ゴキブリ対策はハーブを植えると効果的!おすすめハーブと活用法

家の中に発生すると嫌な害虫の代表格がゴキブリです。ゴキブリを発生させないために、色々なゴキブリ対策をしている人もいるのではないでしょうか。

ゴキブリ対策をするときは、ハーブを植えると効果的です。その理由と効果のあるハーブを知って、嫌なゴキブリを寄せ付けないようにしましょう。

ですが、ハーブの中にはゴキブリが好むものもあります。こちらについてもしっかりとチェックして、ゴキブリの侵入を予防しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯糊にはPVAが入っているかを確認!スライム作りの必需品

スライムはいつの時代の子どもたちにも人気!やっぱりあの感触がたまりませんよね。そんなスライム、実はお...

不要になった服は引き取りが一番?いろいろな処分方法をご紹介

引っ越しや転勤などで不要になった服を処分したい場合、一番ラクなのは「引き取り」という方法でしょう。...

毛玉はニットの素材が原因?毛玉ができやすい素材と毛玉の対処法

ニットが毛玉だらけになってしまう原因に素材がありますが、毛玉の原因は素材以外にもあります。お気に...

梅干しの天日干し・夜の干し方と土用干しの方法を解説

土用の時期に梅干しを三日三晩干すことを土用干しといいます。梅を干すことで保存性を高くすることができる...

ゴキブリ対策に効果のあるハーブの種類と置き方のポイント

ゴキブリにお困りの方は多いと思いますが、ハーブがゴキブリ対策に良いと聞いたことはありませんか?本当に...

ワーママの手帳の使い方の工夫!忙しい毎日を充実させるコツ

毎日仕事と育児を両立するワーママにとってスケジュール管理は必須。そんなワーママでも、手帳の使い方...

防水スプレーは靴用を服に使うときの注意点や上手な活用法とは

防水スプレーは靴用のものを服にも使ってもいいのかと悩むことがありませんか?家に何本も防水スプレー...

重曹のさまざまな使い方や活用術について知りたい

少し前まで重曹と言ったら、料理やお菓子作りに使うものという認識でしたが、今ではそれだけではなく、掃除...

【雑巾の縫い方】ミシンで作る簡単タオル雑巾の作り方

幼稚園や学校で、新学期になると雑巾が必要というところも多いと思います。忙しくて雑巾は、いつも100均...

雑巾の縫い方。四つ折りで作る雑巾の基本や色々なステッチ

お子様の通う学校や幼稚園・保育園では、雑巾が必要というところもあるでしょう。雑巾は市販もされ...

芳香剤スティックの手作りは簡単にできる!好きな香りを楽しもう

お部屋のインテリアとしてもおしゃれで人気な芳香剤のスティックであるリードディフューザー。このリー...

芳香剤スティックが匂わない原因と対処法!使用期間の目安を解説

自宅に芳香剤を置いてスティックいい香りを楽しもうと思っていたのに、なぜか芳香剤スティックが匂わないこ...

重曹は足が臭い時にも臭い消しに使うことが出来ます

料理や掃除などに使える万能な重曹は、足の臭いニオイを取るのにも使えるのはご存知でしたでしょうか。...

ポリエステルの特徴は暑いだけではありません!速乾性はNO.1

ポリエステル素材の洋服は着ると暑いという特徴があるから夏には向かない…誰でもそう聞いたことがあるので...

アパートの狭い部屋向けインテリアの選び方。1Kを広く見せるコツ

アパートでの一人暮らしで、1kの物件に暮らす方も多いと思います。コンパクトな1kの部屋を広く見せるた...

スポンサーリンク

ゴキブリ対策にはハーブを植えると効果的

虫が嫌う臭いを持つハーブを植えてゴキブリ対策

同じ昆虫でもカブトムシやてんとう虫なら可愛いと思えるのに、ゴキブリはとてもそうは思えませんよね。ゴキブリは害虫の一種で、嫌われ者の虫です。繁殖力が高いため、”ゴキブリを一匹見つけたら100匹はいると疑え”などとも言われるほどです。家の中に侵入し、残飯やホコリ、死骸などを餌にして突然出没して驚かせるゴキブリは、生き物の中でもトップクラスで苦手という人も多いのではないでしょうか。

