防水スプレーは靴用を服に使うときの注意点や上手な活用法とは

防水スプレーは靴用のものを服にも使ってもいいのかと悩むことがありませんか?
家に何本も防水スプレーがあるのは邪魔なので、できれば使い回しができたらいいですね。

そこで、靴用の防水スプレーを服に使うときの注意点や防水スプレーの上手な活用などお伝えしていきましょう。

防水スプレーを使い回す際や使用するときに注意が必要なので、ぜひ参考に防水スプレーを便利に上手に使ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

梅干しの天日干し・夜の干し方と土用干しの方法を解説

土用の時期に梅干しを三日三晩干すことを土用干しといいます。梅を干すことで保存性を高くすることができる...

花束は花瓶に輪ゴムのままで良し!楽しみ方や長持ちさせるコツ

貰った花束を花瓶に生けるとき、花をまとめている輪ゴムは外した方がいいのか悩みませんか?せっかくキレイ...

カサブランカの花粉は厄介?服について花粉の簡単な落とし方

ゆりの花は大きくてとっても華やかです。中でもカサブランカは一層存在感があり、お家に飾ると雰囲気まで変...

箱の作り方はとても簡単!折り紙やパンフレットを使ってトライ

よく折り紙やチラシなどを使って箱を作っている人がいますが、いざ作ってみようと思ってもできないことはあ...

不要になった服は引き取りが一番?いろいろな処分方法をご紹介

引っ越しや転勤などで不要になった服を処分したい場合、一番ラクなのは「引き取り」という方法でしょう。...

犬のマーキングをやめさせる方法。原因としつけのポイント

室内で飼っている犬のマーキングは本当に困りものです。マーキングの臭いや、後始末に頭を悩ませている方も...

アパートの狭い部屋向けインテリアの選び方。1Kを広く見せるコツ

アパートでの一人暮らしで、1kの物件に暮らす方も多いと思います。コンパクトな1kの部屋を広く見せるた...

染み抜きに効果的なベンジンの使い方とポイント、色落ちに注意

染み抜きとしてベンジンがよく使われますが、基本の使い方やポイントについてはよくわかってない方も多いは...

毛玉はニットの素材が原因?毛玉ができやすい素材と毛玉の対処法

ニットが毛玉だらけになってしまう原因に素材がありますが、毛玉の原因は素材以外にもあります。お気に...

毛玉の取り方!ポリエステルと綿の混合繊維は毛玉ができやすい

お気に入りの洋服に毛玉ができてしまうととっても悲しいものです。ポリエステルと綿の混合繊維は毛玉ができ...

【雑巾の縫い方】ミシンで作る簡単タオル雑巾の作り方

幼稚園や学校で、新学期になると雑巾が必要というところも多いと思います。忙しくて雑巾は、いつも100均...

大人な女子におすすめなインテリアと、素敵な部屋づくりのコツ

女の子の部屋と聞くと、可愛らしかったり、ポップな雰囲気の部屋を思い浮かべる方も多いと思いますが、いつ...

重曹のさまざまな使い方や活用術について知りたい

少し前まで重曹と言ったら、料理やお菓子作りに使うものという認識でしたが、今ではそれだけではなく、掃除...

アパートにおすすめ。素敵なインテリアキッチンのアイディア色々

賃貸のアパートのキッチンは飾りようがないと諦めないでください。アパートのキッチンはスペースがない...

ゴキブリ対策に効果のあるハーブの種類と置き方のポイント

ゴキブリにお困りの方は多いと思いますが、ハーブがゴキブリ対策に良いと聞いたことはありませんか?本当に...

スポンサーリンク

靴用の防水スプレーを服に使うと臭いが気になる場合がある

防防水スプレーって、何にでも使えると思ってはいませんか。

実は様々な種類があるのをご存知でしょうか。革製品用もあれば、スエード用、布製品用、靴用、洋服用、アウトドアのテント用なんかも存在します。

例えば、今は、靴用の防水スプレーしかないというお宅もあるかもしれませんね。

しかし、洋服にどうしても防水したい、白いパンツを雨水で濡らしたくない、泥がつくのが嫌だなんて人もいるかもしれません。

折角靴用の防水スプレーが、家にあるのであれば、それを使用するえばいいのではないかと考えるのが常だと思います。靴用のスプレーは洋服に使っても大丈夫なのでしょうか。実は、衣類に使えるもの、使えないものがあります。

衣類用の防水スプレーのほとんどが、フッ素系です。

フッ素系の他に、どんな防水スプレーがあるのかといえば、基本的には2種類あり、もう一種類はシリコン系の防水スプレーになります。

早速、フッ素系の防水スプレーの説明をします。フッ素系の防水スプレーは、衣類の繊維を一本ずつ、細かくコーティングしてくれます。よって衣類の通気性が保たれます。大変のものには使えます。特に通気性の必要な洋服にはぴったりです。

