スキレットの手入れ方法!サビた時のお手入れと使用後の洗い方

スキレットを使って料理を作ろうと思ったらサビを発見。こんなとき、どのようにお手入れをすればスキレットを元の状態に戻すことができるのでしょうか。

ここでは、スキレットがサビてしまった時のお手入れ方法についてお伝えします。サビを綺麗に落とし、もう一度使用できるようにしましょう。

また、普段のお手入れやNGな洗い方・長く使うための注意点や保管方法についても併せてご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ワーママは疲れたとき涙を流そう!ツライ状況から乗り越えるコツ

ワーママは疲れたときにこぼれ落ちそうになった涙をこらえているかもしれません。でも、時には我慢せず...

鍋についた魚の臭いを取る方法。生臭い臭いをスッキリ無臭に

魚を調理したあとに残る、鍋についた魚の臭いにお困りの方はいませんか?力を入れてこすっても、臭いが取れ...

グリルにはアルミホイル?それとも水?魚の焼き方について

水を張るタイプのグリルにアルミホイルは使えるのでしょうか。網に魚がくっつくのを防ぐためにアルミホイル...

生地は水通しをしないと色落ちする?水通しの必要性と色落ち

洋服や小物など、お店で自分の気に入ったものが見つからない場合、生地を探して手作りする方法があります。...

グリルの掃除が面倒な方に覚えて欲しい魚焼きグリルの掃除のコツ

家庭で焼き魚を食べることも多いと思いますが、終わった後のグリルの掃除が面倒で、魚料理をあまり作らない...

ヤカンがIHかどうか知りたいときには?見分け方はココを確認

ヤカンがIHで使えるかどうかの見分け方はどこを確認したらいいのでしょうか?やかんを買ったときの箱があ...

毛玉【コート編】取り方のコツや気をつけたい注意点と予防対策

毛玉がコートにできていたらすぐに取ってしまいたくなりませんか?しかし、コートは衣類よりも表に見え...

正月の掃除はいつから?三が日まで休む家事と縁起にまつわるお話

「正月は掃除をしてはいけない」という話を聞いた事がある人もいますよね。ですが、生活をしている...

小さい虫が大量発生!虫の正体や大量発生の原因、駆除方法を解説

ベランダに小さい虫が大量発生した経験ありませんか?網戸もすり抜けるほどの小さい虫たち。それが大量...

【毛玉の取り方】スポンジをつかった方法の注意点や毛玉予防方法

お気に入りの洋服に毛玉がついてしまった!なんてことありますよね。しかも出掛ける直前に気がついてしまう...

やかんの茶渋にクエン酸が効果的!やかんの中をきれいにする方法

やかんで麦茶を煮出したり、ほうじ茶を煮出したりと、毎日のように使っている方も多いと思います。お茶を煮...

鍋の焦げ付きを重曹・酢・天日干しで綺麗に落とす方法を解説

調理の最中にうっかり鍋を焦げ付かせてしまうこともあります。鍋に焦げ付きができてしまうと、なかなか元の...

洗濯物を乾かすには扇風機よりもサーキュレーター?の疑問を解決

洗濯物を部屋干しするなら扇風機ではなくサーキュレーターを使いましょう!扇風機とサーキュレータ...

電子レンジに金属を入れると火花が出る理由と使用時の注意点

電子レンジに金属を入れると火花が出るという話は聞いたことがあっても、その理由については知らない人の方...

鍋の焦げ付きは酢で落とせるのでしょうか?焦げの取り方について

鍋が焦げ付いてしまったときにはどのようにして落としたらいいのでしょう。ゴシゴシと長い時間鍋をこするよ...

スポンサーリンク

スキレットにサビが発生したときの正しい手入れ方法

おしゃれな調理道具として重宝するのがスキレット。
アヒージョやパンケーキなど、料理を素敵に見せてくれるので持っている人も多いと思います。
しかし、このスキレット、手入れを怠っていると知らぬまにサビが発生していることがあります。
スキレットは鉄で出来ているので、手入れが出来ていないと結構簡単に錆びてしまいますよ。

ですが、サビたからといって捨てる必要はありません。
きちんとサビを取り除けば、またいつものように使うことが出来ますよ。

サビは擦り落とす

サビの程度によりますが、少しのサビならたわしでこするだけでも落とすことが出来ます。
しかし、それでもとれない頑固なサビはサビを焼いて炭化させてから擦り落とすのがおすすめです。

