ショートヘアでも出来るアレンジ、学校にしていきたくなる髪型

ショートヘアが好きな女子高校生のお悩みで多いのがヘアアレンジがしづらいこと。
校則が厳しかったり、朝が早いので髪のセットは簡単に手早く済ませたいということもあるでしょう。

そこで今回は学校にもOKなショートヘアのアレンジ方法を紹介します。

ショートヘアでも出来るアレンジスタイルはたくさんありますよ!

まずは忙しい朝におすすめ、前髪をアレンジする方法です。前髪一つで顔の印象がガラリと変わります。

またベリーショートが好きという人もいるでしょう。ベリーショートでもアレンジ出来るやり方を紹介します。

学校祭や卒業式などの特別な日は髪型だっておしゃれにしたいですね!
イベントにおすすめなアレンジスタイルを紹介します。

簡単に動きを付けたいならアシメスタイルはいかがでしょう。

ショートヘアでもヘアアレンジを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卒業式の服装【来賓の女性の場合】大切なポイントや注意点を紹介

卒業式での服装について、来賓として招かれたときは来賓として卒業を祝うために相応しい服装をしなければな...

高校がつまらないなら、毎日の生活を楽しむ方法を実践しよう

中学を卒業して、新しい高校生活を始めたものの、自分が思っていたのとは違い、「なんだか毎日が楽しくない...

発泡スチロールで工作を作ろう!小学生の夏休みの工作特集

食品トレイやカップ麺の容器など、私達の生活の色々な場所で発泡スチロールが使われています。この...

重曹と酢の面白い実験のやり方。火山の噴火も体験出来る方法

科学や実験が好きなお子様におすすめ、夏休みの自由研究にぴったりな実験を紹介します。使うものは自宅...

小学生の嫌がらせ対処法、子供の異変に早く気づき早めの対処を

小学生の嫌がらせにはどんな対処法がいいのか、今回はこの問題について考えてみました。近頃子供の様子...

可愛いミディアムアレンジを紹介!学校にしていけるヘアアレンジ

ミディアムヘアのアレンジはいろいろありますが、学校にしていけるもの、簡単にできるものとなると朝の忙し...

ダンスの自宅練習で必要になる鏡、ダンス用鏡の選び方と注意点

ダンスを習っている子供から「自宅練習用の大きな鏡が欲しい」と言われることも多いようです。ダンス上...

小学生の子供の体育館シューズや上靴の選び方をご紹介

小学校に入学する際、子供の上靴や体育館シューズが指定されている場合と、そうではない場合があります。指...

オール明けでも学校を元気に乗り切る!眠気解消のコツを紹介

勉強や遊びなどでついオール明けで学校に行かなければいけないときもあります。そんなオール明けの学校...

卒業式の服装【小学校の場合】選び方のマナーやおすすめを紹介

卒業式での服装について、小学校の卒業式で子供にどんな服装をさせたらいいのか悩む親御さんもいるでしょう...

卒業式で着る洋服、小学生女子の人気スタイルと袴問題を調査

小学生の卒業式はどんな洋服を着てもOKとされていますが、卒業式という式典にふさわしい洋服を選ぶことが...

文化祭でダンスを踊る時、女子ならこんなことをしてみよう

文化祭で行う出し物の定番と言えばダンスですよね。しかし、ダンスと一口に言っても、激しいものやスロ...

小学校の卒業式の服に悩む時には、女子の定番3選

卒業式は子供はもちろん親にとっても一大イベントです。6年間の思い出が蘇り感慨深い時間を過ごされる...

お盆の墓参りに行かないのはOK?お盆の意味と行けない時の対策

お盆になると、ご先祖様の眠るお墓に墓参りに行きます。ですが、どうしても仕事を休むことができず、墓参り...

小学校でママ友がいない人はどんなタイプ?ママ友の作り方とは

子供が小学校に上がると同時に、今まで仲の良かったお友達やママ友と離れてしまうことはよくあることです。...

スポンサーリンク

朝早い学校にはショートヘアの前髪アレンジで

ショートカットは前髪のアレンジひとつでガラっとイメージを変えることができます!

忙しい朝でもピン一つで雰囲気も気持ちも変わりますので学校のお友達をびっくりさせてみてはどうでしょう。

前髪の長さに関係なく作ることができるのは、「ポンパドール」です。

ポンパドールにしたい部分の前髪を取って、ワックスなどをべた付かない程度にほんの少しだけ付け、床に対して水平に上げます。
そのまま、ねじって上にあげ、ふんわりと整えたら、ピンで留めるだけ!

これなら30秒でもできますので、忙しい朝でも可愛くアレンジすることができます!

