スキレットのお手入れ方法としつこい焦げ付きの落とし方

最近は、スキレットを使ったお料理は主婦の方に人気ですし、キャンプでは定番になったアヒージョを作る時にも活躍します。
便利なスキレットをうっかり焦がしてしまった時には、どのように焦げを落とせば良いのでしょうか?
そこで、スキレットに付いたしつこい焦げの落とし方や、スキレットのお手入れ方法についてご紹介します。長く大切に使うには、使った後にも正しいお手入れをしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

陶器をレンジで使うと割れる?電子レンジの使い方について

陶器の食器をレンジで使うと割れるというのは本当?陶器のお皿でも気にせずレンジで温めてはいませんか?...

ヤカンがIHかどうか知りたいときには?見分け方はココを確認

ヤカンがIHで使えるかどうかの見分け方はどこを確認したらいいのでしょうか?やかんを買ったときの箱があ...

階段に使う掃除機でおすすめはコードレス選び方について

階段も掃除機でスッキリきれいにしたい!というときにはどのような掃除機を選べばいいのでしょうか?階段の...

鍋の焦げ付きを重曹・酢・天日干しで綺麗に落とす方法を解説

調理の最中にうっかり鍋を焦げ付かせてしまうこともあります。鍋に焦げ付きができてしまうと、なかなか元の...

【電子レンジの選び方】フラットとターンテーブルの違いについて

電子レンジの買い替えを検討している方は、フラットにするかターンテーブルにするか迷うところです。...

クエン酸の食用はスーパーのどこの売り場?購入場所をご紹介

お掃除に活躍すると言われているクエン酸。しかしお掃除だけでなく食用としても、スーパーなどで販売されて...

小さい虫が大量発生!虫の正体や大量発生の原因、駆除方法を解説

ベランダに小さい虫が大量発生した経験ありませんか?網戸もすり抜けるほどの小さい虫たち。それが大量...

気がついたら毛玉が!毛玉ができる原因とできやすい素材について

同じ様に着ていても毛玉ができやすい洋服があると思いませんか?どうして毛玉のでき方にはばらつきがあるの...

洗濯物を乾かすには扇風機よりもサーキュレーター?の疑問を解決

洗濯物を部屋干しするなら扇風機ではなくサーキュレーターを使いましょう!扇風機とサーキュレータ...

アパートの狭いキッチンでも置ける水切りカゴをご紹介

アパートのキッチンが狭く、水切りカゴを置きたくても置けないという方も多いのではないでしょうか。水...

グリルにはアルミホイル?それとも水?魚の焼き方について

水を張るタイプのグリルにアルミホイルは使えるのでしょうか。網に魚がくっつくのを防ぐためにアルミホイル...

ふきんの洗い方とレンジを使った簡単にできる除菌方法を紹介

毎日使うふきんは正しい洗い方で汚れを落としてから除菌をする必要があります。このとき、ふきんの除菌...

やかんの茶渋にクエン酸が効果的!やかんの中をきれいにする方法

やかんで麦茶を煮出したり、ほうじ茶を煮出したりと、毎日のように使っている方も多いと思います。お茶を煮...

ワーママは疲れたとき涙を流そう!ツライ状況から乗り越えるコツ

ワーママは疲れたときにこぼれ落ちそうになった涙をこらえているかもしれません。でも、時には我慢せず...

タンブラーがコーヒー臭いときの臭いの消し方と着色汚れの洗い方

タンブラーにコーヒーを入れたとき、タンブラーの中にコーヒーの臭いが染み付いてなかなか取れなくなってし...

スポンサーリンク

スキレットの最初の手入れで必要な焦げやサビを防止するシーズニング

スキレットで作った料理はそのままスキレットごと出してもおしゃれなので、ホームパーティーなどで活躍する機会も多いと思います。

スキレットを使い始めようと思った時に心配なのが焦げ付きやサビの発生ではないでしょうか。
購入して使い始める前に適切な処理をしておくことで、焦げやサビの心配は少なくなります。

スキレットを使い始める前にはシーズニングというものを行います。
シーズニングはなにもついていないスキレットに油の膜を作ってあげる作業です。

では、そのシーズニングの仕方をご紹介します。

スキレットのシーズニングの手順

  1. スキレットの表面の汚れや油を磨き落とします。その後はしっかりと洗い流します。
  2. きれいに洗ったスキレットを火にかけてしっかりと乾燥させます。
  3. 乾いたら、スキレットに植物油(オリーブオイルなど)をいれて全体に行き渡らせます。中部分だけではなく外側に塗るのも忘れないようにしましょう。
    キッチンペーパーを使うとまんべんなく塗りやすいです。
  4. 油を塗ったスキレットを火にかけたら完成です。

