家事の時短が出来る家電や共働きにぴったりな家電のすすめ

家の大変な家事をさまざまな裏ワザやコツを使うことで時短出来が出来ますが、それにも限界があります。
裏ワザに加えて優秀な家電の機能も上手く使うことが出来れば、共働きのような時間のあまりない家庭の家事をスイスイこなすことが出来ます。
それどころか、家電の種類によっては、裏ワザも必要ないかも知れません。
そんな便利でお家を助けてくれる家電の種類のいくつかについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シンクに蓋がないけれどつけおきしたい時のアイディアや代用品

キッチン用品は常に清潔でいたいものですね。水筒やグラスやお弁当箱やまな板などなど、使っているうち...

セスキ炭酸ソーダは洗濯槽をキレイにしたり掃除に大活躍

セスキ炭酸ソーダは、重曹やクエン酸と並んで、洗濯槽をキレイにしたり、掃除に活躍するアイテムです。...

クーラーの掃除頻度を解説!フィルターと内部の掃除で清潔を保つ

クーラーを使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのか悩んでいる人もいるのでは...

クエン酸と重曹の違いは?それぞれの特性に合った使用方法

クエン酸と重曹はエコ洗剤として、よく耳にしますよね。安全で安心な洗剤として使用することができると言い...

モップを使った掃除!水拭きモップの種類や使い方について

毎日の掃除、特に水拭きを面倒だと感じる方も少なくはないのでは?しかし床の水拭き掃除を怠ると、知らず知...

重曹スプレーのボトルが詰まる原因と対処法!重曹の便利な活用法

重曹で作ったスプレーのボトルが詰まることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。掃除などに利...

まな板の消毒の頻度について清潔を保つための正しい方法や注意点

まな板を消毒する頻度について悩む人もいるでしょう。まな板を使う頻度によってもそれは異なりますし、...

玄関のたたきを綺麗に掃除して、気持ちの良い家にしましょう

玄関のたたきは、靴を脱ぎ履きする場所ですので、砂ぼこりなどで汚れがちですよね。きちんと掃除をしな...

【やかんの掃除方法】内側に付く白っぽい汚れを落とす方法

やかんに水を入れようとした時に、ふと中を見ると、ちょっと白っぽい汚れが見えるということはありませんか...

毛玉のカミソリを使った上手な取り方。2種類のカミソリとコツ

お気に入りのセーターやニットにできた毛玉が目立つと感じることはありませんか?着ている時や、衣替え...

ステンレス鍋を空焚きして変色?変色の原因と対処方法について

ステンレス鍋を空焚きしてしまって変色!なんてことありますよね。一見大丈夫そうに見えたのに、よく見ると...

服についた毛玉は毛玉ブラシが良い?ブラシの使い方とコツ

服を畳んでタンスにしまおうと思ったら毛玉!そんな事ありますよね。特にニット類などは、腕や脇部分だけに...

ユニットバスの詰まりの掃除の方法。原因に合わせて詰まりを解消

髪を洗いすすぎが終わって目を開けた瞬間に、排水溝あたりに水が溜まっているのを見て驚いた経験はありませ...

下水の排水口掃除!洗剤を使わない、使う両方の洗浄方法について

下水の掃除は定期的に行っていますか?水を流すとボコボコと音がする場合は要注意!汚れが下水管に溜まって...

テフロンのフライパンの焦げ落とし方法や扱い方を紹介します

テフロンのフライパンの焦げ落としはどのようにしたらいいのでしょうか?ゴシゴシこすってしまうとテフロン...

スポンサーリンク

時短をしたい共働きにおすすめな掃除に使える家電を紹介

家事にかける時間が十分にない共働き世帯だと、いかに効率よく家事をこなすかが重要です。そのためには、家事の時短が叶う家電を有効に使うという方法があります。まずは、時短掃除のお助け家電から見ていきましょう。

お掃除家電の代名詞「ロボット掃除機」

忙しい平日に毎日掃除機をかけるのは、共働き世帯にとっはなかなか難しいですよね。そんなご家庭に最適なのが、スイッチひとつで部屋の隅々までお掃除をしてくれる、ロボット掃除機です。

丸い形や三角おにぎり形があり、それぞれ得意分野が違いますので、部屋の形状やカーペットの有無などに合わせて選ぶと良いかと思います。

掃除機と空気清浄機の一体型家電

普段はコードレスタイプのスティック掃除機として使い、使用しない時は専用のスタンドに立てかけておくだけで、空気清浄機としても使える、一台二役なお掃除家電もあります。

重労働の窓拭きも家電におまかせ

床掃除はマメにしたとしても、時間のかかる窓掃除はどうしても後回しになってしまうものです。気合を入れないとなかなか取りかかれない窓掃除を劇的にラクにしてくれるお掃除アイテムが、窓拭き用ロボットです。

窓拭きは本来、片面ずつ手で拭いて汚れを落とす必要がありますが、窓を強力な磁石の付いた本体で挟み込んで、表裏同時にキレイにしてくれるという、頼もしい存在でもあります。

