グリルにはアルミホイル?それとも水?魚の焼き方について

水を張るタイプのグリルにアルミホイルは使えるのでしょうか。網に魚がくっつくのを防ぐためにアルミホイルを敷いてもいい?

ご自宅のグリルの種類によって使い方が違うので、まずは確認してください。また、アルミホイルを使って魚を焼くときにはこんなことに気をつけましょう。

魚の焼き方や焼いたあとの掃除が楽になる裏技を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋の焦げ付きは酢で落とせるのでしょうか?焦げの取り方について

鍋が焦げ付いてしまったときにはどのようにして落としたらいいのでしょう。ゴシゴシと長い時間鍋をこするよ...

毛玉【コート編】取り方のコツや気をつけたい注意点と予防対策

毛玉がコートにできていたらすぐに取ってしまいたくなりませんか?しかし、コートは衣類よりも表に見え...

生地の水通しを洗濯機でする方法と脱水やアイロンのコツを紹介

生地の水通しは洗濯機でもすることは可能です。もちろん、洗濯物を使わなくてもできますが、洗濯物を使うと...

スキレットのお手入れ方法としつこい焦げ付きの落とし方

最近は、スキレットを使ったお料理は主婦の方に人気ですし、キャンプでは定番になったアヒージョを作る時に...

小さい虫が大量発生!虫の正体や大量発生の原因、駆除方法を解説

ベランダに小さい虫が大量発生した経験ありませんか?網戸もすり抜けるほどの小さい虫たち。それが大量...

アパートの狭いキッチンでも置ける水切りカゴをご紹介

アパートのキッチンが狭く、水切りカゴを置きたくても置けないという方も多いのではないでしょうか。水...

洗濯物を乾かすには扇風機よりもサーキュレーター?の疑問を解決

洗濯物を部屋干しするなら扇風機ではなくサーキュレーターを使いましょう!扇風機とサーキュレータ...

ふきんの洗い方とレンジを使った簡単にできる除菌方法を紹介

毎日使うふきんは正しい洗い方で汚れを落としてから除菌をする必要があります。このとき、ふきんの除菌...

スキレットの手入れ方法!サビた時のお手入れと使用後の洗い方

スキレットを使って料理を作ろうと思ったらサビを発見。こんなとき、どのようにお手入れをすればスキレット...

やかんの茶渋にクエン酸が効果的!やかんの中をきれいにする方法

やかんで麦茶を煮出したり、ほうじ茶を煮出したりと、毎日のように使っている方も多いと思います。お茶を煮...

グリルの掃除が面倒な方に覚えて欲しい魚焼きグリルの掃除のコツ

家庭で焼き魚を食べることも多いと思いますが、終わった後のグリルの掃除が面倒で、魚料理をあまり作らない...

気がついたら毛玉が!毛玉ができる原因とできやすい素材について

同じ様に着ていても毛玉ができやすい洋服があると思いませんか?どうして毛玉のでき方にはばらつきがあるの...

階段に使う掃除機でおすすめはコードレス選び方について

階段も掃除機でスッキリきれいにしたい!というときにはどのような掃除機を選べばいいのでしょうか?階段の...

鍋についた魚の臭いを取る方法。生臭い臭いをスッキリ無臭に

魚を調理したあとに残る、鍋についた魚の臭いにお困りの方はいませんか?力を入れてこすっても、臭いが取れ...

生地は水通しをしないと色落ちする?水通しの必要性と色落ち

洋服や小物など、お店で自分の気に入ったものが見つからない場合、生地を探して手作りする方法があります。...

スポンサーリンク

グリルの種類とは?アルミホイルを敷くものと水を入れるタイプ

ガスコンロのグリルには種類があります。
賃貸などで引っ越す回数が多い人であればいろいろな種類があることを知っていたり、使ったことがあると思います。

グリルの種類を分けるときには、焼く時に受け皿に水を入れるか入れないか、片面焼きか両面焼きかの組み合わせによって3つに分けられます。

水を入れて使うタイプは片面焼きグリル

片面焼きは途中で一度裏返す必要があるものをさします。
水を入れなければいけないものは記載されているものがほとんどです。

水を入れないで使うグリルのタイプは片面焼きと両面焼きどちらもある

同じ片面焼きでも水を入れなくていい分簡単です。
しかし、水を入れて使うタイプと同様に途中で裏返してやく必要があります。

両面焼きは水もいらず、裏返す必要もないので時間も掛からず手軽に使えます。

片面焼きでも両面焼きでも水を入れないタイプであれば、アルミホイルの使用がおすすめです。
アルミホイルが受け皿の汚れを予防してくれるので、使った後の掃除が簡単になります。

