可愛いミディアムアレンジを紹介!学校にしていけるヘアアレンジ

ミディアムヘアのアレンジはいろいろありますが、学校にしていけるもの、簡単にできるものとなると朝の忙しい時間では難しかったりしますよね。

まずは、髪を乾かすとき、セットするときにこのような方法でスタイリングしてみてください。

そうすることで、ヘアアレンジがしやすくなりますよ。扱いやすい髪にすると、ミディアムのヘアアレンジもきっと上手くいくはずです。学校にもしていけるヘアアレンジ方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学生の嫌がらせ対処法、子供の異変に早く気づき早めの対処を

小学生の嫌がらせにはどんな対処法がいいのか、今回はこの問題について考えてみました。近頃子供の様子...

発泡スチロールで工作を作ろう!小学生の夏休みの工作特集

食品トレイやカップ麺の容器など、私達の生活の色々な場所で発泡スチロールが使われています。この...

文化祭でダンスを踊る時、女子ならこんなことをしてみよう

文化祭で行う出し物の定番と言えばダンスですよね。しかし、ダンスと一口に言っても、激しいものやスロ...

小学生の子供の体育館シューズや上靴の選び方をご紹介

小学校に入学する際、子供の上靴や体育館シューズが指定されている場合と、そうではない場合があります。指...

卒業式の服装【小学校の場合】選び方のマナーやおすすめを紹介

卒業式での服装について、小学校の卒業式で子供にどんな服装をさせたらいいのか悩む親御さんもいるでしょう...

重曹で足の臭いをなんとかしたい!靴の臭いを取る方法

足の臭いのする靴をどうにかしたいときにおすすめなのが重曹です。掃除にも使われる重曹ですが、臭いを取り...

重曹と酢の面白い実験のやり方。火山の噴火も体験出来る方法

科学や実験が好きなお子様におすすめ、夏休みの自由研究にぴったりな実験を紹介します。使うものは自宅...

卒業式で着る洋服、小学生女子の人気スタイルと袴問題を調査

小学生の卒業式はどんな洋服を着てもOKとされていますが、卒業式という式典にふさわしい洋服を選ぶことが...

私立大学の学費で理系が文系よりも高い理由と学費を抑えるヒント

私立大学の学費は高いのは常識の範囲かもしれませんが、文系よりも理系、理系でも学部によって学費にかなり...

中学生の思春期と向き合う。女子の場合の接し方のコツやポイント

中学生の女子を持つ母親や父親の多くの方が悩むのが、お子さんの思春期の言動についてではないでしょうか。...

ダンスの自宅練習で必要になる鏡、ダンス用鏡の選び方と注意点

ダンスを習っている子供から「自宅練習用の大きな鏡が欲しい」と言われることも多いようです。ダンス上...

卒業式の服装【来賓の女性の場合】大切なポイントや注意点を紹介

卒業式での服装について、来賓として招かれたときは来賓として卒業を祝うために相応しい服装をしなければな...

小学校の卒業式の服に悩む時には、女子の定番3選

卒業式は子供はもちろん親にとっても一大イベントです。6年間の思い出が蘇り感慨深い時間を過ごされる...

高校がつまらないなら、毎日の生活を楽しむ方法を実践しよう

中学を卒業して、新しい高校生活を始めたものの、自分が思っていたのとは違い、「なんだか毎日が楽しくない...

上靴の名前書きについて。小学校の場合の書き方やおすすめの位置

子供の小学校の持ち物には必ず名前が必要です。上靴にももちろん名前書きをしますが、書こうと思っ...

スポンサーリンク

ミディアムアレンジをするときにはまず下準備

学校にして行けるような可愛いヘアアレンジをしたい!

でも、忙しい朝に限られた時間の中で出来る簡単なアレンジが知りたい!そんな風に思っている人は多いはず。朝は忙しいので、短い時間でも簡単に出来て、さらに失敗の少ないアレンジ方法をご紹介します。

でも、その前に下準備についてご紹介しましょう。
ヘアアレンジをするなら下準備が出来ているかどうかで仕上がりが変わります。
忙しい朝こそ、ちゃんと下準備をしてください。

ミディアムヘアは寝ぐせが付きやすいので、寝ぐせがついている時は、ある程度寝ぐせ直しをしましょう。寝ぐせは水を付けて直すのが早いので、ブラシでとかした後に水をスプレーで吹きかけて髪を湿らせます。

ちなみに、毛先だけに寝ぐせが付いていると毛先だけに水を付ける人も多いですが、根元に原因があることも多く、生え際まで全体的に濡らした方が寝ぐせ直しには効果的です。

濡らしてすぐにドライヤーでブローするのが良いですが、スプレー後に着替えなどをして落ち着かせても大丈夫です。

毛先がぱさぱさする場合は、洗い流さないタイプのトリートメントを付けましょう。

ミディアムアレンジのポイントは顔周り!前髪だけは手を抜かない

遅刻ギリギリや早起きをして時間を掛けてアレンジしたのに、努力に気付いてもらえないと寂しいですよね。前髪は変化が分かりやすいので、違いに気付いて欲しい人は前髪のアレンジをするのがお勧めです。

