押し花の作り方【クローバー】簡単な作り方と綺麗に保存する方法

偶然四つ葉のクローバーを見つけたら、何かハッピーなことが起こるのではないかと、心が弾むものです。クローバーをずっと保存しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか。

そんなときは、押し花にして保存をするのがおすすめ。クローバーの押し花の作り方を知って、大切に保存しましょう。

また、クローバーの押し花でしおりを作り方法や、保存のアイデアについてもご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メラミン食器は電子レンジで使用が可能?メラミンの特徴と注意点

メラミン食器は軽くて、落としても割れず使いやすですよね。そして可愛いデザインのものがたくさんあり、イ...

毛玉の正しい取り方。生地を傷めず簡単きれいに処理できる方法

お気に入りの服やニットにできた毛玉。おしゃれなデザインの服も毛玉が付いたまま着てしまうと、それだけで...

カサブランカの花粉は厄介?服について花粉の簡単な落とし方

ゆりの花は大きくてとっても華やかです。中でもカサブランカは一層存在感があり、お家に飾ると雰囲気まで変...

重曹のさまざまな使い方や活用術について知りたい

少し前まで重曹と言ったら、料理やお菓子作りに使うものという認識でしたが、今ではそれだけではなく、掃除...

花束は花瓶に輪ゴムのままで良し!楽しみ方や長持ちさせるコツ

貰った花束を花瓶に生けるとき、花をまとめている輪ゴムは外した方がいいのか悩みませんか?せっかくキレイ...

ゴキブリ対策に効果のあるハーブの種類と置き方のポイント

ゴキブリにお困りの方は多いと思いますが、ハーブがゴキブリ対策に良いと聞いたことはありませんか?本当に...

大人な女子におすすめなインテリアと、素敵な部屋づくりのコツ

女の子の部屋と聞くと、可愛らしかったり、ポップな雰囲気の部屋を思い浮かべる方も多いと思いますが、いつ...

赤ちゃんの洋服タンスは必要?用意するメリット、タンスの選び方

赤ちゃんが産まれる前に、赤ちゃん専用の洋服タンスを買おうかどうしようか悩んでいませんか?お店...

ポリエステルの特徴は暑いだけではありません!速乾性はNO.1

ポリエステル素材の洋服は着ると暑いという特徴があるから夏には向かない…誰でもそう聞いたことがあるので...

物干し竿は台風のとき紐で固定!すぐにできる暴風に備えた対策

いつも洗濯物を干すために使っている物干し竿ですが、台風などの接近によって飛ばされたりしないように紐で...

雑巾に名前が書きにくい時の対処法!色々なアイデアをご紹介

お子さんが学校に持っていく雑巾に名前を書こうと思っても、直接書くのは少し書きにくいものです。うまく名...

墨汁で染色!布を家にある墨汁で黒くする方法と注意点

墨汁が洋服につくと、取れなくなって困ってしまうこと。ありますよね~。特に子供が学校で付けてきた墨汁の...

染み抜きに効果的なベンジンの使い方とポイント、色落ちに注意

染み抜きとしてベンジンがよく使われますが、基本の使い方やポイントについてはよくわかってない方も多いは...

梅干しの天日干し・夜の干し方と土用干しの方法を解説

土用の時期に梅干しを三日三晩干すことを土用干しといいます。梅を干すことで保存性を高くすることができる...

不要になった服は引き取りが一番?いろいろな処分方法をご紹介

引っ越しや転勤などで不要になった服を処分したい場合、一番ラクなのは「引き取り」という方法でしょう。...

スポンサーリンク

簡単な押し花の作り方・クローバーの押し花を作ろう

四つ葉のクローバーは探してみてもすぐに見つかるというものではないため、見つけることが出来たときにはとても幸せな気分になりますし、いつまでも見つけた四つ葉のクローバーをキレイな状態のまま残しておきたいと考える人が多いのではないでしょうか。
しかし、四つ葉のクローバーを水のはった花瓶の中に入れているだけでは数日で枯れてしまいますし、もちろんそのまま放置しておくだけではキレイな状態を保つことは出来ません。

そこでオススメしたい方法は、四つ葉のクローバーを押し花にしてしまうという方法ですが、これまで押し花を作ったことが無いという人にはハードルが高そうに思えるかもしれません。
しかし、押し花というのは作ってみると意外と簡単に完成させることが出来るので、挑戦してみるというのも一つの方法です。

