自宅焼肉の材料は?お肉を美味しくする方法とおすすめの野菜

美味しい焼肉が食べたいと思っても、実際に焼肉屋さんに行って焼肉を食べると、お金がかかってしまいます。

その半面、自宅で焼肉をすれば、材料にかかるコストを抑えることができるため、たくさんの量のお肉を購入して食べることができます。

ですが、やっぱり焼肉屋さんの味には劣ってしまうもの。自宅でも材料を美味しく調理して、焼肉を食べる方法はないのか気になるものです。

ここでは、自宅焼肉の材料とお肉を美味しくする方法・おすすめの野菜や選び方についてお伝えします。

自宅で美味しい焼きに気を食べて、心も胃袋も満足させましょう。美味しい焼肉をたくさん食べて、ハッピーな気持ちになってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大根の煮物が苦いとき、どのような対策方法を取ればいいのか

大根の煮物を作った時に、味が思っていたよりも苦いときってありますよね。それは、何が原因で起こるの...

大根の皮むきを上手に行うコツなどについてご紹介

大根は、お味噌汁や鍋など、さまざまな料理に大活躍する野菜のひとつです。しかし、包丁の扱いにあまり...

献立を簡単に節約できるコツ!ムリなく続けるためにできること

毎日の献立は簡単にできて節約もできるものが一番です。しかし、食費の節約を意識したいけど、献立をいつも...

ラー油のレシピとは?簡単に作れるオリジナルラー油を紹介

ラー油は簡単に作ることがきます!基本レシピをアレンジすれば、いつでもあなた好みのオリジナルラー油を楽...

ワーママにおすすめの時短アイデア!料理の時間を時短するコツ

毎日忙しく仕事をしているママたちの中には、なるべく料理にかかる時間を時短して少しでも自分の時間を確保...

冷凍保存の方法【野菜編】基本的な保存方法と種類別の保存法

特売で大量に野菜を購入したときや野菜をたくさん頂いたとき、どうやって保存をすればいいのか保存方法に困...

魚焼きグリルで作る簡単レシピ!人気の魚焼きグリル活用法

魚焼きグリルはどこのご家庭にもありますが、使い道としては名前の通り「魚を焼く」ことに使いますよね。し...

ホットケーキミックスと豆腐を混ぜてレンジでチンの簡単レシピ

ホットケーキミックスはお菓子作りに大活躍する今一番人気とも言える材料のひとつです。普通に卵や牛乳...

ワーママは夕飯が作れない!忙しいママのための時短テクニック

働くワーママはいつも忙しくて、夕飯を作れないときがあるほど帰宅時間が遅くなることもあるでしょう。...

旦那のお弁当の詰め方の基本とちょっとしたコツで朝も楽チン

毎日の旦那さんのお弁当作り。時間に追われ、いつも同じようなお弁当になってしまうという方も多いと思いま...

干し野菜のなすの作り方。上手に干すコツと美味しい食べ方

なすが旬の季節には、食べ切れないほどのなすをいただくこともありますよね。食べ切れそうにない時には、干...

お弁当持ちの旦那のためのおかず詰め方や順番や気を付けたいこと

自分のお弁当ならあまり手はかけなくても良いかもしれませんが、旦那の弁当の場合は周りの職場の人にお弁当...

ホットケーキミックスを手作り!人気のふわふわホットケーキ作り

ホットケーキミックスがあると思ったのに、いざ子供のおやつを作ろうと思ったら、どこを探しても見つからな...

節約できる献立は一人暮らしにオススメ!簡単にできるコツを紹介

節約できる献立を考えることができれば、一人暮らしの食費の節約ができるでしょう。しかし、いざ献立を...

大根の保存法!土に埋めて長期保存・冷凍や冷蔵で保存する方法

大根がたくさんある場合はすぐに使い切ることはできません。大根を長期間保存したいときは、土の中に埋める...