炭化させるときはガスバーナーなどを使って赤いサビが黒く変色するまで加熱しましょう。
赤いサビに直接火が当たるようにスキレットをひっくり返したり、縦にしたりと動かしながら作業してくださいね。

注意して欲しいのは、スキレットがかなり高温になること。
ペンチや革手袋などを使って、火傷に注意して作業してくださいね。

サビが黒く変色したら、加熱は終了です。
触れられるくらいまで冷めたら、洗剤は使わずに、水と金たわしで黒くなったサビをゴシゴシと擦り落としていきます。

紙やすりなどを使ってもOKですよ。
仕上げにクレンザーなどをつかって隅々までサビを落としましょう。

サビがとれたら、スキレットを火にかけてしっかりと乾かします

しっかり乾かしたら、全体に食用油(サラダ油など)を塗り込んで終了です。

スキレットのサビを予防!使ったあとの手入れについて

スキレットは鉄で出来ているのでサビができやすく、長く綺麗に使うためには使った後のお手入れがとても重要になります。

スキレットを使ったメニューにはアヒージョなど油を使うメニューがたくさんありますが、こういったメニューの後はどのように洗っていますか?

洗剤を使ってスッキリと洗い上げたくなりますが、それはNGです。

洗剤で洗うとスキレットをコーティングしている油も剥がれてしまう

コーティングが無くなると、スキレットはちょっとの水分でもすぐにサビてしまいます。

スキレットを使った後は、スキレットが冷めてから水で洗うのが基本

しかし、油の多い料理だった時にはなかなか落ちないので、熱めのお湯につけてスポンジで擦って汚れを落としましょう。

洗剤は使いません。

汚れを落としたら、スキレットを火にかけてしっかりと乾燥させます。

仕上げに全体に食用油を塗り込んだら終了です。
食用油はスキレットが熱いうちに塗り込んでくださいね。

スキレットのお手入れでやってはいけないNGなこと

スキレットのお手入れではNGなことがいくつかあります。
それを行ってしまうと、サビが発生してしまうのです。

洗剤を使って洗うこと

洗剤を使うと汚れはさっぱりと落ちますが、スキレットをコーティングしている油膜もおとしていまうのです。
結果的に、サビが発生しやすくなってしまいます。

水分がつくこと

洗った後濡れた状態の時間が長いとサビが発生してしまいます。
洗った後は拭くだけという方も要注意ですよ。
しっかりと乾燥させることが重要なので、水蒸気がでなくなるまで火にかけて水分をしっかり飛ばしましょう。
トースターやグリルなどを使って乾燥させるのもおすすめです。

意外なNGが洗うときにお水を使うこと

スキレットが熱い状態でお水につけると、最悪の場合割れてしまうことがあります。
ですから、スキレットが冷めてから洗うか、スキレットの温度に合わせて熱めのお湯を使って洗うかしましょう。

スキレットを長持ちさせる使用方法

スキレットは鉄で出来ているので、鉄のフライパンと同様に正しく扱えば一生使える調理器具です。
しかし、手入れを怠るとすぐにサビなどのトラブルも発生してしまします。

長く使うためには、先ほどご紹介したNGを行わないことが一番のポイントです。

もしもサビを見つけた時には、できるだけ早くに取り除くようにしましょう。
サビの少ない段階であれば取り除くのが簡単ですし、スキレットの傷みも少なくて済みます。

サビを発生させないために重要になるのが、シーズニング

先程から何度も登場していますが、仕上げに食用油を塗るあの工程をシーズニングと言います。

油を塗り込んで油膜を作り、水分からスキレット守ってもらうのです。
この工程を正しく丁寧に行っていれば、サビの発生を防ぐことが出来ますよ。

スキレットを使用しない時の保管方法は?正しい保管でサビを予防

スキレットのお手入れを説明させて頂いたので、次は保管についてご紹介しましょう。

スキレットを毎日使うと言う方なら、フライパンなどと一緒に収納していても大丈夫です。

ただし、蓋付きスキレットの場合は、スキレットと蓋との間に菜箸などを挟むなどして、密閉されないように工夫してくださいね。

もしも、スキレットはあまり出番が無いというご家庭の場合には、1つずつ新聞紙に包んでからしまうのがおすすめです。

スキレットの天敵は湿気=水分ですから、新聞紙で守ることが出来ますよ。
どこに保管する場合でも、湿気が少ない場所であることは保管する上で重要なポイントになります。
頻繁に使っているご家庭でも、湿気の強い場所であればサビが発生する原因になってしまいます。