アパートの狭い部屋向けインテリアの選び方。1Kを広く見せるコツ

アパートでの一人暮らしで、1kの物件に暮らす方も多いと思います。コンパクトな1kの部屋を広く見せるためには、どのようにすれば広く感じられるのでしょうか?
そこで、狭い部屋を広く見せるためのインテリアの選び方や、配置などについてご紹介します。色の使い方や、視線の抜けを利用すると狭い空間でも、広く感じさせることができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のマーキングをやめさせる方法。原因としつけのポイント

室内で飼っている犬のマーキングは本当に困りものです。マーキングの臭いや、後始末に頭を悩ませている方も...

重曹の消臭剤なら靴にも家庭にも安心!作り方やおすすめを紹介

重曹を使って消臭剤を手作りすれば、靴の不快な臭いも簡単に取り除くことができます。では、重曹を使っ...

大人な女子におすすめなインテリアと、素敵な部屋づくりのコツ

女の子の部屋と聞くと、可愛らしかったり、ポップな雰囲気の部屋を思い浮かべる方も多いと思いますが、いつ...

ゴキブリ対策にアロマが有効!レモン成分のアロマの効果について

お家にゴキブリが発生したら、と考えただけでも嫌な気分がします。他の虫でも家の中に入り込むのは嫌なのに...

洗濯糊にはPVAが入っているかを確認!スライム作りの必需品

スライムはいつの時代の子どもたちにも人気!やっぱりあの感触がたまりませんよね。そんなスライム、実はお...

ゴキブリ対策に効果のあるハーブの種類と置き方のポイント

ゴキブリにお困りの方は多いと思いますが、ハーブがゴキブリ対策に良いと聞いたことはありませんか?本当に...

赤ちゃんの洋服タンスは必要?用意するメリット、タンスの選び方

赤ちゃんが産まれる前に、赤ちゃん専用の洋服タンスを買おうかどうしようか悩んでいませんか?お店...

毛玉の取り方!ポリエステルと綿の混合繊維は毛玉ができやすい

お気に入りの洋服に毛玉ができてしまうととっても悲しいものです。ポリエステルと綿の混合繊維は毛玉ができ...

重曹は足が臭い時にも臭い消しに使うことが出来ます

料理や掃除などに使える万能な重曹は、足の臭いニオイを取るのにも使えるのはご存知でしたでしょうか。...

メラミン食器は電子レンジで使用が可能?メラミンの特徴と注意点

メラミン食器は軽くて、落としても割れず使いやすですよね。そして可愛いデザインのものがたくさんあり、イ...

毛玉はニットの素材が原因?毛玉ができやすい素材と毛玉の対処法

ニットが毛玉だらけになってしまう原因に素材がありますが、毛玉の原因は素材以外にもあります。お気に...

合皮の劣化でベタベタ!対処法とトラブルを防ぐケアや保管方法

きちんと保管していた合皮バッグを出してみたら、劣化によって表面や内側がベタベタしているととても残念な...

重曹を使ってできる消臭剤の作り方について知りたい

重曹は、料理や掃除だけではなく、消臭剤としても使うことが出来ます。しかもその作り方もとっても簡単...

芳香剤スティックの手作りは簡単にできる!好きな香りを楽しもう

お部屋のインテリアとしてもおしゃれで人気な芳香剤のスティックであるリードディフューザー。このリー...

雑巾に名前が書きにくい時の対処法!色々なアイデアをご紹介

お子さんが学校に持っていく雑巾に名前を書こうと思っても、直接書くのは少し書きにくいものです。うまく名...

スポンサーリンク

1Kのアパートでインテリアを選ぶなら白めの家具がおすすめ

白っぽい色の範囲を大きく取る

薄い色や白を基調とした部屋にする。薄い色で広々と開放感のあるイメージにしましょう。

変えられない床やドア、壁が薄い色では無い場合でもこれからそろえる家具やファブリック等を明るい色にするだけで部屋の中が明るく広く見えます。

アースカラーでアクセント

変えることができないドアや壁なども白である場合、全部白にしてしまっては違和感が出てしまいます。他の色を取り入れる事でオシャレに見えて、さらに広く見えるものです。取り入れる色はアースカラーのような薄くなじみやすい色を入れてみてはいかがでしょうか?

