テフロンのフライパンの焦げ落とし方法や扱い方を紹介します

テフロンのフライパンの焦げ落としはどのようにしたらいいのでしょうか?ゴシゴシこすってしまうとテフロンが剥げてしまいそうですよね。

そもそも、フライパンが焦げるのはテフロンが剥げてしまっているため?普通に使っていてもテフロンは剥げてしまうものなのでしょうか?

テフロンのフライパンの焦げ落とし方法や使い方、洗い方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

黒カビの落とし方!ゴムパッキンの頑固なカビをキレイにする方法

浴室にできてしまった黒カビは、いつものお掃除ではそう簡単にはきれいになりません。黒カビが気になって、...

服についた毛玉は毛玉ブラシが良い?ブラシの使い方とコツ

服を畳んでタンスにしまおうと思ったら毛玉!そんな事ありますよね。特にニット類などは、腕や脇部分だけに...

タンブラーのパッキンの臭いを落とす方法と予防対策を紹介

タンブラーを使っていると飲み口のゴムパッキンの臭いがだんだん気になってくることがあります。臭いが...

お風呂掃除の洗剤がない!家にある代用可能な洗剤について

お風呂掃除の洗剤、もう少しできれてしまいそう。そう思っていたのに、つい買い忘れてしまうことってありま...

家事の時短が出来る家電や共働きにぴったりな家電のすすめ

家の大変な家事をさまざまな裏ワザやコツを使うことで時短出来が出来ますが、それにも限界があります。...

ユニットバスの詰まりの掃除の方法。原因に合わせて詰まりを解消

髪を洗いすすぎが終わって目を開けた瞬間に、排水溝あたりに水が溜まっているのを見て驚いた経験はありませ...

ふきんを煮洗で消毒!重曹で煮洗いする手順と清潔に保つ方法

キッチンで使用しているふきんから嫌な臭いがしてきたら、ふきんを清潔に保つためにも消毒して使用すること...

やかんの掃除はクエン酸でスッキリ簡単!おすすめや予防法を紹介

やかんの内側の気になる汚れを掃除するには、安全な洗剤を使いたいですね。そんなときにおすすめなのが...

モップに雑巾を挟む方法は使いやすい?いろいろなフロアモップ

床のフローリングのお掃除はどうしていますか?フローリングの部分が少ないと雑巾を使って掃除をしても、す...

五徳の掃除はつけ置きがおすすめ!つけ置き掃除方法を紹介します

五徳の掃除はつけ置きが楽ちん!五徳についてしまったベタベタや頑固なコゲなどはこうしてつけ置きをすると...

まな板の消毒の頻度について清潔を保つための正しい方法や注意点

まな板を消毒する頻度について悩む人もいるでしょう。まな板を使う頻度によってもそれは異なりますし、...

曇り止めを鏡に!洗面所の鏡を快適にいつもキレイに使うコツ

洗面所の鏡は使おうとすると曇って見えづらくなるときがあります。そんなとき、簡単に鏡の曇り止めがで...

黒カビを綺麗に除去!ゴムパッキンのカビ掃除方法とカビの予防法

浴室のゴムパッキンに黒カビが発生してしまうと、掃除をしてもなかなかカビを綺麗にすることができずに困る...

掃除に役立つはたきの作り方!ストッキングを使用するのがコツ

少し前までは、どの家庭にも1つはあった「はたき」。しかし今は昔ながらのはたきを見かけることが少なくな...

お風呂掃除で頑固な水垢を落とす方法!床の汚れの原因がポイント

毎日のお風呂掃除、床や浴槽などを磨いていても、水垢が徐々に付着して取れにくい汚れになってしまう事があ...

スポンサーリンク

テフロンのフライパンの焦げ落とし方法

他の種類のフライパンと比べると、手頃な価格で手に入ることが多いこともあり、テフロンのフライパンを使っているという方も多いかと思います。ですが、テフロン加工の施されたフライパンは、使いはじめは焦げ付かずに快適に使用できる反面、使っているうちにどうしても焦げ付きやすくなってしまうものです。

ここではまず、テフロンフライパンの焦げ落とし方法について、焦げ付きの程度に合わせて、簡単なものから順にご紹介していきます。

テフロンフライパンの焦げ落とし方法

1.木べらで擦る

フライパンを洗剤とスポンジでキレイに洗ったら、焦げ付いた部分が日に当たるようにして完全に乾かします。その後、木べらで擦りあがら少しずつ焦げ落としをしていきます。

2.煮沸洗い

木べらで擦っても落ちないような焦げ付きに対しては、煮沸洗いがオススメです。フライパンに水を張り、沸騰させます。10分程度沸騰させてから火を消して、そのまま冷めるまで放置します。翌朝までそのまま放置したら、あとは表面に傷を付けないように柔らかめのスポンジで擦っていきます。