また、前髪が長い人は、前髪を片側だけ編みこんだり、センター分けにするだけでも、イメージが変わって見えますよ。
自分に似合う前髪を見つけてみてくださいね。

ベリーショートヘアもアレンジ!これなら学校の規則もOK

クールで他の人とは一味もふた味も違った印象に見せることができるのがベリーショートです。

  1. 髪が短いので結んだりすることは難しいのですが、細めのコテを使って髪全体を軽く巻きます。
  2. 少し硬めのワックスを使って全体を整えたら、耳上などにワンポイントつけるつもりでピンをあしらいます。
    校則が厳しくなければ、ピンは今流行のゴールドピンを何本か重ねてつけたり、パールが付いていても可愛いですよ。

この時に、少しねじりながらピンで留めると、簡単に個性を付けることもできます。

校則でパーマはダメでも、コテを使って軽く巻けばその日だけの即席パーマスタイルも楽しむことができます。

トップが短いヘアスタイルの場合は、ストレートアイロンを使ってトップを立たせ、硬めのワックスとハードスプレーで固めることによって、いつもとは違うボーイッシュな髪形を楽しめます。

髪が短くても、ヘアアレンジは無限大ですね。

学校のイベントにしていきたいショートヘアのアレンジ方法

卒業式などの特別な学校のイベントだって、ちょっとしたアレンジでキレイにまとめることができます。

三つ編みは、髪の長さが無いとできないと諦めてしまいそうになりますが、編み込みなら、短くても三つ編みする事ができちゃいます!

ロングヘアでなければできないと思っていた編み込みスタイルのまとめ髪もショートヘアだって再現できちゃいます。

  1. まずは、髪を左右で二つに分けて、編み込みをします。
  2. 結び終わりもぎりぎりまで三つ編みで終わらせてください。
  3. 編んだ三つ編みを襟足に沿わせて、左右反対側の耳後ろの方に持っていき、ピンで留めます。

たった三つのステップでいつもと違うアレンジができます。

ショートヘアでもくるりんぱをすることよって、アップスタイルも作る事ができます。

  1. 耳下の部分からセットしますので、髪の毛をざっくりと耳上と耳下で分けましょう。
  2. 耳上の毛は軽く結んでおくか、大きめのヘアクリップを使って邪魔にならないようにしておきます。
  3. 耳下の毛からアレンジします。
    まずは左右二つのブロックに分けてロープ編みをして毛先を反対側に持っていきピンで固定します。
  4. 反対側も同じようにロープ編みをしてピンで固定しましょう。
  5. 耳上の毛をロープ編みした毛の上あたりで縛ったらくるりんぱをしてトップの毛を少し引っ張るなどしてルーズに整えます。
  6. くるりんぱした毛先が余ったら真ん中あたりをゴムでまとめて先ほどくるりんぱしてできた部分に折り込んで見えないように隠しましょう。

ロープ編みをピンで留める所が少しテクニックが必要ですが数回練習すればすぐにマスターできますので特別な日にやってみてください。

ショートヘアでもお団子アレンジで可愛く

お団子ヘアは元気いっぱいのイメージでかわいいですよね。

髪が短くてもお団子ヘアに挑戦しましょう!

ショートヘアは耳下の毛が落ちてしまってお団子ヘアは向いていないのではないかと思いますが、落ちてしまうなら落としておきましょう。ハーフアップのお団子スタイルなら髪が短くてもお団子スタイルを楽しめます。

やり方はとってもシンプルで、ハーフアップをする時に最後ゴムで留める際に全ての毛先を出してしまわずに輪っかの状態にして終わらせるだけです。

ハーフアップの位置でお団子の高さが決まりますので少し高めの位置で作ると元気いっぱいで可愛い印象鬼なります。

また、仕上げに少しお団子をほぐす事でゆるいこなれた感じのお団子になりますのでその日の気分や服装に合わせて仕上げてみると良いでしょう。

いつもこれじゃ飽きてしまうという時には、事前にコテで全体を巻いたり、ヘアアクセサリーを付けて変化を付けてみると少し変化を付けられますので試してみてください。

アシメショートならアレンジしやすいしヘアスタイル

アシメとは、アシンメトリーの事で、日本語では左右非対称と訳します。

アシメショートは、右と左の長さが違うショートカットの事。

個性的で、クールな大人っぽさも兼ね揃えたアシメショートもアレンジは無限大です。

カッコいい女性になりたいあなたおすすめのヘアスタイルです。

全体をアシメにしてしまうのは勇気がいるという方は、前髪だけ斜めにカットしてもアシメヘアを楽しめます!
前髪だけならすぐに伸びるのでもし元に戻したくなってもすぐに戻す事もできますし、元気な女子というイメージで高校生だけではなく、小さなお子様からでも気軽に試せるので、アシメの第一歩としていかかでしょうか。
校則が厳しいけれどおしゃれを楽しみたい時には、校則の中でできる限りのおしゃれを楽しんでみましょう。