芳香剤スティックが匂わない原因と対処法!使用期間の目安を解説

自宅に芳香剤を置いてスティックいい香りを楽しもうと思っていたのに、なぜか芳香剤スティックが匂わないことがあります。

せっかく香りを楽しもうと思って置いても、匂わないとなんの効果もありません。

芳香剤スティックを置いてもいい香りがしないのは、一体どんなことが原因になっているのでしょうか。その原因と対処法についてチェックしてみましょう。

芳香剤スティックを正しく使うことで、お部屋の中に自分の好きないい香りを漂わせることができます。

使用方法や使用期間を知って、上手に活用してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションのキッチンが狭い!収納や作業スペースを確保するコツ

お住まいのマンションのキッチンが狭く、収納や作業スペースの確保に困っている人もいるのではないでしょう...

生地の水通しが必要な理由や必要な生地と水通し方法を紹介

洋服などを手作りするときは、その生地を水通しする必要があると言われています。では、どうして生地の...

大人な女子におすすめなインテリアと、素敵な部屋づくりのコツ

女の子の部屋と聞くと、可愛らしかったり、ポップな雰囲気の部屋を思い浮かべる方も多いと思いますが、いつ...

重曹の消臭効果で靴の臭いをスッキリ消臭!消臭方法を解説

靴の臭いに頭を悩ませている人もいますよね。そんな人におすすめなのが、重曹を使って靴の消臭をする方法で...

洗濯糊にはPVAが入っているかを確認!スライム作りの必需品

スライムはいつの時代の子どもたちにも人気!やっぱりあの感触がたまりませんよね。そんなスライム、実はお...

アパートにおすすめ。素敵なインテリアキッチンのアイディア色々

賃貸のアパートのキッチンは飾りようがないと諦めないでください。アパートのキッチンはスペースがない...

防水スプレーは靴用を服に使うときの注意点や上手な活用法とは

防水スプレーは靴用のものを服にも使ってもいいのかと悩むことがありませんか?家に何本も防水スプレー...

重曹のさまざまな使い方や活用術について知りたい

少し前まで重曹と言ったら、料理やお菓子作りに使うものという認識でしたが、今ではそれだけではなく、掃除...

上手と下手の由来!観客席から見た時の覚え方と色々な上手と下手

お芝居や音楽鑑賞に行く時、「上手」と「下手」という言葉を耳にすることがあります。この言葉の由来は一体...

ポリエステルの特徴は暑いだけではありません!速乾性はNO.1

ポリエステル素材の洋服は着ると暑いという特徴があるから夏には向かない…誰でもそう聞いたことがあるので...

ゴキブリ対策にアロマが有効!レモン成分のアロマの効果について

お家にゴキブリが発生したら、と考えただけでも嫌な気分がします。他の虫でも家の中に入り込むのは嫌なのに...

【雑巾の縫い方】ミシンで作る簡単タオル雑巾の作り方

幼稚園や学校で、新学期になると雑巾が必要というところも多いと思います。忙しくて雑巾は、いつも100均...

雑巾に名前が書きにくい時の対処法!色々なアイデアをご紹介

お子さんが学校に持っていく雑巾に名前を書こうと思っても、直接書くのは少し書きにくいものです。うまく名...

合皮の劣化でベタベタ!対処法とトラブルを防ぐケアや保管方法

きちんと保管していた合皮バッグを出してみたら、劣化によって表面や内側がベタベタしているととても残念な...

不要になった服は引き取りが一番?いろいろな処分方法をご紹介

引っ越しや転勤などで不要になった服を処分したい場合、一番ラクなのは「引き取り」という方法でしょう。...

スポンサーリンク

芳香剤スティックが匂わない原因は?スティックをチェックしてみよう

瓶に香りのオイルを入れてその香りをスティックを使って吸い上げて部屋の中に芳香する芳香剤はオイルが入っている瓶をお部屋の雰囲気に合わせる事ができるほどの種類があり、また香らせるオイルにも色々な香りが出ていてオシャレにお部屋の中を香らせることができます。

使い始めよりも香りの強さが変わったり、香らなくなった場合はスティックにも原因がある場合があります。

スティックはどのくらいの期間使っているでしょうか?

あまり長く使っているともう十分に吸い上げてスティックが湿っている状態が長い場合は吸い上げる力が弱くなって芳香しなくなります。乾燥しているものほど吸い上げる力が強く吸い上げたオイルを蒸発させる力があるためスティックを見直してみましょう。

気候や室温にもよりますが乾燥が多い時期だと半年くらい、湿気が多いと1年くらいは芳香が可能ですが、その期間が過ぎると弱まってくるでしょう。

オイルの状態は?芳香剤スティックが匂わないときはオイルの状態を確認

瓶の中のオイルを確認してみましょう。
オイルの粘性が強いものだとスティックがオイルを吸い上げる事ができません。そのままの状態で時間が経ってしまうとスティックからの吸い上げと、隙間からの蒸発で最初サラサラしていたオイルが固まってきてしまいます。サラサラの状態では吸い上げやすく香りを拡散する事ができます。中のオイルの状況を確認しましょう。

粘性が強く濃度の濃い状態で残ってしまった油分が強いオイルは水を足しただけでは混ざりあわず、水と油分の層ができてしまいます。香りはまたしてきますが長時間の芳香は期待できません。油分との混ざりが良い無水エタノールを使用すると復活します。

無水エタノールは揮発性のため蒸発が早いので、沢山の量入れずに少量だけ入れて薄めて、新し物を購入するまでのつなぎと考えると良いでしょう。

芳香剤がスティックが匂わない!芳香剤を置く場所や環境について

芳香剤を置く高さ

芳香剤を置く場所はどのくらいの高さになっているでしょうか?温かい空気が上に行く事を利用して香りを感じる鼻よりも下の位置に置くと香りを感じる事ができます。鼻よりも上の部分に置いてしまうと、風の流れがない限り下に香りが下がってくることはありません。香りを常に感じたいときは鼻より下にして受け付けない時は上のほうに置くと快適に過ごすことができるでしょう。

広範囲に香らせる

芳香剤を使用して部屋のドアを閉めきってしまうと、洗濯した柔軟剤の香りや食べ物の香り湿気などが相まってしまいます。各々では良い香りと感じているものでも全部が合わさる事で良い香りにはなりません。空気の流れを作って香りを拡散させましょう。

日が当たる場所での使用は揮発が早いです。

窓辺や日当たりが良い場所では中の芳香剤の蒸発が早く、思っているよりも減りが早いです。減っているだけではなくとろみが付いてしまうと吸い上げが悪くなるのでたまに振って確認しましょう。

芳香剤スティックが匂わない時の対処法

スティックの吸い上げる方向を変えてみる。

同じ方向だけで吸い上げていると先にオイルが固まってしまい吸い上げが弱まる事があります。上下を変えてみましょう。変える前にアルコール除菌ができる清潔なウェットティッシュを使って今まで浸かっていた部分を拭くと固まっていたオイルを除去でき、芳香しやすくなるでしょう。

瓶をふって見る。

瓶の中にオイルが残っている場合は軽く振って中のオイルの成分を均等にしましょう。沈殿している場合はふる事で満遍なく香り成分が瓶の中に漂うでしょう。沢山入っている場合は飛び出して来ないようにそっと左右する程度でも変わってくるでしょう。

置く場所を変えてみる。

香りに鼻がなれてしまっている事があります。又部屋の中の風の流れがない場所においているのかもしれません。一度芳香剤の場所を変えて確かめてみましょう。

それでも香りが弱く感じたら新しいものを購入しましょう。時間が経つとスティック自体も新しいものに比べてオイルの吸い上げが悪くなり芳香する力も弱まってしまいます。

芳香剤スティックのサイズ別・使用期間の目安

芳香剤スティックには色々なサイズの物があります。使用方法や使う季節によって香りの強さが感じられる期間は変わってきますが大き目の500ミリリットルのものだと6ヶ月は継続して使用することができます。

季節や気分によって香りを変えたいと考えている時は少量タイプの60ミリリットルいりは30日ほど楽しむ事ができます。

又それよりも多い100ミリリットル、200ミリリットルは1ヶ月から3ヶ月まで楽しむ事ができ、入れるオイルの量や使うスティックの本数を変える事で使用できる期間は変わってきます。

大きなタイプのものを購入しても、スティックの本数を加減すると使う部屋にあわせる事ができます。色々な香りがあるため少量タイプで自分の好きな香りを探ってみるのも良いでしょう。