本を使って四つ葉のクローバーを押し花にする方法

  1. まずは、四つ葉のクローバーをキレイな状態で押し花にすることが出来るように、クローバーについている汚れなどを拭き取るために濡れたティッシュなどを使ってクローバーの表面や裏面、茎の部分を丁寧に軽く拭いていきましょう。
    クローバーをキレイにしようと手に力を入れすぎてしまうと、クローバー自体を傷めてしまう原因になってしまうので、優しくそっと拭いていくというのがポイントです。
  2. クローバー全体を拭いてキレイにすることが出来たら、ティッシュペーパーやキッチンペーパーなどの上にクローバーを置き、クローバーの形を整えます。
  3. クローバーの形を整えることができたら本に挟み、クローバーを挟んだ本の上に厚く重い本をのせておきます。
  4. そして、毎日クローバーを挟んでいるティッシュペーパーやキッチンペーパーを交換していくと5日程度でクローバーの押し花の完成です。

クローバーの押し花はアイロンで簡単につくれる!アイロンを使った作り方

本を使って押し花を作るという方法は、スタンダードで多くの人が実践している押し花の作り方です。

しかし、本を使って押し花を作るという方法は、押し花が出来上がるまでに日にちを要しますし、状態の確認をしたり本とクローバーと一緒に挟んでいるキッチンペーパーなどの交換をしなくてはいけなかったりと手間がかかるものです。
そこで、本を使って押し花を作るよりも簡単に作ることが出来る方法についても説明をしていきます。
使うものは、服のシワなどを伸ばすときに使用するアイロンを使って押し花を作っていきます!

アイロンを用いて四つ葉のクローバーを押し花にする方法

  1. まずは出来上がった四つ葉のクローバーがキレイで美しい仕上がりになるために、用意した四葉のクローバーについている汚れや形を整える下準備をしておきましょう。
  2. そして、キレイに整えた四葉のクローバーをキッチンペーパーではさみ、その上からアイロンを当てていくのです。
この方法は、アイロンで四葉のクローバーに熱を加えていくことによって、四葉のクローバーに含まれている水分を飛ばして押し花にしていくという方法になります。

クローバーの押し花の作り方・電子レンジを使って簡単押し花づくり

押し花を作るときに多く用いられる本を使った方法や、上記で説明したアイロンを使った方法での押し花作りなど、押し花作りは様々な方法で作ることが出来ます。

この他の方法として電子レンジを使った方法でも押し花は作ることが出来るのでおすすめです。

  1. 電子レンジを使って押し花を作るときには、電子レンジの中に入れることが出来るサイズのダンボールを用意して、その上にキッチンペーパーかティッシュをひき、さらにその上に押し花にしたいクローバーを載せます。
  2. そしてクローバーの上にキッチンペーパーかティッシュをのせ、さらにその上にダンボールを載せて準備は完成です。
  3. テープや輪ゴムなどを使ってダンボールがずれないように固定したら、そのまま電子レンジにかけましょう。
    電子レンジを使ってクローバーの押し花を作るときにも一気に熱を加えようとするのではなく、数回に分けて熱を加えるようにすることによって失敗しません。
    目安としては、500ワットの電子レンジで1分半~2分程度熱が加えることが出来るように数回に分けて電子レンジにかけます。

押し花にしたクローバーでしおりを作ろう!しおりの作り方

自分で手作りしたクローバーの押し花はそのまま部屋などに飾っておけば素敵なインテリアとしても楽しむことが出来ますが、いつでも持ち歩いて見ることが出来るように本に挟むしおりにするという方法も素敵でオススメです。

しおりを手作りするとなると、これまでしおりを手作りしたことがない人にとってはとてもハードルが高いように思えるかもしれませんが、しおり作りというのは意外と簡単に出来上がるものであるのでクローバーの押し花に挑戦したように、是非チャレンジしてみましょう。

しおり作りに必要となるのは厚紙とセルフラミネーターフィルムになりますが、ラミネーター持っている人はラミネーターを使用していただいてももちろんかまいません。
そして、しおりの作り方の手順としては、厚紙の上に手作りのクローバーの押し花をのせラミネーターをかけるだけという手軽さとなっております。

クローバーの押し花を保存!UVレジンを使って保存しよう

押し花にしたクローバーをしおりにするという方法もすすめですが、UVレジンを使うことによって長くキレイな押し花のクローバーを保存しておくことも出来ます。

その方法とは、UVレジンをクローバーの表面や裏面、茎の部分など全体に塗ったら太陽にあてて乾かすだけです。
樹脂が押し花のクローバー全体をコーティングした状態になるので、長く楽しむことが出来るようになるのです。