スポンサーリンク

自宅焼肉に欠かせない材料・お肉を美味しく食べるには

自宅でもやわらかくて美味しい焼肉にするコツは、事前の仕込みにあります。

ファスナー付きの食品保存バッグに肉を入れ、その中に市販の焼肉のたれを入れてよく揉み込みます。それを30分~1時間ほど冷蔵庫で寝かせ、焼く30分~1時間前にまた冷蔵庫から出して、ゆっくり常温に戻してから焼くという方法です。

簡単ですが時間のかかるものなので注意しましょう。

こうしてたれに漬け込むことで、肉の組織までたれが入り込んで焼いてもやわらかく、肉汁が外に逃げなくなります。

さらにたれには香味野菜や香辛料が入っているので、肉の臭み消しにもなるのです。

ゆっくり常温に戻すのにも訳があります。冷蔵庫から出したものをすぐに加熱すると、急激な温度変化に肉の組織が付いていけず、味が落ちてしまうのです。

分量ですが、肉の重さの20~25%のたれが必要なので、400gの肉であれば80g~100gのたれを入れましょう。

肉は牛、豚、鶏、何でもOKです。

さまざまな肉に多種類のたれを使うと味に変化も付いて美味しいですよ。

自宅焼肉は材料のお肉を漬け込んで美味しく!おすすめの漬け込みタレレシピ

市販のたれだけでなく、調味料を組み合わせてオリジナルのたれを作って漬け込むのもおすすめです。

自宅焼肉をおいしくするタレレシピ

王道の醤油ベースたれなら、醤油を大さじ4、砂糖大さじ2、おろしにんにくひとかけ分、刻みねぎ大さじ4、ごま油大さじ1、こしょう少々、これに白ゴマを好みで入れたたれが出来上がります。

牛肉と相性が良く、こしょうを控えめにすると子供もペロリです。

また、辛いのが好みの人なら、コチュジャン大さじ2、粉末唐辛子小さじ1、醤油小さじ1、砂糖大さじ1、おろしにんにく1かけ分、ごま油大さじ1、こしょう少々で、韓国風辛味たれができました。豚肉と相性ピッタりです。

女性の人気の塩ベースのたれもご紹介しましょう。

ハーブソルト小さじ1、オリーブオイル大さじ3、こしょう少々、レモン汁小さじ2、刻みねぎ多めにお好み量で、あっさりしたレモン塩たれの出来上がりです。

さっぱりしているので食べやすく、箸が進むたれになります。

どのたれも5分程度の漬け込みでもいいのですが、30分~1時間漬け込んだ方がより味わい深くなっているので美味しいでしょう。

自宅で焼肉をするときの材料・自宅焼肉の野菜選び

まず野菜選びをする際は、火が通りやすいものと通りにくいものを両方、バランスよく用意しましょう。

また、焼いている間に食べられるような、生食用の野菜もあるといいですね。

キャベツなどの葉物なら焼いても生でも食べられますし、焼いた場合は火が通りやすいです。

芋やにんじんなどは火が通りにくい野菜になりますね。にんじんの場合はスティックにして生食にしてもいいでしょう。

できるだけ生食用と焼き用の野菜はかぶらない方が味にも食感にも飽きません。

焼くのに向いていないものを中心に生食用に用意し、焼いても生でも食べられるものは、より美味しい方で食べると考えましょう。生で食べるのをサラダにするのか、スティックなどにしてディップソースや味噌などをつけて食べるのかでも用意したいと思う野菜は変わるでしょう。家族のみんなが食べやすい方法で選んでくださいね。

自宅で焼肉をするときはどんな野菜がおすすめ?野菜の材料

先述したように野菜は焼き時間の違うもの、生で食べられるものを用意するといいのですが次に具体的な野菜を挙げていきましょう。

まず、やはりキャベツや芋は欠かせません。にんじんも必要です。また、玉ねