メラミン食器は電子レンジで使用が可能?メラミンの特徴と注意点

メラミン食器は軽くて、落としても割れず使いやすですよね。そして可愛いデザインのものがたくさんあり、インテリアとして見せる収納をする方もいらっしゃいます。

そんな使い勝手の良いメラミン食器ですが、使用前に注意喚起の文章を確認したことがあるでしょうか。 文章には電子レンジ不可の文字がありますよね。

そこでなぜ、メラミン食器は電子レンジでの使用がNGなのか、その理由や安全性について紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

足の臭い対策に重曹を使ったお手入れ方法!気になる臭いに

女性でも気になる足の臭い。特に仕事で一日中靴を履いているお仕事の場合には、家に帰ってから靴を脱ぐと、...

花束は花瓶に輪ゴムのままで良し!楽しみ方や長持ちさせるコツ

貰った花束を花瓶に生けるとき、花をまとめている輪ゴムは外した方がいいのか悩みませんか?せっかくキレイ...

犬のマーキングをやめさせる方法。原因としつけのポイント

室内で飼っている犬のマーキングは本当に困りものです。マーキングの臭いや、後始末に頭を悩ませている方も...

ゴキブリ対策にアロマが有効!レモン成分のアロマの効果について

お家にゴキブリが発生したら、と考えただけでも嫌な気分がします。他の虫でも家の中に入り込むのは嫌なのに...

毛玉の正しい取り方。生地を傷めず簡単きれいに処理できる方法

お気に入りの服やニットにできた毛玉。おしゃれなデザインの服も毛玉が付いたまま着てしまうと、それだけで...

重曹を使ってできる消臭剤の作り方について知りたい

重曹は、料理や掃除だけではなく、消臭剤としても使うことが出来ます。しかもその作り方もとっても簡単...

ポリエステルの特徴は暑いだけではありません!速乾性はNO.1

ポリエステル素材の洋服は着ると暑いという特徴があるから夏には向かない…誰でもそう聞いたことがあるので...

押し花の作り方【クローバー】簡単な作り方と綺麗に保存する方法

偶然四つ葉のクローバーを見つけたら、何かハッピーなことが起こるのではないかと、心が弾むものです。クロ...

洗濯糊にはPVAが入っているかを確認!スライム作りの必需品

スライムはいつの時代の子どもたちにも人気!やっぱりあの感触がたまりませんよね。そんなスライム、実はお...

【雑巾の縫い方】ミシンで作る簡単タオル雑巾の作り方

幼稚園や学校で、新学期になると雑巾が必要というところも多いと思います。忙しくて雑巾は、いつも100均...

【毛玉の取り方】コートの毛玉の正しい処理方法と予防法

おしゃれなデザインのコートも毛玉だらけでは台無し。また、毛玉が付いたコートや服は、どうしてもだらしな...

上手と下手の由来!観客席から見た時の覚え方と色々な上手と下手

お芝居や音楽鑑賞に行く時、「上手」と「下手」という言葉を耳にすることがあります。この言葉の由来は一体...

生地の水通しが必要な理由や必要な生地と水通し方法を紹介

洋服などを手作りするときは、その生地を水通しする必要があると言われています。では、どうして生地の...

重曹のさまざまな使い方や活用術について知りたい

少し前まで重曹と言ったら、料理やお菓子作りに使うものという認識でしたが、今ではそれだけではなく、掃除...

ゴキブリ対策はハーブのアロマが効果的!厄介なゴキブリを撃退

キッチンにカサカサ動く黒い物体を発見!ゴキブリを見つけた瞬間に悲鳴を上げたくなる人もいるのではないで...

スポンサーリンク

電子レンジの使用は可能?メラミン食器について

メラミン素材の食器は色々な種類のものを目にする事が多くなってきました。陶器やガラスのものよりも慎重にならず使用する事ができ便利です。又色や柄が鮮やかなものが多く形だけではなく目でも楽しむ事ができます。

メラミンの食器は熱い温度のものに使う事も可能

熱い飲み物や、食べ物に使っても食器に熱が伝導せず持って移動するときにも安心して食器を移動する事ができます。

他の素材の食器と同じ様にお手入れ可能

食器を洗う際や、食器をしまうときなど同じように扱うことができます。特別な方法が必要なく使う事ができます。

割れづらい素材

高い場所から落としても割れずらく、小さなお子さんや持ちずらい状況でも安心して使う事ができます。

作った料理や飲み物を入れて使うにはとても便利で使いやすい食器です。

メラミン食器は電子レンジで加熱ができない理由

レンジで使う事はおすすめしません。

メラミンの食器に食べ物を入れてレンジにかけるときは中の食品よりもメラミン食器に熱を持ってしまいレンジから発せられる電磁波や熱によってメラミンの素材との相性が悪く、相まってしまう事で破損する可能性があるためレンジでの使用はできません。

レンジの温度や加熱時間によってはメラミンの食器の形が変わってしまったり、メラミン食器の一部が変色してしまう可能性があります。

メラミン食器に含まれる気になるホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドの人体への影響は一時期騒がれていました。家の建築の際に用いられて見直され慎重になっていると思われます。

メラミン食器にもホルムアルデヒドが使われており、電子レンジで加熱しないで使っている分には溶け出さず安心して使う事ができます。

メラミン食器自体が適正温度に保たれていればホルムアルデヒドが溶け出す心配がないため中に入れる食品や飲み物に慎重になる必要はありません。耐熱温度は100度までが多く記載されています。食器の裏の表示を確認してみましょう。

ホルムアルデヒドは普段生活していると知らず知らずのうちに触れている事はあります。空気中や食品にも含まれているものがあります。ただ体内に入っても排出される事が多いです。

メラミン食器を電子レンジでの使用はNG!しかし食洗機の使用はOK

食器洗浄機では高温のお湯や熱風をつかうためメラミン食器への影響も大きい?

  • 電子レンジと違う
    電子レンジの電磁波による溶け出し出はなく、メラミン食器に何度も摩擦が起こり劣化によりホルムアルデヒドが溶け出てしまう事が多いようです。ただメラミン食器の耐熱温度によっては食器洗浄機を使って洗う事ができるのでしっかりと確認しましょう。
  • 手で洗うときにも注意が必要
    食器洗い洗浄機を使わず、手で洗うときなども硬いスポンジやたわしなどは使わず優しく洗いあげる必要があります。丈夫な食器ですが金属のカトラリーで傷が付くとその部分からも劣化が始まってしまうため注意しましょう。

どんな食器も一長一短!用途に合わせて使用をしましょう

食器に使われている素材は色々ありますが、使い方や使う場所にあわせて使用する事で長く便利にしようする事ができるでしょう。

天然素材

アカシアなどの木製の食器や、竹素材の食器などがあります。持って使用すると肌なじみが良く温かく感じます。多少の衝撃では割れる事はありませんが木製のものは洗いかたによって表面のコーティングがはがれてしまい撥水が弱くなってしまいます。またその部分だけ色が変わってしまうため洗い方に注意が必要です。柔らかいスポンジを使用したり、拭くだけにすると長く使う事ができるでしょう。また湿気が多いところに長い時間保管しているとカビが生える事があるため乾燥も必要です。温度の変化により変形する事も在ります。

我が家では乾燥しているお菓子や個包装のお菓子を盛り付けて使っています。油を含んでいるものに使う場合はペーパーナプキンを敷いてから使っています。

メラミン素材

色の種類や形が豊富で、発色も良いため陶器などではない色の食器を使う事ができます。又衝撃に強いため持ち運びの時にも安心して移動する事ができます。洗い方によっては表面のコーティングがはがれやすくツヤがなくなる事があります。耐熱温度によっては使える事が限られるため確認が必要です。

あまり温度が高くない食品を入れるために使う事が多いです。冷たいデザートやお菓子、サラダ、冷たい飲み物などに使い食器に熱が伝わらないようにしています。

陶器

陶器の種類によってはオーブンで調理できるものがあります。メラミンや天然素材のものとは違い落としてしまうと欠けたり割れてしまうことがあります。また重さがあるため持ち運びには慎重になる必要があります。

食品の温度や素材を気にせず使っています。使用頻度が一番多い素材の食器です。

どの素材も優れているところや、使いにくいところがあります。使い方や使う頻度によって使い分ける事でそれぞれのよきところを知る事もできます。