ゴキブリ対策として、ドラッグストアやホームセンターなどに売っているゴキブリ駆除剤などを使う方法が一般的ですが、害虫を殺傷する成分が入っているため、特に小さなお子さんがいるご家庭では使いたくないという人も多いのではないでしょうか。

おすすめなゴキブリ駆除剤がハーブです。

ガーデニングとして楽しめるハーブの中には、虫が嫌う臭いを出すものもあり、そのようなハーブを育てることで、ゴキブリをはじめとする害虫を寄せ付けなくすることも出来ます。

虫除けとしてだけでなく、料理やスキンケアなどにも使えるハーブはメリットがたくさんあります。

ゴキブリ対策に効果のあるハーブ植えることでゴキブリ退治

レモングラスの爽やかな臭いはゴキブリが嫌いな臭い

虫除けスプレーをすると、スーッと鼻にくる臭いが付いていることがありますよね。

あれは、虫除けスプレーに入っている成分が虫が嫌いな臭いなので、スプレーをすることで虫がおのずと寄ってこなくなるためです。

同じ考えから、虫の嫌いな臭いを持つハーブを植えることで、ゴキブリなどの害虫を家に寄せ付けないようにするという第一段階の予防が出来ます。

入り口をハーブで守ることによって、家の中に入れさせない、まさに城門を守る仕掛けのような役割をすることが出来るのです。

中でもおすすめのハーブは、レモングラスです。

見た目は普通の葉っぱなのに、近づいてみると本当にレモンの爽やかな香りが強く感じられます。

人間にとっては爽やかな臭いとして感じられるレモンの臭いは、ゴキブリにとってはとてつもなく苦手な香りで、直接レモンの汁をゴキブリにかけるとしばらく動かなくなるほどです。

また、ピレスラムという白い花のハーブも、美しい見た目でありながら、別名を除虫菊とも言うように、殺虫剤の成分に使われることもある虫が苦手な臭いを含みます。

ハーブを植える時の注意点ゴキブリ対策にならないハーブ

甘い香りを持つハーブは虫を誘う

ゴキブリが家の中にいるのを見つけてしまったら、まだ他にもいるのでは?とヒヤヒヤしてしまいますよね。特に小さいお子さんやペットを飼っているお家では、簡単に市販のゴキブリ駆除剤を使うのは躊躇われるでしょう。そんな時、ハーブを植えて家の外などに置くことで、安心してゴキブリ対策が出来るというのは大きなメリットですね。

ただ、注意点としてハーブであれば何でも良いという訳ではありません。

ハーブの中でも、バニラビーンズやアニスなどは、お菓子作りなどに香り付けとして使われるほどの甘い香りが特徴のハーブで、逆に虫を近づけてしまうことがあるので、注意が必要です。

また、ユーカリというハーブも、清涼感のある香りが特徴で、虫除けに効果があると思いがちですが、意外にもユーカリの香りは虫を誘う臭いがあるので、虫よけとしては選ばない方が良いでしょう。

ゴキブリ対策にミントのハーブを植えよう!ミントの育て方

育てやすいハーブ「ミント」の特徴

爽快な香りが特徴のミントは、育てやすいハーブなので、虫よけとして育てるにもおすすめです。

ミントにも種類があり、おもに「ペパーミント」や「スペアミント」があります。

どちらも葉が小さめで、強い日差しには弱いため、屋外で育てるなら半日陰になる場所にしましょう。

寒さにも比較的強いハーブなので、屋外でも充分育ち、冬越しも出来ます。

大きくなり過ぎたら切り戻しを適度にすることで、元気になり、よく成長します。

また、ミントを増やしたい時には、挿し木をしたり、株分けをすることで、増やせます。

育てたハーブでゴキブリ対策!ハーブの活用方法

大きくなるハーブはどんどん使って活用しよう

ハーブを育てることによって、家の中に虫を近づけない対策は出来ますが、せっかく育てたハーブを違う形で利用してみるのもおすすめです。

ハーブは成長してどんどん大きくなるので、葉っぱや花を摘み取って、15分ほど煮立てれば、簡単な虫除けスプレーになります。

我が家にも大きく成長したローズマリーやレモングラスが生い茂っているので、混ぜ合わせてオリジナルのスプレーを家の中で使って活用しています。

良い臭いなので、そのまま乾燥させて容器に入れて玄関や靴箱に置いたりしても効果があります。

大事に育てたハーブは、ぜひ色々な方法で活用して虫除け以外にも使いましょう。