時短をしたい共働きの家庭で洗濯の際に使える家電を紹介

とくに梅雨時のジメジメした時期は、部屋干しの洗濯物がなかなか乾かず、家の中の湿度も高くなりがちですよね。ここでは、そんな時期でも早く洗濯物を乾かす事ができる、便利な家電をご紹介しましょう。

ドラム式洗濯機の乾燥機能は優秀

洗濯物を干す手間いらずで、洗濯から乾燥までを行ってくれる乾燥機能付きのドラム式洗濯機は、共働き世帯の強い味方。縦型の洗濯機よりも値段が高めなことと、設置するためには十分なスペースが必要ではありますが、確実に家事の時短にはつながります。

サーキュレーターをフル活用する

エアコンの暖房効果を高めるために、冬場にサーキュレーターを使っているご家庭も多いかと思いますが、それだけではもったいないと言えます。ぜひ、雨が続く梅雨時の室内干しの際にも活用してみてください。室内用の物干しに適度に間隔をあけて洗濯物を干し、近くにサーキュレーターを置いて直接風をあてることで、劇的に早く乾かすことが可能です。
ただし、あてる風が強すぎると、せっかく間隔を空けて干した洗濯物も、風で動いて端に偏ってしまいますのでご注意を。首振り機能を使って、全体にまんべんなく風があたるようにしましょう。

衣類乾燥機能付きの除湿機

除湿機はお部屋の湿度を下げるだけでなく、今では衣類を乾かすモードが付いた除湿機も数多く存在します。湿度を取り除きつつ、洗濯物に風を送る機能が付いており、こちらも一台二役の家電と言えるでしょう。

共働きの家庭で調理の時短に役立つ家電を紹介

共働きのご家庭では、帰宅後に夕食の準備にかける時間も、できるだけ短くいたいですよね。なるべく手間をかけずに美味しく調理ができる、そんな調理家電を上手に使えば、時短調理も叶います。

時短調理の味方!自動調理器

時間のかかる煮込み料理や、揚げ物、炒め物まで自動で行ってくれる調理器があると、他の料理を作りながらもう1品も簡単に出来てしまいますので、まさに共働き世帯の救世主と言えるでしょう。

包丁が苦手な人にもおすすめなマルチブレンダー

野菜を細かくみじん切りしたり、食材をすばやく潰したりと、料理の下ごしらえに役立つのがマルチブレンダーです。朝食用のスムージー作りにも最適。

食器洗いの時間を時短してくれる食洗機の選び方などについて

調理や食事のあとにつきものなのが食器洗いですが、この食後の食器洗いがまたなんとも面倒なんですよね。

食べたあとすぐに洗ってしまえば、そこまで苦ではないとわかってはいても、面倒でついつい後回しにしてしまうと、食器やフライパンにこびりついた汚れを落とすのにますます時間がかかるというのが、家事の中でもとくに食器洗いが嫌がられる原因なのでしょう。

食器洗い乾燥機でラクして時短を手に入れる

昔はキッチンに大きな食洗機を置ける家は、裕福な家に限られていましたが、近年では一般家庭にもだいぶ普及してきました。最近では、システムキッチン一体型のものが主流となってきましたので、わざわざそのために場所を取られることもなくなり、食洗機を設置する共働き世帯も増えています。

食洗機の最大のメリットととしては、後片付けにかける時間が時短できるということにありますが、それだけに限らず、水道代の大幅な節約にもつながるため、共働き世帯以外でも重要が年々高まっているようです。

朝の忙しい時間の時短に役立つ家電も紹介

とくに出勤前の朝の忙しい時間帯は、なるべく時間を有効に使いたいものですよね。そんな時にもおすすめな時短家電についても最後に触れておきましょう。

意外と時短につながる電動歯ブラシ

短時間で歯を磨こうとすると、力任せに強く磨くことで、歯茎を傷つけるだけでなく、思った以上に磨き残しが出来てしまうものです。取り切れなかった汚れが蓄積することによって虫歯や歯周病が発生し、結果的に歯科にかかる時間とお金が必要になるくらいなら、毎日電動歯ブラシでしっかりと磨いたほうが、よほど時短につながるでしょう。

劇的に髪が早く乾くドライヤー

圧倒的風量で瞬時に髪を乾かしてくれる、高性能ドライヤーも見逃せません。適切な温度で髪を守りつつも、風の力で髪をすぐに乾かすことが出来るため、暑い時期にシャワー後のドライヤーでさらに暑くなり、汗がなかなか引かずにメイクが出来ないといった心配もありません。お値段はドライヤーの中では高額な部類になりますが、共働き世帯の朝のお助けアイテムとしては非常に有効かと思います。

共働き世帯は、家事にかける時間が少ない代わりに、その分家事の時短につながる家電にお金をかけるという選択肢もあります。家事の時短はお互いの心の余裕にもつながりますので、導入を検討されてみてはいかがでしょうか?