水だけでなく油も弾いてくれるフッ素系の防水スプレー。ただし、摩擦などですぐに落ちてしまうので細かくかけることが大切になります。

一方、シリコン系はどうでしょうか。フッ素系よりも安価で販売されているため、値段でこちらを選んでしまっているという人もいるかも知れませんね。実は、違いは価格だけではありません。
繊維の表面に、水を弾く膜をつくうることで、コーティングします。よって、摩擦や汚れでによって落ちることは少ないとしても、生地自体を固くしてしまうので、通気性は良くありません。シリコン系が使えない素材も存在します。

よって、靴用でも、フッ素系の防水スプレーであれば、洋服に使用しても良いでしょう。しかし、若干臭いが気になるという人もいるかもしれません。できれば、洋服には洋服用の防水スプレーを使うほうが無難なのです。

服に使うなら靴用ではなく専用の防水スプレーがおすすめ

靴用の防水スプレーの内、フッ素系であれば、さほど洋服に使用しても問題ないと言えますが、できれば、洋服には洋服用の防水スプレー、靴には靴用の防水スプレーを使うほうが無難かもしれません。

確かに成分は同じかもしれません。フッ素系であれば、洋服に使ってもさほど問題はないでしょう。

しかし、靴用は靴に合うように、粒子が細かい事が多いため、衣類に使ってしまうと、防水スプレーの臭いが衣類に染み込んでしまいます。
臭いが染み込むと、不快な臭いに悩まされたまま服を身に着けなければいけない、周りの人にも不快感を与え兼ねません。

しかし、シリコン系の防水スプレーは、レインウエアーなどナイロンのアウターにはぴったりです。
どの洋服には、どの防水スプレーが合うかもそれぞれなので、用途や洋服に合わせて使い分けたり、選んだりすることが大切になります。

靴用防水スプレーを服に使うときは素材を確認すること

今すぐ服を防水したい、しかし、家には靴用の防水スプレーしかないというときは、やむを得ず靴用の防水スプレーを使用しても、さほど問題はありません。しかしです。先程も述べたように、使用する素材にはくれぐれも注意が必要です。
スエードやシープスキンやピッグスキンには適さない防水スプレーも存在します。

誤って使用してしまってからでは、遅いので、くれぐれも、パッケージに記載されている注意事項や使用できる素材を確認しておくことです。

バッグであれば、靴用のスプレーでも問題ないでしょう。しかし通気性を必要とする服に使うと、蒸れるということも考えられます。使わないべきです。

防水スプレーを使用するときに気をつけたい注意点

防水スプレーを使用する際には、あなたはどこで行っていますか。屋外で行っているから大丈夫なんて思ってはいませんか。

屋内は勿論のこと、屋外で行う場合でも、風向きのせいで、誤って吸い込んでしまい健康被害がでてしまうことも考えられます。

防水スプレーの使う前に、誤って吸い込むことのないようマスク着用してください。

また、換気が十分にされていること、周囲に人がいないことを確認しましょう。できれば、玄関先やベランダなどの屋外で行いましょう。

防水スプレーの製品表示や使用上の注意を良く読むことも大切です。

変色の恐れがある場合は、一度めだたない部分で確認してから、使用すると良いでしょう。

衣類に使う以外にも、バックや靴に使う際も同様です。しっかり防水するためには、かなりの量を必要とします。一気にかけるのではなく、少しずつかけ、吸い込みを防ぐように心がけましょう。

防水スプレーを上手に活用して汚れからも守りましょう

防水スプレーの効果を最大限に発揮するには、はやり掛ける前の手入れも需要になります。

汚れはしっかかりと落とすことは大前提です。汚れがついたまま防水スプレーをかけてしまうと、汚れも一緒にコーティングしてしまうことになります。

そして、使用する際は、全体に均一にかけること、できれば一度ではなくて、何度も重ねてかけることをおすすめします。
重ねて使用する場合は、しっかりと乾いてから、防水スプレーをかけましょう。乾かすことで、その防水効果UPすることができるのです。

しっかりと乾かなければ、防水スプレーは効果を発揮しません。

出かける直前にスプレーして、すぐに外出した際、すぐに汚れたり、雨に当たれば、濡れてしまうこともあるのです。

防水スプレーをしたのに、全然撥水しないと思ったあなた。それは防水スプレーが乾いていないからかも知れませんよ。

防水スプレーは、その使用する素材ごとに専用のものを使うに越したことはありません。でも種類ごとに、買い揃えるのは非常に面倒なこと。

そんなときは、ぜひオールマイティに使用できる防水スプレーを使ってみてください。

ただし、そんなオールマイティな防水スプレーにも、使えない物もあるので、必ず裏面や側面の注意事項や製品表示を確認しましょう。
必要あらば、専用の防水スプレーを購入するというのが、無難な選択肢と言えます。