1度だけではなく使いながら何度も繰り返していくことで油が十分にしみ込んでいきますので、段々と使いやすくなり出番も多くなってくるでしょう。

スキレットについた焦げ付きをお湯で緩める方法

シーズニングをしていても不注意で焦げてしまうことはあります。
その際にスキレットの焦げをお湯で落とす方法をみてみましょう。

お湯を使って焦げ付きを落とすときは、使用後すぐに行うと効果的で簡単

焦げ付いたスキレットに水道からでるお湯をあてながらスポンジなどで擦るだけです。
焦げがとれたら、コンロの火で乾燥させれば終了です。

場合によっては、お湯をかけて擦るだけではとれない頑固な焦げ付きもあるかもしれません。
その場合にはスキレットに水をいれて火にかけて沸騰させた後につけ置きします。
熱いお湯につけ置きしておくことで焦げがやわらかくなるのでスポンジでこすって取りやすくなるのです。

それでも焦げがやわらかくならない、擦り取れないというときは沸騰させる前の水に重曹をプラスしてみましょう。
それだけでさらに焦げ付きが取りやすくなります。

最初にお湯でとれない焦げ付きのときは、最初から水と重曹をスキレットに入れて沸騰させると1回できれいにできるのでおすすめです。

スキレットの焦げにはこんなお手入れも効果的

お湯で焦げ付きをやわらかくして取り除く方法の他にも効果的な焦げ付きのとり方があります。

とれない焦げ付きをさらに加熱し、炭の様にしてしまう

焦げ付いたスキレットを強火で加熱します。
そうすると焦げ付いているものがさらに黒くなり炭のようになってしまいます。
そこまで一気に加熱すると反対に焦げが取りやすくなります。

焦げを取るときはヘラでそぎ取るようにすると簡単できれいに取ることが可能ですよ。
簡単な方法ですが、スキレットの種類によっては空焚きができないものもあるので、確認してから行いましょう。

お湯でやっても空焚きをしてもきれいに落とすことのできなかった焦げを取る最終手段として天日干しがあります。
天日干しをする際には天気が良い日である必要がありますが、おいておくだけなので手間はかかりません。

スキレットを置く時のコツとして、日光がしっかりと焦げにあたるように1日かけておいてください。
そうしたら、焦げの部分がはがれやすくなるので、こすってあげると簡単に取れます。
1回で取り切れないときは日数をかけて、何回かこの作業を繰り返してあげるといいですね。

スキレットを長持ちさせる使い方のポイント

スキレットを調理に使う時にどんなことに気を付けるといいのでしょうか。

火力

スキレットの特徴として熱が伝わりやすいということがあります。
ですのでいつものフライパンのときと同じ様に火力を強くしすぎてしまうと、焦げ付いてしまう可能性があるのです。

いつもは強火で調理しているものも、スキレットであれば中火でも十分だと思います。
最初は弱火であたためでそこから中火にかえましょう。

油の量

ヘルシーにしたいからと油を少なくすることもあると思いますが、それもよくありません。
油が少ないことでくっついてしまい、焦げの原因になります。

たくさん油を入れなければいけないとうわけではありませんが、適切な量の油を使うようにしましょう。

作った料理を入れっぱなしにしない

スキレットはそのまま食卓にあげることがありますが、食べ残したものを入れたままにしないでください。
または、調理後はそのままおいておかずにお皿に盛り付けましょう。
使ったスキレットはそのまま置きっぱなしにしていると錆びてしまう可能性があります。ですので、使用後はすぐにきれいに洗うことが大切です。

使った後のスキレットの正しいお手入れ方法

使った後のスキレットは洗剤を使わずにタワシなどの固いもので汚れを落として洗います。
焦げついた時のとり方は先ほどご紹介した方法でとります。

きれいになった後には必ずガスの火で空焚きして乾燥させて、植物油をスキレットに塗ります。
最初に行うシーズニングのようにしましょう。

使った後はすぐに洗ったほうがいいスキレットですが、使い終わったものはとても熱いです。
そこに水をかけてしまうとスキレットが割れてしまう原因になるので冷めてから洗うということを覚えておきましょう。

きれいにお手入れできたスキレットを保管するときにもコツがあります。
油を塗ったスキレットが冷めたら、新聞紙にくるみましょう。
毎日使うような人はそれ程気にする必要はないかもしれませんが、たまにしか使わない人などは保管するときはできるだけ湿度の低いところに保管するのが好ましいです。