3.重曹

上記の方法でも焦げ落としが不十分な場合は、重曹を使用します。フライパンに張った水の中に重曹を振りかけます。あとは先程と同様に火にかけてしばらく沸騰させたら、翌日まで放置してから洗いましょう。

テフロンのフライパンの焦げ落としが大変…加工が剥げているのかも

テフロンコーティングがされているフライパンは、最初のうちは表面がツルツルとしていて焦げ付きにくいだけでなく、油汚れなども比較的簡単に落とすことができますよね。ですが、使っているうちにやがて、表面が黒っぽくザラザラとした感触に変化した頃になると、しっかりと調理前に油を敷いていても、焦げ付きを落とすのが毎回大変になってくるところが、テフロンのフライパンの欠点だと言えるでしょう。

ステンレスや鉄のフライパンの寿命が長いのに対して、一般的なテフロンのフライパンの寿命は約2年から、長くても3年ほどでしょう。たとえ使い始めてからまだそこまで経っていなくても、使用頻度や扱い方によっては、通常よりも早く焦げ付きやすい状態になってしまうことも。

テフロンのフライパンは、いくら正しい使用方法を守っていたとしても、使っているうちに表面のコーティングが剥がれてしまうのは避けようがありませんので、調理のたびに焦げ落としが大変になってきたと感じたら、すなわちフライパンの買い替え時だと考えた方が良いかと思われます。

テフロンのフライパンは焦げ落としの必要がないよう使うのがベスト

フライパンに付いてしまった焦げ落としをする際には、やはりどうしても表面のテフロン加工にも傷を付けてしまいやすいため、日頃からなるべく焦げ付かせないように注意しながら使いたいものです。

テフロンのフライパンの焦げ落としをする回数を減らすためには、強火で調理しないというのが一番の予防法でしょう。

強い火力で調理してしまうと、それだけ焦げ付きがひどくなってしまうだけでなく、フライパンを高温で熱することによって、表面のテフロン加工がより剥がれやすくなってしまいますので、調理の際にはなるべく中火以下にするように心がけましょう。

一方で、強火での短時間調理に向いているのは、鉄のフライパンです。こちらを使うことで、一般家庭の火力でも、お店のような強火力で調理したのと同様になりますので、とくに普通に調理すると水分の出やすい野菜炒めなどに適しています。

テフロンフライパンの正しい使い方

鉄のフライパンのように、しっかりと予熱をしないと焦げ付いてしまうフライパンも中にはありますが、テフロンのフライパンに関してはその逆です。予熱が長すぎると、必要以上にフライパンの温度が高くなってしまうことで、加工が剥がれやすくなってしまいますのでくれぐれもご注意ください。

この他にも、テフロンのフライパンを少しでも長持ちさせるための、正しい使い方を覚えておきましょう。

テフロンのフライパンの正しい使い方

  • 金属製のヘラは使わない
  • 使ったあと放置しない
  • とにかく傷がつかないように扱う

調理の際に金属製のヘラなどを使用すると、表面に傷が付いて加工が剥がれやすくなりますので、必ず木ベラなどの金属製以外のものを使用しましょう。

調理後のフライパンに食材を入れっぱなしにすることで、簡単に擦っただけでは汚れが落としにくくなってしまいますので、まずは食材をお皿に移したら、あまり時間を空けずに冷めたらすぐに洗うようにしてください。

テフロンのフライパンの日頃のお手入れ方法

テフロン加工のフライパンを洗う際には、注意したい点があります。

テフロンという樹脂は、急な温度変化に弱いという特性があります。そのため、調理のあとのまだフライパンが熱い状態でいきなり冷たい水を注ぐと、コーティングにヒビが入る恐れがありますので、フライパンが冷めたらなるべく早いうちに、柔らかいスポンジなどを使って洗うようにしましょう。

調理後にまたすぐに洗って使いたい場合は、水ではなくぬるま湯を使うようにして、なるべくコーティングに負担をかけないようにしましょう。

なるべく擦らずに汚れを落とすためには、まずは洗う前にキッチンペーパーなどで汚れを拭き取っておくのも有効です。また、洗った後はそのまま自然乾燥させるよりも、早めに水分を拭き取ってから乾燥させるようにしてください。

寿命が短いとされているテフロンのフライパンですが、使い方次第ではなるべくコーティングを傷つけずに、より長く使うことができますので、購入される際にはそちらも合わせて検討されてみてくださいね。