クエン酸の食用はスーパーのどこの売り場?購入場所をご紹介

お掃除に活躍すると言われているクエン酸。しかしお掃除だけでなく食用としても、スーパーなどで販売されています。

しかしスーパーのどこの売り場で販売されているのか、ご存知ない方も少なくはないのではないでしょうか。

そこでここでは素朴な疑問、食用クエン酸はどこで手に入れることができるか、購入場所のご紹介をいたします。

また食用クエン酸の使い道についてもご紹介をいたしますので、クエン酸が余ってしまった時の活用方法として参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スキレットの手入れ方法!サビた時のお手入れと使用後の洗い方

スキレットを使って料理を作ろうと思ったらサビを発見。こんなとき、どのようにお手入れをすればスキレット...

【電子レンジの選び方】フラットとターンテーブルの違いについて

電子レンジの買い替えを検討している方は、フラットにするかターンテーブルにするか迷うところです。...

アパートの狭いキッチンでも置ける水切りカゴをご紹介

アパートのキッチンが狭く、水切りカゴを置きたくても置けないという方も多いのではないでしょうか。水...

グリルの掃除が面倒な方に覚えて欲しい魚焼きグリルの掃除のコツ

家庭で焼き魚を食べることも多いと思いますが、終わった後のグリルの掃除が面倒で、魚料理をあまり作らない...

階段に使う掃除機でおすすめはコードレス選び方について

階段も掃除機でスッキリきれいにしたい!というときにはどのような掃除機を選べばいいのでしょうか?階段の...

毛玉【コート編】取り方のコツや気をつけたい注意点と予防対策

毛玉がコートにできていたらすぐに取ってしまいたくなりませんか?しかし、コートは衣類よりも表に見え...

タンブラーがコーヒー臭いときの臭いの消し方と着色汚れの洗い方

タンブラーにコーヒーを入れたとき、タンブラーの中にコーヒーの臭いが染み付いてなかなか取れなくなってし...

陶器をレンジで使うと割れる?電子レンジの使い方について

陶器の食器をレンジで使うと割れるというのは本当?陶器のお皿でも気にせずレンジで温めてはいませんか?...

気がついたら毛玉が!毛玉ができる原因とできやすい素材について

同じ様に着ていても毛玉ができやすい洋服があると思いませんか?どうして毛玉のでき方にはばらつきがあるの...

グリルにはアルミホイル?それとも水?魚の焼き方について

水を張るタイプのグリルにアルミホイルは使えるのでしょうか。網に魚がくっつくのを防ぐためにアルミホイル...

毛玉の取り方【裏技を紹介!】家にあるもので今すぐスッキリ

洋服にできてしまった毛玉の取り方について、とても簡単な裏技があるのを知っていますか?せっかくなら家に...

スキレットのお手入れ方法としつこい焦げ付きの落とし方

最近は、スキレットを使ったお料理は主婦の方に人気ですし、キャンプでは定番になったアヒージョを作る時に...

洗濯物を乾かすには扇風機よりもサーキュレーター?の疑問を解決

洗濯物を部屋干しするなら扇風機ではなくサーキュレーターを使いましょう!扇風機とサーキュレータ...

鍋の焦げ付きを重曹・酢・天日干しで綺麗に落とす方法を解説

調理の最中にうっかり鍋を焦げ付かせてしまうこともあります。鍋に焦げ付きができてしまうと、なかなか元の...

やかんの茶渋にクエン酸が効果的!やかんの中をきれいにする方法

やかんで麦茶を煮出したり、ほうじ茶を煮出したりと、毎日のように使っている方も多いと思います。お茶を煮...

