タンブラーがコーヒー臭いときの臭いの消し方と着色汚れの洗い方

タンブラーにコーヒーを入れたとき、タンブラーの中にコーヒーの臭いが染み付いてなかなか取れなくなってしまうことがあります。

タンブラーにコーヒー以外の物を入れて飲むこともありますから、違う飲み物を飲むときにコーヒーの臭いが気になってしまいますよね。

ここでは、タンブラーに染み付いて取れなくなったコーヒーの臭いを取る方法についてお伝えします。臭いを綺麗にすることで、タンブラーで美味しく飲み物を飲みましょう。

また、タンブラーの着色汚れを落とす方法についてもご紹介します。こちらも併せて確認をして、タンブラーを清潔な状態に保ちましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋についた魚の臭いを取る方法。生臭い臭いをスッキリ無臭に

魚を調理したあとに残る、鍋についた魚の臭いにお困りの方はいませんか?力を入れてこすっても、臭いが取れ...

【電子レンジの選び方】フラットとターンテーブルの違いについて

電子レンジの買い替えを検討している方は、フラットにするかターンテーブルにするか迷うところです。...

電子レンジに金属を入れると火花が出る理由と使用時の注意点

電子レンジに金属を入れると火花が出るという話は聞いたことがあっても、その理由については知らない人の方...

ヤカンがIHかどうか知りたいときには?見分け方はココを確認

ヤカンがIHで使えるかどうかの見分け方はどこを確認したらいいのでしょうか?やかんを買ったときの箱があ...

生地の水通しを洗濯機でする方法と脱水やアイロンのコツを紹介

生地の水通しは洗濯機でもすることは可能です。もちろん、洗濯物を使わなくてもできますが、洗濯物を使うと...

スキレットのお手入れ方法としつこい焦げ付きの落とし方

最近は、スキレットを使ったお料理は主婦の方に人気ですし、キャンプでは定番になったアヒージョを作る時に...

正月の掃除はいつから?三が日まで休む家事と縁起にまつわるお話

「正月は掃除をしてはいけない」という話を聞いた事がある人もいますよね。ですが、生活をしている...

洗濯物を乾かすには扇風機よりもサーキュレーター?の疑問を解決

洗濯物を部屋干しするなら扇風機ではなくサーキュレーターを使いましょう!扇風機とサーキュレータ...

ワーママは疲れたとき涙を流そう!ツライ状況から乗り越えるコツ

ワーママは疲れたときにこぼれ落ちそうになった涙をこらえているかもしれません。でも、時には我慢せず...

グリルの掃除が面倒な方に覚えて欲しい魚焼きグリルの掃除のコツ

家庭で焼き魚を食べることも多いと思いますが、終わった後のグリルの掃除が面倒で、魚料理をあまり作らない...

クエン酸の食用はスーパーのどこの売り場?購入場所をご紹介

お掃除に活躍すると言われているクエン酸。しかしお掃除だけでなく食用としても、スーパーなどで販売されて...

毛玉【コート編】取り方のコツや気をつけたい注意点と予防対策

毛玉がコートにできていたらすぐに取ってしまいたくなりませんか?しかし、コートは衣類よりも表に見え...

生地は水通しをしないと色落ちする?水通しの必要性と色落ち

洋服や小物など、お店で自分の気に入ったものが見つからない場合、生地を探して手作りする方法があります。...

陶器をレンジで使うと割れる?電子レンジの使い方について

陶器の食器をレンジで使うと割れるというのは本当?陶器のお皿でも気にせずレンジで温めてはいませんか?...

気がついたら毛玉が!毛玉ができる原因とできやすい素材について

同じ様に着ていても毛玉ができやすい洋服があると思いませんか?どうして毛玉のでき方にはばらつきがあるの...

スポンサーリンク

タンブラーのコーヒーの臭いをスッキリ取る方法

日頃から同じ飲み物だけをタンブラーに入れて持ち歩いているのであればあまり気が付かないのですが、私の場合は妊娠を機にタンブラーの中身をお湯に変えた時に、タンブラーに染み付いたコーヒー臭に気がついた経験がありますので、いつもと飲み物を変えたふとした瞬間に、同じ様にタンブラーについたコーヒーの臭いに気がついたという方も多いのではないかと思います。

飲み物を入れるタンブラーは体に無害なエコ洗剤で臭い取りをしたいもの

「重曹」には消臭効果があるので、安心安全にタンブラーのコーヒー臭を取るなら重曹がおすすめです。
  1. タンブラーにたっぷりのお湯(50度程度がベスト)を入れたら、重曹大さじ2杯を投入して蓋を閉め、タンブラーを振って重曹を溶かします。
  2. そのまま蓋を下にしてタンブラーを置き、30分程放置してから洗い流せば、臭いがすっきり落とせますよ。
私の知り合いで、タンブラーの臭い取りを塩素系漂白剤で行い、その残った漂白剤の臭いが原因で旦那さんと大げんかになった方がいます。

