鍋についた魚の臭いを取る方法。生臭い臭いをスッキリ無臭に

魚を調理したあとに残る、鍋についた魚の臭いにお困りの方はいませんか?力を入れてこすっても、臭いが取れずに、次に料理に使う時にも、臭いが移りそうで気になってしまいます。
そこで、鍋に残ったしつこい魚の臭いの取り方についてご紹介します。臭いを取るには、いくつかの方法があります。ご自宅にあるもので、賢く臭いを解消しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を乾かすには扇風機よりもサーキュレーター?の疑問を解決

洗濯物を部屋干しするなら扇風機ではなくサーキュレーターを使いましょう!扇風機とサーキュレータ...

毛玉【コート編】取り方のコツや気をつけたい注意点と予防対策

毛玉がコートにできていたらすぐに取ってしまいたくなりませんか?しかし、コートは衣類よりも表に見え...

ふきんの洗い方とレンジを使った簡単にできる除菌方法を紹介

毎日使うふきんは正しい洗い方で汚れを落としてから除菌をする必要があります。このとき、ふきんの除菌...

階段に使う掃除機でおすすめはコードレス選び方について

階段も掃除機でスッキリきれいにしたい!というときにはどのような掃除機を選べばいいのでしょうか?階段の...

スキレットのお手入れ方法としつこい焦げ付きの落とし方

最近は、スキレットを使ったお料理は主婦の方に人気ですし、キャンプでは定番になったアヒージョを作る時に...

毛玉の取り方【裏技を紹介!】家にあるもので今すぐスッキリ

洋服にできてしまった毛玉の取り方について、とても簡単な裏技があるのを知っていますか?せっかくなら家に...

陶器をレンジで使うと割れる?電子レンジの使い方について

陶器の食器をレンジで使うと割れるというのは本当?陶器のお皿でも気にせずレンジで温めてはいませんか?...

鍋の焦げ付きは酢で落とせるのでしょうか?焦げの取り方について

鍋が焦げ付いてしまったときにはどのようにして落としたらいいのでしょう。ゴシゴシと長い時間鍋をこするよ...

アパートの狭いキッチンでも置ける水切りカゴをご紹介

アパートのキッチンが狭く、水切りカゴを置きたくても置けないという方も多いのではないでしょうか。水...

タンブラーがコーヒー臭いときの臭いの消し方と着色汚れの洗い方

タンブラーにコーヒーを入れたとき、タンブラーの中にコーヒーの臭いが染み付いてなかなか取れなくなってし...

ワーママは疲れたとき涙を流そう!ツライ状況から乗り越えるコツ

ワーママは疲れたときにこぼれ落ちそうになった涙をこらえているかもしれません。でも、時には我慢せず...

鍋の焦げ付きを重曹・酢・天日干しで綺麗に落とす方法を解説

調理の最中にうっかり鍋を焦げ付かせてしまうこともあります。鍋に焦げ付きができてしまうと、なかなか元の...

クエン酸の食用はスーパーのどこの売り場?購入場所をご紹介

お掃除に活躍すると言われているクエン酸。しかしお掃除だけでなく食用としても、スーパーなどで販売されて...

グリルの掃除が面倒な方に覚えて欲しい魚焼きグリルの掃除のコツ

家庭で焼き魚を食べることも多いと思いますが、終わった後のグリルの掃除が面倒で、魚料理をあまり作らない...

正月の掃除はいつから?三が日まで休む家事と縁起にまつわるお話

「正月は掃除をしてはいけない」という話を聞いた事がある人もいますよね。ですが、生活をしている...

スポンサーリンク

鍋についた魚の臭いは重曹で解消

魚は好きなのに、調理した後の鍋に残る生臭さを考えると、魚を調理することをつい避けてしまいませんか。

魚には多くの栄養があるので、家族の健康のためにも魚メニューが豊富な夕飯にしたいのに、臭いのせいでどうしても魚メニューが減ってしまうのが我が家の悩みです。
共感してくれる主婦は多いことと思います。

この悩みを解消して、一緒に魚メニューで健康的な夕飯を心がけてみましょう。

重曹を使った魚の臭い消し

鍋についた魚の臭いは食器洗剤で念入りに洗っても臭いが取れません。
ならば、消臭効果のある重曹を使ってみましょう。

やり方

  1. 洗った鍋満杯に水を入れ沸騰させる
  2. 重曹大さじ1を加え重曹が完全に溶けたら火を止める
  3. ぬるま湯に冷めたら洗う
私は人体への悪影響を気にしながらもキッチンアルコールを使って落としていましたが、人体にも優しい重曹だと心配する事なく臭いを落とせるので安心です。

