不要になった服は引き取りが一番?いろいろな処分方法をご紹介

引っ越しや転勤などで不要になった服を処分したい場合、一番ラクなのは「引き取り」という方法でしょう。

しかし、不要な服の処分方法はたくさんあります。その中から自分に合った方法を見つけてみませんか。

今回は、不要になった服の処分方法について説明します。「引き取り」ではなく「宅配買取」でリサイクルすることがおすすめです。

また、買い取ってもらいたいという希望がある場合は、不要になった服を少しでもきれいな状態にしておくことがコツです。参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ワーママの手帳の使い方の工夫!忙しい毎日を充実させるコツ

毎日仕事と育児を両立するワーママにとってスケジュール管理は必須。そんなワーママでも、手帳の使い方...

雑巾に名前が書きにくい時の対処法!色々なアイデアをご紹介

お子さんが学校に持っていく雑巾に名前を書こうと思っても、直接書くのは少し書きにくいものです。うまく名...

芳香剤スティックの手作りは簡単にできる!好きな香りを楽しもう

お部屋のインテリアとしてもおしゃれで人気な芳香剤のスティックであるリードディフューザー。このリー...

防水スプレーは靴用を服に使うときの注意点や上手な活用法とは

防水スプレーは靴用のものを服にも使ってもいいのかと悩むことがありませんか?家に何本も防水スプレー...

足の臭い対策に重曹を使ったお手入れ方法!気になる臭いに

女性でも気になる足の臭い。特に仕事で一日中靴を履いているお仕事の場合には、家に帰ってから靴を脱ぐと、...

バラ100本もらった場合の保存方法とは?重さや値段も教えます

バラ100本もらった人の体験談などがテレビで放送されると、どうやって保存しているのだろうと疑問に思う...

重曹の消臭効果で靴の臭いをスッキリ消臭!消臭方法を解説

靴の臭いに頭を悩ませている人もいますよね。そんな人におすすめなのが、重曹を使って靴の消臭をする方法で...

墨汁で染色!布を家にある墨汁で黒くする方法と注意点

墨汁が洋服につくと、取れなくなって困ってしまうこと。ありますよね~。特に子供が学校で付けてきた墨汁の...

花束は花瓶に輪ゴムのままで良し!楽しみ方や長持ちさせるコツ

貰った花束を花瓶に生けるとき、花をまとめている輪ゴムは外した方がいいのか悩みませんか?せっかくキレイ...

梅干しの天日干し・夜の干し方と土用干しの方法を解説

土用の時期に梅干しを三日三晩干すことを土用干しといいます。梅を干すことで保存性を高くすることができる...

クエン酸と重曹を混ぜることで得られる効果や活用法とは

クエン酸と重曹はそれぞれ掃除や洗濯などに使えることはみなさんご存知だと思います。それぞれ違った性...

ゴキブリ対策に効果のあるハーブの種類と置き方のポイント

ゴキブリにお困りの方は多いと思いますが、ハーブがゴキブリ対策に良いと聞いたことはありませんか?本当に...

生地の水通しが必要な理由や必要な生地と水通し方法を紹介

洋服などを手作りするときは、その生地を水通しする必要があると言われています。では、どうして生地の...

赤ちゃんの洋服タンスは必要?用意するメリット、タンスの選び方

赤ちゃんが産まれる前に、赤ちゃん専用の洋服タンスを買おうかどうしようか悩んでいませんか?お店...

重曹の消臭剤なら靴にも家庭にも安心!作り方やおすすめを紹介

重曹を使って消臭剤を手作りすれば、靴の不快な臭いも簡単に取り除くことができます。では、重曹を使っ...

スポンサーリンク

不要になった服は引き取りしてもらうのが一番?処分方法をご紹介

自分の不要になった服。家族の不要になった服。けっこう増えて、これからどう処分しましょう。どこかに引き取りをお願いするのが、一番なのか、それとももっと良い処分方法があるのか。アイディアが欲しいですよね?