漂白剤も臭い取りには効果的なのですが、塩素系の漂白剤は漂白剤自体の臭いが強烈なので、使用する場合には塩素系ではなく酸素系漂白剤の法を使用するのがおすすめですよ。

タンブラーがコーヒー臭い!茶殻を利用して臭いを消す方法

緑茶に多く含まれるカテキンには、抗菌効果だけでなく防臭効果もありますので、この効果を利用すれば、タンブラーについたコーヒーの臭いを消すことが可能です。

緑茶の茶殻は、フライパンに入れて加熱し、焦がさないように菜箸でよくかき混ぜながら、まんべんなく煎っていきます。茶殻の色がだんだんと茶色や黒っぽく変色してきますので、色が変わって香りが立ってきたら火を止め、そのままタンブラーの中に移します。

タンブラーの蓋を閉めて、そのまましばらく放置したら、コーヒーの臭いが自然と茶殻に吸収されていますので、臭いも気にならなくなるはずです。
茶殻を用意するのに少し時間はかかりますが、洗剤を使用しなくても自然のものを使ってタンブラーの臭い取りができるので、自宅で緑茶を飲むことが多い方にはおすすめの方法になります。

タンブラーにコーヒーの色が付着!臭いだけでなく色が気になる時の落とし方

タンブラーの内側はステンレスになっているので、覗いてみてもなかなか気が付かないかもしれませんが、コーヒーの茶渋によって汚れている場合があります。

タンブラーの茶渋をそのままにしていても体に害はない

ですが、茶渋が臭いの原因になることもありますので、臭いを取ることにだけ気を向けず、小まめな茶渋落としも心がけましょう。

特にゴムパッキンの部分には茶渋が付きやすいので、定期的に取り外すか、蓋ごと浸け置き洗いすることが大切!
ぬるま湯と重曹で作った洗浄液に、タンブラーやゴムパッキンを浸けて浸け置きしたら、メラミンスポンジなどを使って茶渋を擦り落としましょう。

タンブラーの中を洗う時には、メラミンスポンジを菜箸やトングで挟んで使うと、奥までしっかり洗えるので便利ですよ。

タンブラーにコーヒーを入れたあとは正しい洗い方で洗おう

ズボラ主婦の私は、タンブラーにコーヒーを入れて使用した後、ついつい次の日まで放置して、翌朝水洗いだけで済ませてしまうことがあるのですが、これではタンブラーにコーヒー臭がつきやすくなりますし、タンブラーの中に雑菌や汚れが溜まりやすくなってしまうので、必ずその日のうちに洗うことが大切です。

タンブラーのボトル部分の洗い方

先程紹介した茶渋予防のためにメラミンスポンジを使って洗うのがおすすめなので、菜箸やトングなどの道具を上手く使って、タンブラー全体をムラなく擦り洗いして少し熱めのお湯ですすぎ、水キレを良くしましょう。

  • 飲み口部分や蓋のパッキンが取り外せるタイプのタンブラーでは、毎回パーツを取り外して分解し、それぞれ丁寧に洗うことで、臭いや茶渋の防止になります。
  • 臭いや茶渋が付く前に、日頃から小まめに洗えば、サッと洗うだけでキレイになりますので、溜め込んで洗うのが大変になるよりも、家事の時短になりますよ。

パーツを細かく洗うのが面倒だという方

食器を洗う際に、茶碗やボウルなどの中に食器用洗剤とお湯を入れてパーツを浸けておくだけで汚れが落としやすくなりますので、食器洗いの一番最初にタンブラーのパーツを洗ってからその他の食器を洗い、最後にすすぐ、という方法を取ればラクチンです。

タンブラーにお茶や紅茶の臭いがついてしまった時の対処法

タンブラーにコーヒーの臭いではなく、お茶や紅茶、スープ等の臭いが付いてしまうこともありますね。
その場合にも、最初に紹介した重曹の浸け置き洗いが有効ですので、ぜひ臭い取りにご活用ください。

コンソメスープを入れた時の臭いがなかなか取れなかった時に重宝した組み合わせが、重曹とクエン酸の2つを合わせた洗浄方法です。
ぬるま湯を入れたタンブラーに重曹大さじ2杯とクエン酸大さじ1を入れて発泡させることで、より消臭効果が増すように思いますので、気になる方はぜひお試し下さい。