グリルの掃除が面倒な方に覚えて欲しい魚焼きグリルの掃除のコツ

家庭で焼き魚を食べることも多いと思いますが、終わった後のグリルの掃除が面倒で、魚料理をあまり作らないという方もいるようです。確かに、他の調理器具の鍋やフライパンと比べて、掃除をするのは大変で時間もかかります。
そこで、魚焼きグリルの掃除を楽にするための掃除のコツをご紹介します。使う前にちょっとした一手間を加えると、片付けもとても楽になります。魚焼きグリルをもっと活用するために、上手な掃除のコツを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヤカンがIHかどうか知りたいときには?見分け方はココを確認

ヤカンがIHで使えるかどうかの見分け方はどこを確認したらいいのでしょうか?やかんを買ったときの箱があ...

【毛玉の取り方】スポンジをつかった方法の注意点や毛玉予防方法

お気に入りの洋服に毛玉がついてしまった!なんてことありますよね。しかも出掛ける直前に気がついてしまう...

電子レンジに金属を入れると火花が出る理由と使用時の注意点

電子レンジに金属を入れると火花が出るという話は聞いたことがあっても、その理由については知らない人の方...

生地は水通しをしないと色落ちする?水通しの必要性と色落ち

洋服や小物など、お店で自分の気に入ったものが見つからない場合、生地を探して手作りする方法があります。...

鍋の焦げ付きを重曹・酢・天日干しで綺麗に落とす方法を解説

調理の最中にうっかり鍋を焦げ付かせてしまうこともあります。鍋に焦げ付きができてしまうと、なかなか元の...

洗濯物を乾かすには扇風機よりもサーキュレーター?の疑問を解決

洗濯物を部屋干しするなら扇風機ではなくサーキュレーターを使いましょう!扇風機とサーキュレータ...

生地の水通しを洗濯機でする方法と脱水やアイロンのコツを紹介

生地の水通しは洗濯機でもすることは可能です。もちろん、洗濯物を使わなくてもできますが、洗濯物を使うと...

布団乾燥機は衣類乾燥にも役立つ?乾燥機別の衣類乾燥のやり方

梅雨の時期に突入すると、洗濯物が乾かずに困ってしまいますよね。そして洗濯物が乾かないと、生乾き臭が発...

正月の掃除はいつから?三が日まで休む家事と縁起にまつわるお話

「正月は掃除をしてはいけない」という話を聞いた事がある人もいますよね。ですが、生活をしている...

ふきんの洗い方とレンジを使った簡単にできる除菌方法を紹介

毎日使うふきんは正しい洗い方で汚れを落としてから除菌をする必要があります。このとき、ふきんの除菌...

クエン酸の食用はスーパーのどこの売り場?購入場所をご紹介

お掃除に活躍すると言われているクエン酸。しかしお掃除だけでなく食用としても、スーパーなどで販売されて...

鍋についた魚の臭いを取る方法。生臭い臭いをスッキリ無臭に

魚を調理したあとに残る、鍋についた魚の臭いにお困りの方はいませんか?力を入れてこすっても、臭いが取れ...

スキレットの手入れ方法!サビた時のお手入れと使用後の洗い方

スキレットを使って料理を作ろうと思ったらサビを発見。こんなとき、どのようにお手入れをすればスキレット...

気がついたら毛玉が!毛玉ができる原因とできやすい素材について

同じ様に着ていても毛玉ができやすい洋服があると思いませんか?どうして毛玉のでき方にはばらつきがあるの...

鍋の焦げ付きは酢で落とせるのでしょうか?焦げの取り方について

鍋が焦げ付いてしまったときにはどのようにして落としたらいいのでしょう。ゴシゴシと長い時間鍋をこするよ...

スポンサーリンク

面倒なグリルの掃除が楽になる片栗粉を使うワザ

美味しく食事が終わった後に見て呆然となるのが魚焼きのグリルではないでしょうか。
脂ののった魚は美味しいですが、受け皿部分が油でギトギトになっていたり、意外と細かい部分があったり綺麗にしようと思っても一筋縄ではいかない事もあります。

これさえ楽に綺麗にできたらもっと魚を食卓に乗せられるのにと思っている方も多いかと思いますが、家の中にある、料理に使う事ができるものを使ってグリルをキレイにできたらコストパフォーマンスの面からも安全面からも最高ではないでしょうか。

片栗粉を使うとグリル掃除が劇的に楽になる

グリルで魚を焼く時には受け皿に水を入れますが、ただの水を入れるのではなく、100mlの水に片栗粉を大さじ2の割合で加えたものを受け皿に入れます。

受け皿の水を水溶き片栗粉に変えて魚を焼き、水はそのまま、ご飯を食べている間、放置しておくと水溶き片栗粉が固まりますので、そのままベロンとそれを剥がすだけで汚れが落ちてしまうという裏技です。