引き取りというよりは、買取サービスを利用した方が良い

恐らく、あなたのリクエストに最も合った方法は、引き取りではなく、買取サービスになると思います。引き取りというサービスはあまり見受けられませんが、古着など査定して鑑定してくれるサービスはあります。

買う側の会社の基準に合っていれば、そこで買取というシステムになっています。それぞれの会社で方法も違うかもしれませんが、リサーチして、査定をして値段だけでも調べてもらいましょう。

不要な服をメーカーで処分してもらうという方法もあります

会社によって、サービスを提供している、していないの違いが出るとは思いますが、あなたが買ったお洋服のメーカーが、着なくなったお洋服を処分してくれるサービスを提供している場合もあります。あるのなら、是非使用するべきです。

デパートに行ったら、「回収ボックス」なんて不要になったお洋服を処分してくれるボックスがあったりします。不要になったお洋服を処分してくれるんですね。それを利用して、あなたや家族の分の不要なお洋服を処分するという手もあります。

一種の引き取りと言えば引き取りになるとは思います。買取ではないので、料金は発生しないと思いますが、あなたが着なくなった服、不要になった服を処分することはできます。

不要な服を少しでも高く買い取ってもらうためのコツ

処分するというよりは、ちょっとでも収入が欲しいので、やはり買取みたいな方法にこだわりたい。あなたのその気持ちわかります。例え数百円でもいいので、古着として売りたい方も、世の中には沢山いますから。

上記でも説明した通り、買取のサービスも探せばあります。ですので、買う会社の基準を満たしていれば、あなたの不要になったお洋服もちょっとした小遣い稼ぎにはなります。

買い取ってもらいたいなら、不要になった服の「質」が大事

まず、ブランド品は割と高くなります。そして、綺麗な状態で売ること。クリーニングでさえ、出すのが嫌なのであれば、売る前に洗濯をする、プラス、自分でアイロンをかけるなどしましょう。

また、量も多い方が有利です。少ないと安くなりがちで、多いと高くなる傾向があるようです。ある程度の量になったら、売る、また、不要になった服でも、「これからの季節、これは着るぞ」と思われるものを売ると、高値になりやすいです。

不要になった服は引き取りではなく寄付するという手段も

私はあまりお金にはこだわっていなくて、どちらかというと、不要になった服を、服が必要な方に着てほしい。そんな一種の奉仕精神をお持ちの方は、「不要になった服を寄付する」方法がより適切だと思います。

普段から、ボランティアに興味がある方なんかは、買取より、寄付という方法の方があっているかもしれませんね。

不要になった洋服を他の方に寄付してくれる団体はあります。

日頃から人のために何かやりたい方、困っている方を助けたい方は、不要になった服、寄付をするべきです。

不要な服は、引き取りではなく送ってリサイクルしましょう

あなたがもう着ない、不要になった服を、国内にこだわらず、国外の恵まれない子どもたちに寄付してくれる団体に寄付をする、リサイクルで、子供を助けるなんて方法で処分もできます。

ネットで検索すると、色んな会社が出てきます。中には、上記で紹介した通り、あなたがもう着ない服を国外にいる経済的に困難な子どもたちの手元に届けてくれる会社もあります。

やり方も割と簡単で、申込みをすると、会社からダンボールが送られ、それに不要になった洋服を入れて送ればいいだけです。恐らく全てが無料です。そんな形であなたの不要になった服を処分することもできます。

迷っているのなら、ダンボールに詰め込んで、会社に送り、恵まれない子どもたちに着てもらう。これも素敵なアイディアです。あなたが手元にある服を着たくても着れない方々は世の中に沢山いますから。素敵な処分方法だと思います。

不要になった服は、引き取りというより、買取、もしくは、寄付で処分すべきです。まれに、アパートでゴミ置き場に捨てる方もいますが、それよりは、寄付する方が圧倒的に経済的に貧困な方々を助けることができます。あなたが着ない服、不要になった服も、誰かが着ることができます。メーカーがおいてある回収ボックスに入れたり、リサイクルに足て、無駄がないようにして下さい。