薄い色は広く見えるがアクセントが欲しい時は濃い色をポイント使いする

ベースになる色は薄く広めに取って、挿し色になるカラーを使って部屋の中の雰囲気を締めましょう。あまりたくさん使ってしまうと統一感がなくなってしまうので目に入る範囲が小さなアイテムに色を使ってインテリアを楽しんでみましょう。

1Kの狭いアパートのインテリアの配置のコツ

家具の高さは低めにしましょう

たくさんの収納を考えて高さがある収納家具を揃えたくなるところですが、高さがある家具は圧迫間を感じてしまうためあまり高くない家具で高さを揃えましょう。

大物家具は簡潔な作りの物にしましょう

しっかりした枠のベッドやソファーはあこがれますが、それなりに大きくなってしまい1kのアパートを圧迫してしまいます。部屋の大きさに合わない大きさの家具は違和感さえ感じます。座ることを目的とした余計な機能がついていない簡潔なつくりのものにしましょう。

常に使わないものは収納できるものにしましょう

リビングのテーブルは友達が集まったときだけ使うようであれば収納できるタイプのものがおすすめです。テーブルはあれば使うのですがほかに代用できるスペースがあれば必要がないものです。生活スタイルを把握してから購入してもいいでしょう。

1Kのアパートでも視線の抜けを利用して広い空間に見せるためのインテリアの配置例

家具はすべて壁側に寄せて視界を開放的に

部屋に入った時に最初に見えるものが大きな家具だと奥行きを感じられません。視界が遠く先に行くように家具を配置しましょう。

照明はコンパクトな物を使う

上から下がっている大きなタイプの照明は空間を狭く見せてしまいます。天井からのおうとつが少ないシンプルなタイプを選びましょう。またぶら下げるタイプの照明を使ってもガラスで向こう側が見えるタイプは存在感がなく広く見せることができます。

ごちゃごちゃしているものは白い布で隠す

棚に入っている本や普段使うような小物がむき出しになっている場合は白っぽい雰囲気のあった布を使って隠してしまいましょう。布一枚かけるだけですっきり見えます。

ちょっとした仕切りを作る方法

布で仕切る

カーテン

寝室やプライベートルームを見せたくないときは布を使って簡易的な部屋を作ってしまいましょう。

幅が大きく取れる突っ張り棒を使うと壁や天井に穴を空けずに仕切りを作ることができます。突っ張り棒が落ちてきそうで安心しない時は壁と突っ張り棒の間に滑り止めシートを挟むと安心です。しっかりとした遮光性のあるカーテンを使うとお部屋が1つ増えたようにもなります。

のれん

遮光できるカーテンほどしっかりしなくてもと考えている場合はのれんはいかがでしょう?

突っ張り棒にくくりつける紐がついているものもあり、縛る位置を変えればスライドしやすくなったり動きづらくなったりサイズを変えられるため突っ張り棒の太さとの相性を細かく確認せず使うことができます。

シェルフ

収納と物を飾るを目的としているシェルフをし切りとして使いましょう。

部屋の雰囲気に合わせた色を用いると統一感が出てすっきり見えます。また開放感を出すには背板がなく反対側からも部屋の様子や奥行きを確認できるタイプを使うと部屋を広く見せることが出来ます。

狭いキッチンの収納を増やすアイデア

扉の裏に収納スペースを作る

シンクの下収納の扉は調理小物を収納するのに最適です。

扉の裏にかけられるフックを扉にかけ底にワイヤーネットやフックつきタオルかけを引っ掛けるだけで、おたまやフライ返しをかけることができます。

扉を締めるときにぶつかる音が気になる時は当たる部分に滑り止めシートを貼ると衝撃を吸収します。

またワイヤーネットに同素材のカゴを引っ掛けると小さな調味料やラップなど長さがあり幅が小さなものを収納することができます。

シンク下には棚を設けましょう

100均で積み重ねることができる格子状の棚があります。足をたたむことができ使わないときも場所を取らず収納することができます。

積み重ねる事で大きさの違う鍋やフライパンを収納するのに便利です。