毛玉【コート編】取り方のコツや気をつけたい注意点と予防対策

毛玉がコートにできていたらすぐに取ってしまいたくなりませんか?
しかし、コートは衣類よりも表に見えるものなので無理な取り方によって生地を傷めてしまわないように気をつけなければなりません。

そこで、こちらでは特に毛玉ができやすいポリエステルのコートの毛玉の取り方についてお伝えしていきましょう。

お気に入りのコートは毛玉がなるべくできないように工夫をするのも大切です。
ぜひ参考に毛玉をスッキリ取り除いた後は、毛玉の防止をしながらコートを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

気がついたら毛玉が!毛玉ができる原因とできやすい素材について

同じ様に着ていても毛玉ができやすい洋服があると思いませんか?どうして毛玉のでき方にはばらつきがあるの...

やかんの茶渋にクエン酸が効果的!やかんの中をきれいにする方法

やかんで麦茶を煮出したり、ほうじ茶を煮出したりと、毎日のように使っている方も多いと思います。お茶を煮...

クエン酸の食用はスーパーのどこの売り場?購入場所をご紹介

お掃除に活躍すると言われているクエン酸。しかしお掃除だけでなく食用としても、スーパーなどで販売されて...

鍋の焦げ付きを重曹・酢・天日干しで綺麗に落とす方法を解説

調理の最中にうっかり鍋を焦げ付かせてしまうこともあります。鍋に焦げ付きができてしまうと、なかなか元の...

布団乾燥機は衣類乾燥にも役立つ?乾燥機別の衣類乾燥のやり方

梅雨の時期に突入すると、洗濯物が乾かずに困ってしまいますよね。そして洗濯物が乾かないと、生乾き臭が発...

電子レンジに金属を入れると火花が出る理由と使用時の注意点

電子レンジに金属を入れると火花が出るという話は聞いたことがあっても、その理由については知らない人の方...

毛玉の取り方【裏技を紹介!】家にあるもので今すぐスッキリ

洋服にできてしまった毛玉の取り方について、とても簡単な裏技があるのを知っていますか?せっかくなら家に...

ワーママは疲れたとき涙を流そう!ツライ状況から乗り越えるコツ

ワーママは疲れたときにこぼれ落ちそうになった涙をこらえているかもしれません。でも、時には我慢せず...

階段に使う掃除機でおすすめはコードレス選び方について

階段も掃除機でスッキリきれいにしたい!というときにはどのような掃除機を選べばいいのでしょうか?階段の...

洗濯物を乾かすには扇風機よりもサーキュレーター?の疑問を解決

洗濯物を部屋干しするなら扇風機ではなくサーキュレーターを使いましょう!扇風機とサーキュレータ...

グリルの掃除が面倒な方に覚えて欲しい魚焼きグリルの掃除のコツ

家庭で焼き魚を食べることも多いと思いますが、終わった後のグリルの掃除が面倒で、魚料理をあまり作らない...

グリルにはアルミホイル?それとも水?魚の焼き方について

水を張るタイプのグリルにアルミホイルは使えるのでしょうか。網に魚がくっつくのを防ぐためにアルミホイル...

正月の掃除はいつから?三が日まで休む家事と縁起にまつわるお話

「正月は掃除をしてはいけない」という話を聞いた事がある人もいますよね。ですが、生活をしている...

鍋についた魚の臭いを取る方法。生臭い臭いをスッキリ無臭に

魚を調理したあとに残る、鍋についた魚の臭いにお困りの方はいませんか?力を入れてこすっても、臭いが取れ...

ヤカンがIHかどうか知りたいときには?見分け方はココを確認

ヤカンがIHで使えるかどうかの見分け方はどこを確認したらいいのでしょうか?やかんを買ったときの箱があ...

スポンサーリンク

コートにできた毛玉の取り方はスポンジを使うと簡単

冬のお出かけに欠かせないアイテムといえば、コートではないでしょうか。コートには様々なデザインのもの、素材のものがありますよね。何着か持っていても、やっぱりお気に入りのコートってあると思います。
頻繁に身につけていると、やはり気になるのが毛玉ではないでしょうか。

コートの素材として、良く使われているのがポリエステルです。

ポリエステルのコートは、水を吸収しにくく、乾きやすいというメリットがありますが、それだけでなく、型崩れしにくく、軽いのも特長です。

外出やお店の店内で、コートをきたままでは暑いというときも、ポリエステルのコートなら、すぐに脱いで小脇に抱えても苦になりません。またちょっとくらい雑に抱えたとしても、しわになりにくいのででとても便利です。

ポリエステルのコートのデメリットは毛玉ができやすいこと

毛玉がついたコートをきていると、身だしなみに気をつけていない人とか、だらしない人とか思われがちです。できれば、毛玉を取って綺麗に着たいというのが本音ですよね。

コートについた毛玉の取り方がわからないあなた。
気づいては、コートに出来た毛玉をひたすらむしり取ってはいませんか。
毛玉をむしり取ると、その部分が毛羽立ってしまい、余計に毛玉ができやすくなります。

毛玉取りに便利なのが台所用スポンジ

硬い方と柔らかい方の2層になっているあの台所用のスポンジを利用してみましょう。

コートの毛玉をとる時には、ナイロンの不織布で出来ているあの硬い面は使用しません。反対側のウレタンフォームの部分を使用します。スポンジの目は粗ければ粗いほど、毛玉除去の効果が出ます。勿論、未使用の台所用スポンジを使用してくださいね。