スポンサーリンク

スーパーで食用クエン酸は購入可能?売り場をご紹介

クエン酸には食用のものと掃除用のものがあり、スーパーにはどちらも置いている場合があります。

掃除用のクエン酸は、洗剤のコーナーに並んでいる事が多いので、食用と掃除用を間違えて購入しないように注意しましょう。

食用はお菓子食材コーナーにあるケースが多い

クエン酸は白いサラサラとした粉末なので、小麦粉や片栗粉などと同じ場所に売っているかもしれないと探す人がいるかもしれませんが、実は違います。

スーパーで食用のクエン酸を購入する場合、ゼラチンやベーキングパウダーなどと並んでお菓子作りの食材のコーナーに置いてある事が多いです。

なかなか見つからない場合は、店員さんに聞いてみましょう。

クエン酸には美容と健康に良い成分がたくさん入っていて、飲み物に混ぜれば簡単に摂取する事ができます。

また、口に入っても安全な食用のクエン酸は入浴剤としてお風呂に入れたり、手作りの洗顔料を作るのにも役立ちます。

食用のクエン酸がスーパー以外でも購入できる場所

食用のクエン酸はスーパー以外の色々なところで購入できます。

100円ショップ

100円ショップで売られているクエン酸は食用の物が多いようですが、購入の際はきちんと確認をしてください。

ドラッグストア

食用のクエン酸が売っています。

ドラッグストアは掃除用洗剤がたくさん売っているので、掃除用のクエン酸も売っていますが、食用のクエン酸も売っているのです。

食用のクエン酸は、疲労回復や美容にも効果があると言われているので、ドラッグストアでも求められる事が多いのでしょう。

クエン酸には食用と掃除用があるとお伝えしましたが、実は薬用も存在します

薬用のクエン酸は食用や掃除用に比べて少し値段が高くなります。

食用と掃除用のクエン酸は安価で手に入れる事ができます。

安い値段で美容や健康、掃除にも役立つ優れものなのです。

食用クエン酸をスーパー以外で購入する際の注意点

ホームセンターでもクエン酸は購入する事ができます。

ホームセンターでは掃除用のクエン酸しか売っていない事が多い

掃除用品や洗剤を取り扱っている売り場に行けば、掃除用のクエン酸を見つける事ができるでしょう。

地域やお店の方針によって違いはありますが、ホームセンターでは食べ物よりも掃除などの生活用品を求める人が多いので、食用のクエン酸は需要が少ないのかもしれません。

食用でも掃除用でも同じクエン酸だから大丈夫だろうという考えは危険です。

食用のクエン酸は、体内に取り入れることを目的として作られているので、純度が高く、不純物などは混ざっていません。

一方掃除用のクエン酸は、汚れを落す事を目的としているので、純度が低く、不純物などが多く混じっています。

食用のクエン酸が欲しい場合は、きちんと食用を探し、掃除用のクエン酸で代用する事のないように注意してください。

食用クエン酸の使い道

食用のクエン酸には、野菜のえぐ味やヌメリなどを取り除いてくれる効果があります。

里芋や山芋、ゴボウなどえぐ味やヌメリのある野菜を調理する際は、クエン酸を使って下処理をしましょう。
  1. 水1リットルに対してクエン酸を小さじ1溶かし、クエン酸水を作ります。
  2. クエン酸水に野菜を30分ほど浸けておけば、えぐ味とヌメリを取り除く事ができます。

味が良くなるだけでなく、クエン酸に浸けた野菜は仕上がりの色が綺麗になるので、料理の見た目を美しく仕上げる事ができます。

クエン酸は、水に溶かせばお酢やレモンの代わりに使う事も可能

水100mlに対して小さじ1杯のクエン酸を入れると、市販のお酢と同じくらいの酸味になります。

揚げ物をサッパリ食べたいときや、ピクルスを作るときなどに使うと良いでしょう。

クエン酸と重曹は同じ量を混ぜると炭酸水を作る事ができます。

水500mlに対してクエン酸と重曹それぞれ小さじ1杯ずつ混ぜれば完成です。

クエン酸と重曹で作った炭酸水は飲むのはもちろん、洗顔などに使うと美肌効果が期待されます。

炭酸水を作る場合は、重曹も必ず食用のものを選びましょう。

クエン酸の働きや食用に利用するメリット

食用のクエン酸には、身体に良い作用がたくさんあります。

クエン酸は疲労回復の効果が高い

疲労物質である「乳酸」をエネルギーに変えてくれる効果があります。

肉体労働を頑張っている人や、スポーツを頑張っている人には、食用クエン酸が特におすすめです。ああクエン酸には、体に良いとされるビタミン類も豊富に含まれていて、美容を気にする女性にもおすすめです。

健康にも美容にも、どちらにも優れた効果を発揮するのがクエン酸の魅力なのです。

ですが、大量に摂取しすぎると体調不良の原因になる事もあるので、注意が必要です。

食用のクエン酸の一日の接収量の目安は10~15グラム

体を良く動かす人とそうでない人によっても違ってきます。

クエン酸の平均持続時間は、約2時間

一度に2~3グラム程度を5回ほどに分けて飲むのが理想的です。

家庭で飲むクエン酸水を作る時は、水250mlにクエン酸小さじ2分の1の分量で作りましょう。

ペットボトルなどの容器に入れて、良く混ぜれば完成です。ハチミツやオリゴ糖を混ぜると、酸っぱさが緩和され、飲みやすくなります。