お茶がらやコーヒーかすも鍋の臭いの解消に

お茶がら、コーヒーかすで魚の臭い消し

毎日お茶やコーヒーを飲む家庭もありますよね。
どうせ捨ててしまうお茶がらやコーヒーかすを使えばコストをかけずに毎回魚の臭いを消すことができます。

やり方

  1. 洗った鍋にお茶がらやコーヒーかすを入れ乾煎りする
  2. 洗う

鍋に多少のお茶臭やコーヒー臭は残るかもしれませんが、料理に臭いがうつってしまうほどキツイものではありませんし、毎日好んで飲んでるくらいならその臭いもまたあなたにとって居心地の良いものとなるでしょう。

重曹もエコ洗剤として人気な洗剤ですが、それでも重曹を購入するためにはお金がかかりますので、この方法こそが本当のエコと言えるでしょう。

他にも試してみたい鍋の魚の臭い対策

お米の研ぎ汁

鍋にお米の研ぎ汁を入れて1時間程度時間を置くと魚の臭いが消されます。

お米は毎日炊きますので、必ず研ぎ汁は出ますよね。
魚を調理する際は、魚の調理後にお米を研ぐと、スムーズに魚の臭いがついた鍋を洗うことができますね。

牛乳

これは牛乳の無駄な消費に繋がるのであまりオススメはできないのですが、魚の臭いがついた鍋で牛乳を沸騰させると魚の臭いが綺麗さっぱりとれます。

これまで4つほどの鍋の魚の臭いの消し方を紹介しましたが、強烈な洗剤によるものではないので、主婦にとって有り難い方法ばかりでしょう。

私は毎日飲むコーヒーかす、またはペットがいるのでペットがいる家庭でも安心安全の重曹、どちらかを使用して鍋の魚の臭いを消してます。

その他まな板、包丁など生魚に触れた調理器具も鍋に入れれるものは一緒に重曹液で沸騰させています。そうでもしなければ、私は魚料理ができないと言ってもいいくらいでしょう。

世の中には、コストをかけずに臭いを落とす方法がいくつかあるので、とても有り難いことですね。おかげで魚調理に抵抗なく、食べたい時に調理できています。

魚の臭みを軽減させる調理の一手間

魚調理に気になるのは鍋の魚の臭いだけではありません。
調理した料理が生臭いと、テンション一気にダウンですよね。
家族の食の進みが悪くても、ごもっともとわかりながらもショックは隠せません。

そんな思いをしないために、魚の臭みを軽減してから調理をはじめましょう。

汁物に魚をいれるなら、1度焼く

アラ汁、魚介スープ、鍋など魚を汁物に入れる料理はいくつかあります。
1度焼くのは手間ですが、その手間が何倍にも美味しく仕上がるのです。

酒に浸ける

酒に浸けることで臭い消しと同時にふっくらと風味よく仕上がります。

塩を振りかける

塩によって魚の臭いが詰まった水分がでてきますので、キッチンペーパーで拭き取りましょう。

生姜やネギ、梅干しハーブなど臭い消しになる香味料を使う

魚の煮物を生姜やネギと煮たり、ローズマリなどハーブと焼くと洋風な魚を楽しめます。

調理前に熱湯をかける

1度焼く手間がおしいと言うなら、調理前に熱湯を魚全体にかけて臭みを抑えます。

手についたなかなか取れない臭いの落とし方

魚調理をすると鍋など魚に触れた調理器具の生臭さが気になります。
上記で紹介したいくつかの方法で洗い物を終えても、最後に自分の手から魚の臭いを放っていると、もううんざりしてしまいますよね。

ハンドソープで手を洗っても魚の臭いはすぐに落ちるものではありません。
調理後の魚は美味しいし、鍋の臭いも消臭効果のあるもので簡単に落ちるし、そもそも調理前の魚に抵抗があるのは、鍋につく臭いではなく、この手につく魚の臭いのせいと言いたいくらいですよね。

ここまでいうと私達にたっぷり栄養を与えてくれう魚が可哀想ですが。余談はさておき、手についてしまった魚の臭いの落とし方を見てみましょう。

手の魚臭さを解消する方法

  • お茶がら、コーヒーかす
  • レモン、酢
これらを十分に手に揉むこんで、再び手を石鹸で洗います。

一番効果のある方法はステンレス製品に手をこすりつけること

鉄の成分と魚の臭いの成分の化学反応によって臭いが消えるのです。

なんとも魔法チックな方法ですけど、キッチンのシンクがステンレスなら騙されたと思って試してみてください。あなたの反応が楽しみです。