょうが、ついていない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

鏡に熱を加える

上記のことから、鏡が暖かければ鏡の表面が乾き水滴もつくことが少なくなり曇りを抑制できることがわかります。
持ち家であれば、リフォームや洗面台の買い替えをするなどして電気ヒーターを鏡に付けることは可能ですが賃貸であればそう簡単にはできませんよね。

ですので、ドライヤーを使って鏡を温めてみましょう。

洗面所を使う前に温めておいてもいいですし、使った後に鏡が曇ったときにもドライヤーの熱を加えると簡単に鏡の曇りを取ることもできるので、髪の毛を乾かすついでに鏡も乾かしてしまうと手間もかからず簡単でおすすめですよ。

曇り止めには洗面所の鏡をいつもキレイにしておくのが大切

使うことの多い洗面所の鏡ですが、使用頻度が多いということは汚れる可能性もたくさんあるということです。

歯を磨けは歯磨き粉が飛び散ることもありますし、顔を洗えば水も飛び散ります。
こういった鏡についた汚れも蓄積していくと鏡の曇りを発生する原因になるのです。
家のどの場所でも言えることですが、汚れをそのまま放っておくとこびりついて汚れが落としづらくなっていきますよね。
ですので、汚れたらその都度きれいにするように心がけるのと、使った後には必ず拭いたり洗ったりしてきれいな状態を保つようにしましょう。

鏡を洗ったら、一番最初につけた界面活性剤も取れているので、一度塗ったから大丈夫と思い込まずに、水洗いしたときや、効果が薄れてきたなと感じたら定期的に塗るようにするといいですよ。

また、水を使っているだけでも汚れは付きます。
水道水の成分であるミネラルが白くなったりウロコ状になって汚れとして付着します。
そういったものもきちんと取り除くようにしましょう。
こびりついてしまったものは、酢と水を混ぜたものを吹き付けてパックすることできれいにすることができます。

石鹸の汚れも水の汚れもどちらも使用後にはきれいに拭き取ることである程度は防ぐことができるので、「鏡はきれいに」ということを意識してみてくださいね。

鏡に曇り止めフィルムを貼るのもおすすめ

「もっと簡単に鏡が曇らないようにする方法はないの?」と思った人もいるかもしれません。
今まで紹介した方法よりも費用はかかってしまいますが、鏡の曇り止めフィルムというものがあるのでそういったものを活用するといいですよ。

購入場所としてネットでも簡単に買うことができますので、一度試してみるのもおすすめですよ。
また、購入する場合には洗面所の鏡のサイズをきちんと確認するように気をつけてくださいね。

ですが、この曇り止めフィルムも効果がずっと続くわけではありません。
当然使っていると汚れますし、曇がちになるでしょう。
ですのでフィルムを貼っても汚れがついたらきちんと拭き取ってきれいにするのはもちろんですが、それでも効果が薄れてきたときには新しいものに貼り替えるということも必要になってくるので覚えておきましょうね。

鏡が曇らせないように使い方に注意しましょう

鏡の曇りを取る方法や防ぐ方法を紹介しましたが、洗面所も曇りのない鏡と共にきれいな状態で使いたいですよね。

いちばん大切なのは換気をすることです。

換気ができている状態であれば、湯気でジメジメすることも少なくなりますし、鏡に水滴がつくことも避けることができます。

また、先程鏡をきれいにしておくことが大切だと書きましたが、換気をきちんとしていないと湿気を好むカビの発生を促してしまいます。
直接的に鏡の曇りには関係ありませんが、カビがでる状態はきれいとは言えないので換気をするように心がけましょう。

また、使った後の拭き掃除を毎日するのとは別に、一週間に一回または一ヶ月に一回は洗剤を使ってきれいにすることと、鏡以外の場所も清潔に保つように掃除をしてみましょう。

換気や掃除を習慣化することができると、普段忙しくて時間がとれなくても、時間ができて掃除をするときには頑固な汚れはなくなるはずですよ。