カサブランカの花粉は厄介?服について花粉の簡単な落とし方

ゆりの花は大きくてとっても華やかです。中でもカサブランカは一層存在感があり、お家に飾ると雰囲気まで変わるように感じます。

しかしカサブランカやゆりを飾った際に、花粉に困ったことはないでしょうか。知らず知らずのうちに床やカーペットに花粉が落ちていたり、時には洋服についてしまうことも。
実はカサブランカの花粉は厄介なことでも知られており、落とし方にはコツや注意点が存在します。ここではカサブランカの花粉の落とし方や、絶対にやってはいけないNGな方法についてもご紹介をしています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴキブリ対策はハーブのアロマが効果的!厄介なゴキブリを撃退

キッチンにカサカサ動く黒い物体を発見!ゴキブリを見つけた瞬間に悲鳴を上げたくなる人もいるのではないで...

芳香剤スティックの手作りは簡単にできる!好きな香りを楽しもう

お部屋のインテリアとしてもおしゃれで人気な芳香剤のスティックであるリードディフューザー。このリー...

重曹の消臭効果で靴の臭いをスッキリ消臭!消臭方法を解説

靴の臭いに頭を悩ませている人もいますよね。そんな人におすすめなのが、重曹を使って靴の消臭をする方法で...

生地の水通しが必要な理由や必要な生地と水通し方法を紹介

洋服などを手作りするときは、その生地を水通しする必要があると言われています。では、どうして生地の...

毛玉の正しい取り方。生地を傷めず簡単きれいに処理できる方法

お気に入りの服やニットにできた毛玉。おしゃれなデザインの服も毛玉が付いたまま着てしまうと、それだけで...

クエン酸と重曹を混ぜることで得られる効果や活用法とは

クエン酸と重曹はそれぞれ掃除や洗濯などに使えることはみなさんご存知だと思います。それぞれ違った性...

毛玉の取り方!ポリエステルと綿の混合繊維は毛玉ができやすい

お気に入りの洋服に毛玉ができてしまうととっても悲しいものです。ポリエステルと綿の混合繊維は毛玉ができ...

大人な女子におすすめなインテリアと、素敵な部屋づくりのコツ

女の子の部屋と聞くと、可愛らしかったり、ポップな雰囲気の部屋を思い浮かべる方も多いと思いますが、いつ...

メラミン食器は電子レンジで使用が可能?メラミンの特徴と注意点

メラミン食器は軽くて、落としても割れず使いやすですよね。そして可愛いデザインのものがたくさんあり、イ...

【雑巾の縫い方】ミシンで作る簡単タオル雑巾の作り方

幼稚園や学校で、新学期になると雑巾が必要というところも多いと思います。忙しくて雑巾は、いつも100均...

押し花の作り方【クローバー】簡単な作り方と綺麗に保存する方法

偶然四つ葉のクローバーを見つけたら、何かハッピーなことが起こるのではないかと、心が弾むものです。クロ...

バラ100本もらった場合の保存方法とは?重さや値段も教えます

バラ100本もらった人の体験談などがテレビで放送されると、どうやって保存しているのだろうと疑問に思う...

上手と下手の由来!観客席から見た時の覚え方と色々な上手と下手

お芝居や音楽鑑賞に行く時、「上手」と「下手」という言葉を耳にすることがあります。この言葉の由来は一体...

花束は花瓶に輪ゴムのままで良し!楽しみ方や長持ちさせるコツ

貰った花束を花瓶に生けるとき、花をまとめている輪ゴムは外した方がいいのか悩みませんか?せっかくキレイ...

ポリエステルの特徴は暑いだけではありません!速乾性はNO.1

ポリエステル素材の洋服は着ると暑いという特徴があるから夏には向かない…誰でもそう聞いたことがあるので...

スポンサーリンク

カサブランカの花粉が洋服についたら?最も簡単な落とし方とは

カサブランカの花が開き、花粉が洋服についてしまうことがあります。慌てて手で払ってみても、キレイに払い落とすことはできません。

カサブランカの花粉は粘着性があるため、洋服や絨毯などについてしまうと落とすのが難しくなります。

花粉を手っ取り早く落とすのに便利なのがガムテープ

カサブランカを飾った時はガムテープも用意しておくと安心です。

ガムテープのベタベタする方を花粉の上にそっとあて、花粉だけをガムテープにくっつけて取り除きます。

ガムテープを押し付けてしまうと繊維の中に花粉が入り込み、シミになってしまいます。シミになると落とすのが難しいため、そっと花粉にあてるようにしてください。ガムテープは花粉が少しでもついた面は使わないようにし、必ず花粉のついていない新しい部分を使います。