グリルには違いがあるということを覚えておくと初めて使う時に意識して確認することができるので、覚えておくといいですね。

水を使うグリルにアルミホイルを使って魚を焼く時には注意が必要

水を入れないタイプのグリルにアルミホイルを使うといいとご紹介しましたが、水をいれて使うグリルでも場所を変えてアルミホイルを使うことが可能です。

水を入れないグリルは受け皿にアルミホイルをしきましたが、水を入れる場合には網の上にアルミホイルをしきます。

アルミホイルを敷くことで、網に魚がくっついてしまったり皮がこびりついてしまうことをふせぎます。
網がこのように汚れてしまうと、きれいに洗うのは結構大変ですが、このアルミホイルをしくだけで一気にお手入れが楽になります。
他にも小さい魚を焼く時に網目から受け皿に魚が落ちてしまうことを防ぎますが、注意点もあります。

アルミホイルへの引火

魚の種類によっては脂の多いものがありますが、それをアルミホイルにのせて焼いてしまうと危険です。

脂の多い魚の場合にはアルミホイルを使わないか、何箇所か適当に穴をあけてから魚を焼きます。そうすることで、受け皿の水に油が落ちるので引火の危険が少なくなります。

受け皿は汚れてしまいますが、網はそれ程汚れないので工夫してアルミホイルを使いましょう。

グリルはアルミホイルや水を正しく使いましょう

ご家庭のグリルを上手に活用して、おいしく魚を焼きましょう。

魚をおいしく食べるためには、まず魚に塩を振っておきます。
味をつけるのが目的ではなく、魚のニオイや旨味を引き出すための工程となります。
最低でも20分はおいておきます。

焼く前のグリルの下準備

魚を入れずに予熱で庫内をあたためましょう。
そうすることで、網に魚がこびりつくのを軽減してくれます。

もし片面焼きグリルの場合には、身の方から焼くようにします。
つまりは、網の方に皮がくるようにするのです。
焼けたら裏返して皮の方も焼きます。
両面焼きは裏返さないので、最初から皮の方を上にして焼き上げます。

おいしく焼くための最大のコツは火力

焦げるのが怖くて弱火で時間をかけて焼いてしまいたくなりますが、ジューシーさを保つためには中火以上で焼くことが大切です。
慣れると適した時間などもわかってきますし、窓から見ていれば焦げてしまう心配も少ないでしょう。

グリルのタイプによってしっかりと水を入れたり、掃除を楽にしたい時にはアルミホイルを引火などに注意しながら正しく使いましょう。

魚の臭いが消えない…グリルの臭いを取る方法

グリルでは基本的には魚を焼くことがほとんどですが、毎回きちんと洗っていてもニオイが染み付いてとれていないことが多いです。

次も魚を焼くとしても、魚のにおいがついているのは嫌ですよね。
その魚のにおいを無くすためには、きれいに洗うことの他に消臭作業をするといいでしょう。

消臭作業とはいってもその内容はとっても簡単です。

使うものは重曹や使い終わった茶葉など

どちらでも同じ効果があるので、手元にあるものや使いやすいものを選ぶといいでしょう。

重曹や茶葉をグリルの受け皿に薄く広げておいておくだけです。

茶葉の場合は水分を含んでいるので広げる前には水分を絞り、広げた後は少し加熱して水分を飛ばす作業が必要です。

においの原因は受け皿や網だけではないこともあります。
グリルの中の左右の壁に魚の脂が飛び散っているのでそれがニオイの原因であることも多いです。
ですので、見えづらいところで忘れがちですが使用後には拭き掃除をして汚れを取り除いておきましょう。

すでにこびりついて取りにくい時には、お湯で重曹水を使うときれいにしやすいです。
拭き取った後はしっかりと乾拭きをして重曹が残らないようにしてください。

グリルに水を張るタイプならコレを使うと掃除が楽ちん

グリルの予熱やアルミホイルの使用の他に網に魚がくっつかないようにするにはサラダ油を塗るのがおすすめです。

予熱後にキッチンペーパーなどにサラダ油を染み込ませ、網の表面に塗っていきます。
予熱後の網はとても熱いので火傷には十分に気をつけましょう。

私もグリルを使う前には毎回サラダ油を塗っていますが、塗っていないときよりも魚がこびりつかないのでとても網を洗うのが楽になりました。

さらに、受け皿に水を入れるタイプのグリルの場合、シンクに移動する際に水をこぼしてしまって余計な掃除を増やしてしまったり、洗うのが大変だと感じる人も多いと思います。

受け皿に水を入れると同時に片栗粉も大さじ4程度一緒に入れます

水を入れてから片栗粉を入れるのではなく、水溶き片栗粉を作ってから受け皿にいれます。
そうすることで魚が焼き終わった後には受け皿の水が固まり、処理しやすくなります。
水をこぼす心配もないですし、洗い物も簡単になるので試してみましょう。