小学校でママ友がいない人はどんなタイプ?ママ友の作り方とは

子供が小学校に上がると同時に、今まで仲の良かったお友達やママ友と離れてしまうことはよくあることです。
そのうち自然にママ友が出来る人もいますが、しばらく経ってもママ友がいないままという人もいます。
そのように、自分ではママ友が欲しいのに、出来ないという人は、どんなタイプなのでしょうか。
ここでは、ママ友が出来づらいタイプの特徴や、ママ友の作り方、今後の付き合い方などについてご紹介しますので、ママ友に関することで悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卒業式の服装【小学校の場合】選び方のマナーやおすすめを紹介

卒業式での服装について、小学校の卒業式で子供にどんな服装をさせたらいいのか悩む親御さんもいるでしょう...

小学校の卒業式の服に悩む時には、女子の定番3選

卒業式は子供はもちろん親にとっても一大イベントです。6年間の思い出が蘇り感慨深い時間を過ごされる...

可愛いミディアムアレンジを紹介!学校にしていけるヘアアレンジ

ミディアムヘアのアレンジはいろいろありますが、学校にしていけるもの、簡単にできるものとなると朝の忙し...

上靴の名前書きについて。小学校の場合の書き方やおすすめの位置

子供の小学校の持ち物には必ず名前が必要です。上靴にももちろん名前書きをしますが、書こうと思っ...

押入れ収納【おもちゃの収納】自分で片付けられるコツを紹介

おもちゃは増えていくけど、収納場所は限られていますね。そんなときにおすすめなのが押入れ収納です。...

小学校を子どもが休む時の電話の掛け方と伝え方・親がすべきこと

子どもの急な発熱や体調不良などが原因で小学校をお休みしなければいけなくなった際、親は学校に休む連絡を...

重曹で足の臭いをなんとかしたい!靴の臭いを取る方法

足の臭いのする靴をどうにかしたいときにおすすめなのが重曹です。掃除にも使われる重曹ですが、臭いを取り...

重曹と酢の面白い実験のやり方。火山の噴火も体験出来る方法

科学や実験が好きなお子様におすすめ、夏休みの自由研究にぴったりな実験を紹介します。使うものは自宅...

お盆の墓参りに行かないのはOK?お盆の意味と行けない時の対策

お盆になると、ご先祖様の眠るお墓に墓参りに行きます。ですが、どうしても仕事を休むことができず、墓参り...

高校がつまらないなら、毎日の生活を楽しむ方法を実践しよう

中学を卒業して、新しい高校生活を始めたものの、自分が思っていたのとは違い、「なんだか毎日が楽しくない...

発泡スチロールで工作を作ろう!小学生の夏休みの工作特集

食品トレイやカップ麺の容器など、私達の生活の色々な場所で発泡スチロールが使われています。この...

オール明けでも学校を元気に乗り切る!眠気解消のコツを紹介

勉強や遊びなどでついオール明けで学校に行かなければいけないときもあります。そんなオール明けの学校...

小学生の子供の体育館シューズや上靴の選び方をご紹介

小学校に入学する際、子供の上靴や体育館シューズが指定されている場合と、そうではない場合があります。指...

中学生の思春期と向き合う。女子の場合の接し方のコツやポイント

中学生の女子を持つ母親や父親の多くの方が悩むのが、お子さんの思春期の言動についてではないでしょうか。...

小学生の嫌がらせ対処法、子供の異変に早く気づき早めの対処を

小学生の嫌がらせにはどんな対処法がいいのか、今回はこの問題について考えてみました。近頃子供の様子...

スポンサーリンク

小学校に上がってしばらくしてもママ友がいないのは、こんなタイプ

子供が幼稚園から小学校へ上がると子供の生活環境だけではなく親同士の付き合い方も変化することがわかりました。幼稚園では何かと親が幼稚園に足を運び他のママと接する機会が多かったのですが、小学校ではママ同士が接する機会が格段に減少します。それに伴いママ友という言葉は殆ど消滅したかのようです。
幼稚園が一緒だったママとは小学校へあがってからも話をしますが、小学校で初めて一緒になったママ達とは参観日の後の懇談で少し話をする程度です。
この状況ではプライベートでまで付き合うようになる事はまずなく、小学校へ入ってからママ友ができる人は非常に稀なのではないかと思われます。

