赤ちゃんの洋服タンスは必要?用意するメリット、タンスの選び方

赤ちゃんが産まれる前に、赤ちゃん専用の洋服タンスを買おうかどうしようか悩んでいませんか?

お店に行くと、素材から色形まで様々なタンスがあるので目移りしてしまいますが、深く考えずに買ってしまうと後から後悔してしまうかも。

赤ちゃんの洋服タンスを用意するメリット、タンスの選び方など詳しくご紹介します。
DIYする方法もおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

墨汁で染色!布を家にある墨汁で黒くする方法と注意点

墨汁が洋服につくと、取れなくなって困ってしまうこと。ありますよね~。特に子供が学校で付けてきた墨汁の...

雑巾の縫い方。四つ折りで作る雑巾の基本や色々なステッチ

お子様の通う学校や幼稚園・保育園では、雑巾が必要というところもあるでしょう。雑巾は市販もされ...

毛玉の正しい取り方。生地を傷めず簡単きれいに処理できる方法

お気に入りの服やニットにできた毛玉。おしゃれなデザインの服も毛玉が付いたまま着てしまうと、それだけで...

アパートにおすすめ。素敵なインテリアキッチンのアイディア色々

賃貸のアパートのキッチンは飾りようがないと諦めないでください。アパートのキッチンはスペースがない...

合皮の劣化でベタベタ!対処法とトラブルを防ぐケアや保管方法

きちんと保管していた合皮バッグを出してみたら、劣化によって表面や内側がベタベタしているととても残念な...

不要になった服は引き取りが一番?いろいろな処分方法をご紹介

引っ越しや転勤などで不要になった服を処分したい場合、一番ラクなのは「引き取り」という方法でしょう。...

花束は花瓶に輪ゴムのままで良し!楽しみ方や長持ちさせるコツ

貰った花束を花瓶に生けるとき、花をまとめている輪ゴムは外した方がいいのか悩みませんか?せっかくキレイ...

【毛玉の取り方】コートの毛玉の正しい処理方法と予防法

おしゃれなデザインのコートも毛玉だらけでは台無し。また、毛玉が付いたコートや服は、どうしてもだらしな...

ワーママの手帳の使い方の工夫!忙しい毎日を充実させるコツ

毎日仕事と育児を両立するワーママにとってスケジュール管理は必須。そんなワーママでも、手帳の使い方...

ワーママのタイムスケジュールは朝型に!楽して効率的なコツ

ワーママの平日のタイムスケジュールといえば、特に朝はいつもバタバタと忙しい家庭が多いのではないでしょ...

ゴキブリ対策に効果のあるハーブの種類と置き方のポイント

ゴキブリにお困りの方は多いと思いますが、ハーブがゴキブリ対策に良いと聞いたことはありませんか?本当に...

重曹を使ってできる消臭剤の作り方について知りたい

重曹は、料理や掃除だけではなく、消臭剤としても使うことが出来ます。しかもその作り方もとっても簡単...

梅干しの天日干し・夜の干し方と土用干しの方法を解説

土用の時期に梅干しを三日三晩干すことを土用干しといいます。梅を干すことで保存性を高くすることができる...

生地の水通しが必要な理由や必要な生地と水通し方法を紹介

洋服などを手作りするときは、その生地を水通しする必要があると言われています。では、どうして生地の...

上手と下手の由来!観客席から見た時の覚え方と色々な上手と下手

お芝居や音楽鑑賞に行く時、「上手」と「下手」という言葉を耳にすることがあります。この言葉の由来は一体...

スポンサーリンク

赤ちゃんの洋服を入れるタンスは必要?専用ダンスを用意するメリット

赤ちゃんがいると赤ちゃん用の衣類もどんどん増えていきますよね。

赤ちゃんの成長に合わせて洋服を買うのも楽しみのひとつですが、増えていく洋服のための収納場所も用意する必要があります。

まだ小さいうちは一時的にカゴなどにまとめておいたり、簡単な収納ケースで済ませてしまうこともあるでしょう。衣類が増えていくと大人用のタンスの引き出しを空けて赤ちゃん用に使ってはみたものの、使いにくくて不便さを感じることが多くなります。

赤ちゃんがいると家事もこれまでのようにスムーズにはいきません。洋服の収納を少しでも使いやすくするために、赤ちゃん専用のタンスを用意することをおすすめします。

赤ちゃん用のタンスの良いところ

赤ちゃんの小さな洋服をしまいやすいサイズです。洋服をたくさん積み重ねて収納すると下にある洋服が取り出しにくくなり、洋服の存在すら忘れてしまう場合もあります。引き出しの奥の方もまた、取り出しにくくなりますよね。

赤ちゃん用のタンスは赤ちゃんの洋服に合わせた幅や奥行きで、引き出しも浅めになっています。大人用のタンスや衣装ケースに比べると、使いやすさを感じることでしょう。

赤ちゃん用のタンスは、赤ちゃんが怪我をしないように安全に作られています。

タンスの角が丸くなっていたり、引き出しの取っ手にも丸みをつけていたり、又は取っ手がなく彫り込みタイプのものも多いです。
コンパクトなサイズでもあるので、リビングなど赤ちゃんのお世話をよくする場所に置くことができます。

赤ちゃん用の洋服をわざわざタンスのあるところまで取りに行く必要がないのは助かりますよね。

赤ちゃん専用の洋服タンスを選ぶなら長く使えるものを

赤ちゃん用の洋服タンスを選ぶときは、デザインや収納力、使いやすさも考えて長く使えるものを選んでください。
まだ赤ちゃんのうちは洋服の出し入れは大人が行いますが、赤ちゃんが成長して自分で引き出しを開けたり自分で洋服を着ることができるようになると、子供にとっても使いやすいタンスが必要です。

赤ちゃん用の洋服タンスには引き出しにレールがついている

力を入れなくても簡単に引き出しの開け締めができるように作られているものもあります。引き出しの取っ手の使いやすさ、子供が届く高さなども考えて選ぶと長く使うことができます。

赤ちゃん用の洋服タンスの材質には木製とプラスチック製の2種類があります。

木製はインテリアにも馴染みやすく、温かみがあるのもメリットです。プラスチック製に比べて通気性が良いので、安心して収納できます。

一方のプラスチック製のタンスは汚れたら洗ったり拭き取ることができるので、衛生面で安心ができます。木製に比べて軽く扱いやすく、お値段も低価格のものが多いのも嬉しいですよね。ただ、通気性が悪いため、衣類の管理には気をつけてください。

赤ちゃんの洋服タンスは収納力も重視すると失敗しない

赤ちゃんの洋服はとても小さいので洋服タンスもコンパクトなものが多いですが、洋服タンスを買うときは収納力も重視してください。

赤ちゃんが生まれたすぐはまだ衣類なども少なめです。ですが、赤ちゃんの成長に合わせて衣類などはどんどん増えていきます。冬用の衣類なら厚みがあり、アウターも必要となるため洋服のボリュームもどんどん増えていきます。先のことも考えて、収納力のある洋服タンスを選んでください。

洋服タンスには引き出しだけのものと、ハンガーのついたものがある

引き出しはたたんでしまう洋服や下着、ソックスなどを収納するときに便利ですが、アウターやワンピースなどはハンガーにかけて収納しますので、ハンガーがついた洋服タンスがおすすめです。ハンガーにかけると洋服がひとめでわかりやすくなり、たたむ手間も省けるのでお母さんにとっても使いやすくなります。

特にアウターはお出かけするときにサッと取り出したいですよね。たたむと1枚だけで引き出しがいっぱいになったりシワになることもあります。赤ちゃんが成長して自分でアウターを取り出すときもハンガーのほうが便利です。赤ちゃん用の洋服タンスならお子さんでも手が届きやすいように作られています。

洋服タンスをリビングに置くなら、インテリアにマッチしたおしゃれなデザインを選ぼう

赤ちゃん用の洋服タンスは一番よく使う場所に置くと、必要なときにすぐに用意でき、家事の時短にもつながります。なので、リビングに置くという場合が多いのではないでしょうか。

赤ちゃん用の洋服タンスを目立つ場所に置く場合はデザインも重視してください

赤ちゃん用の洋服タンスと言ってもいろいろな材質やデザインがあります。使う時期は限られてはいても、どうせ選ぶのならリビングのインテリアに合ったものにしましょう。お気に入りのデザインを選ぶと目に入る度に気分も良くなりますよ。

赤ちゃん用の洋服タンスを購入するときは、まず置き場所を決め、そのスペースのサイズを測っておきましょう。

赤ちゃん用のタンスはコンパクトなサイズが多いですが、広いお店で見るのと実際に部屋の中に置いた場合とではサイズ感が違ってきます。お店では小さく見えても、購入してから置くことができないということがないように、サイズはしっかりと確認してください。

赤ちゃん用のタンスにもいろいろなデザインがあり、ナチュラルな木製のものから、シンプルでモダンなデザイン、子供向けとは感じないデザインもあります。赤ちゃん向けのキャラクターがついたかわいいデザインのタンスも多いですし、プラスチック製の収納ケースタイプのタンスなら値段も安めです。ですが、インテリアを損なう場合もありますので、部屋の置いた感じを想像しながら選んでください。

カラーボックスを使って赤ちゃんの洋服タンスをDIYする方法も

赤ちゃん専用の洋服タンスを飼わなくても、カラーボックスを使って作ることもできますよ。赤ちゃんが成長して必要なくなった時はカラーボックスとして使うことができます。

とりあえず一時的に用意したい時もカラーボックスなら手軽でおすすめです。

作り方は簡単です。作るというよりも、使い方を工夫するといった感じなので、DIYをしない人でも安心ですよ。

  1. カラーボックスにぴったりのサイズのボックスを用意します。100均でも手に入りますし、動物柄のかわいいデザインのものもあります。それをカラーボックスの中にはめるだけで引き出しとして使うことができます。
  2. カラーボックスの中に突っ張り棒を取り付けると、小さなものなら吊るして収納するとができます。カラーボックスを横にして使うと高さが出ますので、赤ちゃん用の洋服ならハンガーにかけて収納することも可能です。
  3. 突っ張り棒を2本とりつけ、その上にワイヤーラックを乗せると棚が出来上がります。たたんだ洋服などを収納するときや、積み重ねたくない時に便利です。
カラーボックスはカラーも豊富なので、インテリアに合わせて選ぶことができますし、必要な分だけ増やして使うことができます。コンパクトなのでちょっとしたスペースに置くこともできますよ。
かわいらしく仕上げると、赤ちゃんが成長したときも洋服の片付けをお手伝いしてくれそうですね。