水溶き片栗粉に入れる片栗粉の量が少ないとうまく固まらなくて上手に剥がせなくなり、逆に後始末が大変になってしまいますので、片栗粉の量を少なくしてはいけません

グリル掃除で面倒な油やコゲを落とす掃除方法

グリル掃除でも活躍してくれるのは、セスキ炭酸ソーダ

酸性の油汚れにはアルカリ性の洗剤が効果てきめんですので、グリルの油汚れに悩んでいる時には是非お試しください。

受け皿はもちろん網の頑固な汚れも驚くほどキレイに落とす事ができます。

グリルのようなギトギトの油汚れにはただセスキ炭酸ソーダをかけてこするよりも、つけ置きしてから洗うのが効果的です。

グリルの部品が浸かるくらいの容器に45~50度くらいのお湯を入れます。1リットルのお湯に対して大さじ1杯くらいのセスキ炭酸ソーダを溶かします。

ここにグリルを1時間以上つけておくと、落ちにくかった汚れが浮かんできますので、汚れが浮いてきたと思ったらスポンジを使ってこすってみてください。
今まであんなに苦労して掃除していたのがウソのようにギトギトの油も頑固な焦げも落ちるので気持ちよくなってしまいます。

またセスキ炭酸ソーダの仲間の重曹には研磨効果がありますので網のような焦げ付き汚れが多いものには重曹を使って対処しましょう。

使い方は先ほどのセスキ炭酸ソーダと変わりありませんが、お湯に溶かす量を大さじ3杯にして使います。

こする時には硬いスチールたわしを使うとコーティングが剥がれてしまう恐れがありますのでスポンジのような柔らかい物を使ってこするようにしましょう。

掃除が面倒なグリルはお米の研ぎ汁を使うのも効果的

もっと身近にあるものを使ってグリルをキレイにする事ができます。

台所にはいろいろと体に優しく掃除に使えるものがありますが、洗顔にも使えるほど優しい物というと「お米のとぎ汁」です。

お米のとぎ汁は油ギトギトのグリルの汚れも優しく落としてくれる

やり方も至って簡単で、魚を焼いた後の受け皿にお米を研いだ時に取っておいたとぎ汁を入れてつけ置きするだけです。
ただの水やお湯を入れておくよりもスルンとキレイに汚れが落ちます。

また、魚焼きを洗う手間を省くためには、魚焼きを使う時に汚れないような予防をしておくのも面倒なグリルの掃除を楽にしてくれます。

魚焼きのグリルにおいて特に焦げ汚れが付きやすいのは、網の部分ではないでしょうか。
くっついてしまった魚の皮が焦げてしまってこすらないと取れないというイライラを経験した事のある方も多いかと思いますが、これを予防するためには網にあらかじめサラダ油などの油分を塗っておくことで解決します。

網の上に魚を置いて焼くと、受け皿に魚の油分が落ちてしまいますので受け皿がギトギトになってしまいます。
これがグリル掃除を面倒くさくするのですが、魚を焼く時に網の上にアルミホイルを敷いて魚を焼くとアルミホイルが油分を受け止めてくれますので下の受け皿に魚の油分が落ちず、アルミホイルを捨てるだけで掃除をしなくて良くなります。

グリルの中に残った臭いを取る方法

汚れないようにグリルを使ったつもりでも残ってしまうのは「ニオイ」です。

魚を焼いたニオイというのは次の日も室内に残ってしまったりして気になるものですが、広い空間である室内でもこれなのですから、狭い空間であるグリル内ではもっと強いニオイが残っています。

魚を焼き終わって火を消したらすぐに茶殻を入れる

緑茶や紅茶などのお茶全般の茶殻はもちろんの事、消臭効果が期待できるコーヒー豆の出し殻でも大丈夫ですので、お茶を飲んだ時には茶殻を乾燥させて取っておきましょう。
これらを入れるタイミングというのもとても大切で「魚を焼いた直後」というのがポイントです。

グリル内に残った予熱が茶殻を温めて消臭効果を発揮しますのでグリル内が冷めていてはあまり意味がありません。

時間が経ってしまってグリル内が冷めてしまった時には中火で5分程グリル内を温めてから茶殻を入れ、茶殻の良い香りがしてきたら消臭効果が発揮されている合図です。

フライパンを使った魚の上手な焼き方

グリルを洗うのがどうしても苦手だという方や片付ける時間の短縮をしたいという方にはフライパンを使って魚を焼くという方法をご紹介します。

魚を焼くのはグリルで、と思っている方にはびっくりの方法でしょうが、フライパンでも上手に魚を焼くことができます。
フライパンでしたら後片付けも楽ですし、焦げ付かないような加工がされてあればなおさら焦げ付きとはおさらばできます。

フライパンで魚を焼く方法

魚の下処理はいつもと同じように、鱗を取って、ぬめりがあればぬめりもしっかりと除去しておき、必要であれば塩を振るなどして下ごしらえをして置きます。

そのままフライパンに少量の油を敷いて魚を焼くといいのですが、この時にフライパンの上に焦げ付かない加工がされているアルミホイルやクッキングペーパーを敷くと油が不要で、後片付けが更に楽になります。

魚の大きさに合わせて中心部に火が通るまで中火で様子を見ながら焼くと美味しい焼き魚が完成します。

面倒なグリル掃除で敬遠しがちな焼き魚ですが、最初からできるだけグリルを汚さない方法を取る事や、フライパンを使う事でグリル掃除の悩みが無くなりますので是非参考になさって美味しい焼き魚を食べてください。