スポンジを使ったコートの毛玉の取り方

  1. コートをテーブルや台などの、平らな場所の上に置きます。
  2. あとはスポンジのウレタン部分で、軽く毛玉の出来ている部分を撫でていくだけです。

なぜ、スポンジで毛玉が取れるのでしょうか。

撫でることで、小さいスポンジの繊維に毛玉が絡み、毛玉を引っ掛けてほぐしてくれるという訳です。

毛玉を切らずに、伸ばすという作業をおこなっていることになります。そのことで、買ったときの風合いに戻すことが可能になるのです。

この方法、コートにはおすすめですが、セータなどには向きません。
毛玉を引っ張ってほぐしているため、柔らかい衣類のセーターでは生地が伸びてしまうからです
柔らかい衣類には、この方法は向かないことを覚えて置きましょう。

コートの生地を傷めないように毛玉の取り方には注意すること

毛玉をいくら除去したいからといって、無理に取るのは良くありません。くれぐれもコートの生地は傷めないように、毛玉の取り方には注意する必要があります。

毛玉を除去前にしっかりと事前の準備をしておく必要あり

コートにブラシをかけ、ホコリを落としたり、繊維の方向を揃えておきましょう。

コートに固まっていたり寝ていた毛玉は、ガムテーブなどを使って、起こしてあげましょう。より毛玉が取りやすくなります。

あとは、テーブルや台の上で、スポンジを使って毛玉を取るだけです。

特に注意したいのが、絶対に、繊維を引っ張ってしまわまないこと。外出先などで、身につけていたコートに毛玉を発見したからと言って、引っ張ってむしり取ってしまわないように。

コート自体を傷め再び毛玉を作ってしまいます。絶対に行ってはいけません。

コートの毛玉の取り方は丁寧に正しい方法を行いましょう

コートの毛玉の取り方は、正しい方法で、丁寧に行うべきです。先ほども申しあげた通り、無理に引っ張ってしまうと、コート自体の生地を傷めてしまいます。

1つや2つ程度の毛玉であれば、ハサミでカットするというのも良い方法かもしれません。

量が多ければ、専用の毛玉を取るブラシや毛玉取り器などを利用すれば、生地を傷めずに除去することができるでしょう。毛玉取りきは、高めの物を使うほうがより生地が傷みにくくなります。T字のカミソリなどを使っても毛玉は除去出来ますが、くれぐれも他の部分をカットしてしまわない用に気をつけてください。丁寧に正しい方法で作業を行いましょう。

毛玉とは繊維の塊

もともとは、その繊維がコートを作っていたのです。カットしたり取ってしまえば、除々にコートの生地は薄くなっていきます。
できれば毛玉はつくらないほうが無難でしょう。そのためにも、毛玉ができないように予防が必要になります。

ポリエステルのコートは毛玉ができやすいので予防をするのがポイント

先ほども述べたように、勿論ウールなどのコートにも毛玉は出来ますが、特にポリエステルのコートは毛玉ができやすいというデメリットがあります。

では、なぜ毛玉が出来てしまうのでしょうか。

摩擦のせいで毛玉はできる

摩擦によって、コートの表面が毛羽立って、それが集合したものが毛玉になります。ポリエステルは、毛羽立ちが発生しやすい素材なのです。

コートを着て、いつも同じかばんやリュックを背負っているなんて人もいるでしょう。手持ちのかばんだったとしても、いつも同じ片側の手で持っていれば、かばんが当たる部分に毛玉ができることがあるでしょう。同じ場所に摩擦が置きれば、毛玉が出来てしまいます。

同じ手でかばんを持たない、肩掛けは、交互に行うなどの工夫が必要です。

いつも電車で座って通勤している人も注意が必要です。座席との摩擦で、コートに毛玉ができることがあります。
毛玉防止スプレーや、静電気を防止するスプレーなどを事前に掛けておきましょう。

一番良い方法としては、毎日同じコートを着ないということです。1日着たら、3日休ませてください。また、コートを脱いだあとは、感謝の意を込めて、ブラシをかけてあげるというのも、毛玉を予防するには良い方法といえます。

大切なコートはプロにお任せするのもおすすめ

コートの毛玉の取り方を誤って、大切な生地を傷つけてしまったりしまわないか、心配という人もいるはずです。

一歩間違えれば、生地が傷んで、取り返しのつかないことになりかねません。

ほんの少しの毛玉なら、なんとか自分で除去できるかも知れませんが、自分でどうにもならない毛玉や、取るのが難しそうな毛玉であれば、無理に処理しようとせず、プロに任せるという手もあります。

プロってどこにいるの?とお思いのあなた。ぜひ、クリーニング店に持ち込んでみてください。
クリーニングをお願いする際に、毛玉取りも一緒にお願いしてみましょう。

クリーニング店でも、結局の所、毛玉を取るという行為に変わりはないものの、自分で行うよりも安心で、しかも、今後毛玉が出来ないようにしっかりと処理をしてくれます。

また、クリーニング店によっては、毛玉取りというコースがあるお店もあるので、確認してみると良いかもしれません。

あなたがいつも着ているコートは大丈夫ですか。良くみてください。毛玉がついてしまってはいませんか?

毛玉はいつの間にかできているもの

お気に入りのコートであればあるほど、やはりきれいな状態で身につけたいもの。

しかし、毛玉はコートの繊維です。取れば取るほど、コートはどんどん薄くなっていきます。しかも、毛玉ができやすくなることも考えられます。毛玉取りに失敗して、コートに穴を開けてしまったりしては大変です。

切るのではなく、毛玉を繊維の状態に戻して上げる、伸ばすというのがおすすめです。自分で行うのが不安でしたら、プロにお願いするという選択肢もありますよ。