ミディアムヘアなら後のアレンジの色々出来ますが、前髪のアレンジも忘れてはいけません。

何もしていないようだけど可愛いを作りたいなら、前髪もブローして丸みを出しましょう。

シンプルに簡単にアレンジするなら、前髪を横に流してピンで留めます。七三分けならぬ九一分けにして、前髪を横に長して見えないようにピンで留めると、流した前髪にカーブを付けられて可愛さもアリながら大人っぽい印象の前髪を作れます。

デザイン性のあるヘアアクセを使っても良いなら、可愛いピンをするだけでも充分アレンジとして楽しめます。

前髪を真ん中から片方ずつくるくるとネジって横でピン留めします。ねじる方向を前から後ろにするか後ろから前にするかで印象が変わって、後ろから前にねじる方が目立ちにくいです。
厳しい校則がある学校の場合でも、前髪ねじりはシンプルながら可愛く簡単にアレンジが出来ます。

学校の日も簡単にできるミディアムアレンジ方法

巻いたりピンを使ったり色々なテクニックが必要なアレンジは自信がないという人にお勧めなのは、ワンカールヘアです。パーマが禁止されている学校でもワンカール位のアレンジなら、しっかり可愛さを出しつつ校則に引っかかりにくいアレンジです。

ワンカールはカールアイロン以外でもストレートアイロンでも簡単に作れます。緩め巻きならくるくるドライヤーやブラシ付きのドライヤーでも出来ます。しっかりしたカールを作るなら、ヘアアイロンを使うのがお勧めです。

一番簡単で多少失敗しても誤魔化しやすいのは、内巻きです。

まずはブローして毛の流れを整えておきます。ドライヤーを当てて内側に向かって巻き上げて行きます。

なお、一気にカールを作ろうとすると上手くカールが出来なかったり失敗しやすいので、毛束は少しずつ取って癖付けしましょう。

外巻きも内巻きと同じくらい簡単です。

外巻きは内巻きと逆に癖付けしますが、内巻きと違って巻きすぎないように注意しましょう。

外巻きはカールの向きが均一に癖付けできないとその部分が目立ってしまう事があります。もしも均一にならなかったときは、巻き終わった後にワックスを付けて毛先を散らすようにすると、失敗を誤魔化せます。

学校にしていくときのミディアムアレンジでおすすめなのは後ろが可愛いこの髪型

ミディアムヘアでもう少しちゃんとしたアレンジをしたいけど、学校で注意されない程度のアレンジが知りたいという場合は、ハーフアップやポニーテールがお勧めです。

普通のヘアゴムで髪の上半分だけ後ろで一つ結びにするハーフアップやポニーテールは、校則が厳しい多くの学校でも許容されている髪型だと思います。

ただのヘアゴムで普通に結んだだけのこの髪型だと「アレンジっていうか…」という髪型になってしまいますので、ここから一工夫しましょう。

ハーフアップで結んだ後は、くるりんぱをするとかなり印象が変わります。

ハーフアップのくるりんぱは派手さが軽減されるので、学校にもしていきやすいアレンジです。両サイドの髪をねじって後ろで結ぶのも可愛いです。

後で一つ結びにするポニーテールは位置で印象が変わります。高い位置だと学生らしい元気な印象に、かなり低い位置だと大人っぽい印象になりやすいです。

ポニーテールをしたら、毛束を少し取ってゴムを隠すように取った毛束を巻くだけでもおしゃれなアレンジをしている印象になります。

ポニーテールをくるりんぱしても可愛いですが、学校によってはNGアレンジになる可能性もあります。

アレンジが大丈夫な学校なら、ハーフアップでくるりんぱをした後にポニーテールをして更にくるりんぱをすると、しっかりしたアレンジに見えます。くるりんぱをした後、髪の毛を少量ずつ引き出してふんわり感を出して、可愛いヘアアクセを付ければお出かけにも使えます。

学校にしていきたいミディアムヘアアレンジ

手の込んだ印象のアレンジをしたい人は、編み込みがお勧めです。

前髪ともみ上げ付近のサイドの髪を残し、編み込みを作っていき耳の後ろで結び目やピンを隠しましょう。片側だけでも両サイドでも可愛くなります。

耳の後ろ辺りで終わらず、編み込みの後三つ編みを続けて、ハーフアップのように後ろで結んだり、ツインテール風に二つ結びにしても良いでしょう。

前髪が長い場合は、前髪とサイドの編み込みもお勧めです。

不器用で編み込みが難しい場合は、九一や八二分けで頭に添うように三つ編みを作ってからピンで留めても可愛くなります。

分け目をギザギザにして低めの位置で二つ結びにして、結び目より下の位置に2本等間隔でゴムで縛ります。ゴムとゴムの間の髪の毛を引き出してルーズ感をだしましょう。三つ編みにしてからルーズ感を出しても可愛いアレンジになります。