チャーハンをパラパラに作ろう!フライパンの振り方のコツを解説

自宅でチャーハンを作る時、フライパンを上手に振ることができずに振り方のコツを知りたいと思うことがあります。

うまく振ることができれば、お店で食べるようなパラパラ炒飯の味を再現できるのではないかと、四苦八苦している人もいるのではないでしょうか。

ここでは、チャーハンを作る時のフライパンの振り方についてお伝えします。実際にどのように振れば良いのかを知って、美味しいチャーハンを作りましょう。

またフライパンを上手に振ることができるようになる練習方法や、美味しいチャーハンを作るコツについてもご紹介します。

こちらも是非参考にして、自宅で美味しいチャーハンを味わいましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

丼タイプの保温弁当箱は夏の時期こそおすすめしたい理由と使い方

保温弁当箱にはおかず用とごはん用が分かれた丼タイプがありますが、食中毒が気になる夏の時期も安心ですし...

クエン酸を使ったドリンクを手作りするレシピを知りたい

クエン酸という言葉を聞いた時に、どんな事柄を思い浮かべますか?「酸っぱい」、「なんか健康に良さそ...

魚焼きグリルで作る簡単レシピ!人気の魚焼きグリル活用法

魚焼きグリルはどこのご家庭にもありますが、使い道としては名前の通り「魚を焼く」ことに使いますよね。し...

大根の煮物が苦いとき、どのような対策方法を取ればいいのか

大根の煮物を作った時に、味が思っていたよりも苦いときってありますよね。それは、何が原因で起こるの...

ホットケーキミックスで蒸しパン!豆腐をプラスでもちもち食感

ホットケーキミックスはどの様に活用をしていますか?もちろん、そのままホットケーキにするのも美味しいで...

魚焼きグリルのプレートで鶏肉を焼くときのコツとポイント

魚焼きグリルを使ってプレートで鶏肉を焼くときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?焦...

ワーママは夕飯が作れない!忙しいママのための時短テクニック

働くワーママはいつも忙しくて、夕飯を作れないときがあるほど帰宅時間が遅くなることもあるでしょう。...

ホットケーキミックスのクッキーをレンジで作りたい

ホットケーキミックスは、手作りお菓子の万能な材料として人気ですよね。その中でもクッキーを作ったこ...

残った肉じゃがのお弁当への入れ方は汁気に注意!コツを教えます

夕食のために作った肉じゃがが余ると、翌日のお弁当に入れようかと考える人も多いでしょう。しかし...

ホットケーキミックスで離乳食を。炊飯器を使って作りたい

ホットケーキは離乳食の後期によく食べられるメニューのひとつですよね。ホットケーキはホットケーキミ...

クエン酸を使った飲み物の作り方について知りたい

クエン酸と聞いたら、どういった用途を思い出すでしょうか。酸っぱい飲み物や食べ物の原料として使われ...

ホットケーキミックスと炊飯器で紅茶を使った簡単ケーキを紹介

ホットケーキミックスで炊飯器を使ったケーキづくりは簡単で人気があります。お好みの紅茶を使えば、ほ...

クエン酸が含まれている食べ物を使ったレシピについて知りたい

クエン酸は酸っぱい食べ物に多く含まれていて、健康にもおすすめな成分です。特に疲れている人や、夏で...

冷凍保存の方法【野菜編】基本的な保存方法と種類別の保存法

特売で大量に野菜を購入したときや野菜をたくさん頂いたとき、どうやって保存をすればいいのか保存方法に困...

節約のために食費を浮かせるレシピの考え方や、コツについてご紹介

節約生活をする中で真っ先に見直すのが食費ですよね。ネットや雑誌などで節約レシピを作るのも良いです...

スポンサーリンク

チャーハンを作る時のフライパンの振り方!力のかけ方のコツと振る時の意識の仕方

チャーハン作りでフライパンを振るときは、ただ前に押し出すのではなく引く加減が重要となります。

前に押し出す力が強いとチャーハンが飛び散ってしまいます。前に振る力加減よりも引く力加減を少し強めにしましょう。

フライパンはどのようなものを使っていますか?