カサブランカの花粉、掃除機を使った落とし方について

カサブランカの花粉は掃除機で吸い取ることもできます。

掃除機はカーペットに使う場合でも先端のノズルを外し、ホースだけにして使います。余裕があればホースに布をかぶせて輪ゴムで固定して使うのもおすすめです。

取り付けた布を花粉に軽く押し当てるようにして使います。

掃除機で花粉を吸い取る

掃除機のパワーは最初は弱めで使ってみてください。弱だとキレイに吸い取ることができない場合は強にしてみます。洋服の生地の場合は掃除機をあてることで少なからずダメージを与えてしまいますので、大切な衣類には気をつけてくださいね。

掃除機もハンディタイプのコンパクトな掃除機なら、カサブランカの花粉にも気軽に使うことができますよね。キャニスターのあるタイプなど大きめの掃除機でもヘッドを取って使うことができますし、吸引力が強いので花粉をキレイに吸い取ることができますよ。

カサブランカの花粉の落とし方で最もNGな方法

花粉が洋服についてしまったり、絨毯の上に落ちているのを見たら手でパンパンと払って落としますよね。

花粉がついたばかりで繊維の中に入り込む前なら、払って落とすことができそうです。

カサブランカをはじめ「ゆり」の花粉は粘着性がありベタベタしている

手で払っても花粉を落とすことはできず、花粉のシミを更に広げてしまうことになります。また、手の油分や汗によって、花粉をより繊維の中に入り込ませてしまう可能性もあります。

カサブランカの花粉を水拭きして落とそうとしても、なかなか落とすことができないどころか、更に汚れを広げてしまう場合がありますので注意が必要です。水を使うことで花粉が繊維の中に入りこんでしまうのためです。

水洗いしたり水の中で擦って落とそうとすることはしないように気をつけてください。

カサブランカの花粉付着の防止方法

カサブランカをつぼみの状態で飾ったときは、開きはじめた時にすぐに花粉を取り除いておきましょう。とり方はとても簡単です。

雄しべを指でつまんでそのまま引っ張れば、スルッと簡単に取り除くことができる

花びらが開いてしまうと、花粉を取るときに飛散して花びらを汚してしまったり、カーペットや洋服に花粉がついてしまう場合があります。カサブランカを飾ったときは毎日状態をチェックし、花びらが開きはじめるタイミングを逃さないで雄しべを取り除いてください。

雌しべも同様に取り除いておくのをおすすめします。

雌しべには蜜が含まれていますので、アリが寄ってきたり蜜が垂れて下に落ちてしまうことがあります。雌しべも取り除いておくと安心です。

花が開いたカサブランカを購入するときは、雄しべがついているかどうかを確認しておきましょう。花屋さんによっては雄しべを取り除いた状態で売られているところも多くあります。雄しべがついたままなら、購入するときに雄しべを取ってもらうようにお願いしてみましょう。

染み抜き剤を使用して花粉を取り除く方法

カサブランカの花粉がシミになってしまったときは、水洗いをしても簡単に落とすことはできません。しみ抜き剤を使って落とす方法がありますのでご紹介します。

まずは掃除機

ヘッドを外し、ホースの先端に布をかぶせて輪ゴムで固定してください。花粉のシミの上から掃除機で表面の花粉を吸い取ります。弱で使ってみて、生地の状態を見ながら強にして使ってみてください。

次に使うのがベンジン

ベンジンは薬局やホームセンターなので購入することができます。
まず、花粉がついた生地の下にタオルを置いてください。

このタオルに花粉のシミを移すようにしますので、ボロボロのタオルや使い古しの布を重ねて使うと良いでしょう。布の下に敷くタオルの他に、ベンジンを染み込ませるための布も用意してください。

生地の下にタオルを敷いたら、布にベンジンを染み込ませ、花粉の上から軽く叩いていきます。トントンと叩いて花粉のシミを下のタオルに移していきます。シミがなくなるまで続けてみてください。

ベンジンを使っても上手に落とせない場合もあります。カサブランカの花粉は生地についてしまうと厄介なので、大切な洋服はクリーニングに出すことをおすすめします。クリーニング店に持って行く際は、花粉が生地の他の部分に広がらないよう気をつけてくださいね。