最近ではママも働いている人が多いので時間がありません

よって、小学校においてはママ友を持っている人の方が非常に少ないものです。働いているママではプライベートで交流する時間も無いのでママ友を作りたいと思ってもいない人も多いようです。

小学校においてはママ友がいないのは普通

ですが、居ると子供の学校での様子などを多方面から聞く機会ができて安心です。

ママ友を積極的に作る事は子供の学校生活を知るうえでもとても有効です。

小学校でママ友がいないなら、これをやれば出来るようになる

小学校でママ友を作りたい場合には、学校で募集するボランティア活動に参加したり、サークルなどがあれば参加するとよいでしょう。

PTA活動に参加するのも良い方法

小学校によって様々ですが、図書関係のお手伝いをするサークル、読み聞かせを行うサークルなどがある学校が多いので、そういったサークルに参加してみましょう。

何度も顔を合わせているうちに自然と親しくなります。

積極的に話をして学校の様々な話を聞くのはとてもためになるものです。

私は子供が1年生になった時に図書ボランティアに登録して月に数回小学校を訪れました。子供の図書の貸し出しの時間も参加できたので、子供は私が居ると喜んで来ました。
他の図書ボランティアのお母さんたちから学校の話を聞く事ができ、子供は喜んで本を借りに来ていたのでとてもよい事づくめでした。
私が図書ボランティアに参加した目的は「子供の学校生活の様子を多方面から知る」「親が学校に居る機会を少しでも設けて子供が学校を好きになるようにする」というものでした。
また、たまたま子供同士が同じ習い事をしていて、その送迎の度に顔を合わせて仲良くなったママ友も居ます。習い事だと必ず定期的に会うので自然と会話が弾むようになりました。

小学校でのママ友付き合いは、距離感が大切

小学校でママ同士である程度親しくなっても、相手の気持ちを考えて距離感を設定することが大切

性格や生活環境はそれぞれ異なります。

そのため余り踏み込んだ話題をする事を好まない人や、時間があまりないので特別お茶をする時間をとりたくない人も居ます。

ランチなどをしながらゆっくりと話をしたいと思っても、相手はそうは思わないかもしれないので断りづらいように誘わないよう気を遣いましょう。

深い話題にのってこなかったりランチをするなど、プライベートな時間でまでは交流を持ちたくない様子が伺われた場合には同じ距離感を保ちましょう。強引に近づけようとすると相手に負担を与えてしまいます。相手が距離を置いているようでも不信感を覚えてはいけません。単にそういう性格であったり時間が無いだけの場合も多々あります。

ママ友は相手の気持ちや生活を尊重して相手の望んでいる距離感を掴む事が大切です。

小学校のママ友が出来ても、こんな人ならいない方がマシなタイプとは

立ち入られたくないプライベートにまで平気で踏み込んできたり、無神経な他人とは一緒に居ても不快感を感じるだけです。そのような無作法なママ友ならいない方がマシでしょう。

話していて楽しい、有益な学校の話題をできる、そんなママ友関係を築けるような人とは長く良い関係を続けることができる

良好なママ友関係を築くために大切な事は「相手に要求しない」「過度に期待しない」「常に相手の気持ちや環境を考えて迷惑をかけないようにする」「相手の子供を悪く言わない」などを心掛けましょう。

細かい事は気にしないようにしましょう

授業参観などの行事や街中などで会った時に無視されても、それは相手が気がつかなかっただけと思いましょう。

視界に入ってはいても他に気を取られて気がつかない事はよくあります。些細な事は気にせず友好的な気持ちでお付き合いしましょう。

小学校で要注意なママ友との距離の置き方

あまりにプライベートな質問をどんどんしてくる、他人の悪口ばかりを話すなど一緒に居て不快になるようなママ友とはさりげなく距離を置くようにしましょう。

できるだけ穏便に距離をおけるようにしましょう

  • 授業参観の立ち位置などでは「子供がよく見える場所に移動するね」などと口実をつけて離れます。
  • 話している最中では「あ、そろそろ行かないといけないの」などと用事があることにして早々に切り上げるようにしましょう。
  • 約束をされそうになった場合には、両親や親族関係などの他の用事があることにして断りましょう。

自分の体調が悪いなどの理由もおすすめです。

逆恨みされて自分や子供にまで何か悪影響が及ぼされては大変です。周囲の人を傷つけたり不快な気持ちにさせないよう生活していると自分も気持ちよく毎日を生活することができるようになります。