目玉焼きを作る、お肉を焼くのであれば浅いフライパンでもいいですがチャーハンや野菜炒めなど、具を回す、煽るようなものを作るのであれば深めのものがいいでしょう。

とくにチャーハンをよく作る、美味しいチャーハンを作りたいのであれば深めのフライパンを用意しましょう。

一人前のチャーハンであれば24センチ、26センチ、二人前を作るのであれば28センチの深さのあるものがおすすめです。

どんなに深さがあっても、チャーハンの量が多いと散らかってしまいます。鍋に合った量で作りましょう。

家で作るときは、そこまでフライパンを振らなくても大丈夫です。もし振らなければ焦げてしまうのというのであればそれは火が強すぎです。

チャーハンを作る時はこうやってフライパンを扱おう!フライパンの振り方実践編

まずは、チャーハンがフライパンにくっついていないか確認してください。もし、卵や具、米がフライパンにくっついてしまっているならヘラで剥がしてください。フライパンを降る前に、卵、具、米がある程度混ざっているかも重要となります。

チャーハンを煽る準備ができたら、フライパンをナナメにして奥のヘリ部分に向けて具を寄せるように降って、すぐに後ろに引きます。

この動作を繰り返してください。難しいようなら、ヘラで返しましょう。ガスコンロであれば、フライパンを上に持ち上げることができますがIHの場合は上に持ち上げてしまうと熱源から離れてしまいます。そうなると、火にかけていない状態となってしまうのでヘラやフライ返しで混ぜましょう。

IHの電源を切ってから、フライパンを振りましょう。

パラパラのチャーハンを作りたい!フライパンの振り方を練習する方法

生米やマカロニを使ってフライパンを振る練習をしましょう。

火にかける必要はありません。平らなところにフライパンを置いて、振る練習をしてください。フライパンは上下に振るのではなく前後にふるとよいことがわかると思います。

少ない量で練習をして慣れてきたら量を増やしていきましょう。

とにかく実践でやりたいという人は、散らかってもいいという気持ちでフライパンを振ってください。料理人も、勢いよく振ればこぼすことはあります。

こぼさないようにと、変な力加減で行うよりも少しくらいこぼれてもいいという気持ちで行ってみましょう。

パラパラのチャーハンを作るコツは、温かいご飯を使うことです。炊きたてご飯や冷たいままのご飯はチャーハンに向いていません。炊きたての御飯は水分量が多いのでべちゃべちゃになりやすく、冷たいご飯はほぐれる、具と混ざるまで時間がかかります。

このため、炊きたてでも冷たいでもない温かいご飯が丁度よいのです。

チャーハンを作る時にフライパンを振る理由

お店でプロが作る料理人が鍋を振ってチャーハンを作るのは、火力が強く振らなければ焦げてしまうためです。家のコンロはどんなに強火でも火力が違うのでお店のように熱心に振る必要はないのです。

家で作るときはできるだけ、火からはなさずヘラで切るように混ぜご飯を返して作ることをおすすめします。

お家で作るチャーハン、何かひと味足りないなと思うことはありませんか?ネギやハムで作る素朴なチャーハンもいいですが、家でも美味しいチャーハンを食べたいのであればチャーシューを入れましょう!

このチャーシューが入っているかいないかでチャーハンは決まるといっても過言ではありません。

チャーシューの作り方

  • 豚肉(バラ肉塊もしくは肩ロース肉)500グラム
  • 生姜  お好み
  • ネギ  お好み
  • 砂糖  大さじ1
  • 水   200CC
  • 酒   200CC
  • 醤油  200CC

まず、豚肉、生姜、ネギを水と酒で10分煮ます。アクはとってください。砂糖を入れて10分煮ます。火を止め30分置き醤油を入れ5分煮て下さい。

家で作れる美味しいチャーハンの作り方!パラパラチャーハンを作るコツ

チャーハンを作るときには、ご飯を炒める前に卵か油を混ぜましょう。ご飯は炒めると、お米同士がくっついてしまいます。それを防ぐために先に卵や油でコーティングしておくのです。マヨネーズでもOKです。

ご飯を炒めるときには、切るように混ぜてください。具はできるだけ水分の少ないものを使うといいでしょう。定番のネギやハムがおすすめです。玉ねぎや人参などを入れる場合は、別に炒めるかレンジで火を通しておくといいでしょう。

味付けは塩コショウですが、最後に醤油を足すときにはチャーハンにかけるのではなく鍋肌に垂らし蒸発させながら混ぜ合わせてください。醤油で味をつけようとすると水分が多くなりしょっぱくなってしまいがちです。醤油はあくまでも香り付けとなります。

味にコクを出したいのであれば、ラードを足したり中華だしを足してください。塩コショウのタイミングで入れるといいでしょう。

卵を炒めるときは強火ですが、ご飯を入れるタイミング中火にしてある程度混ざったら弱火にしましょう。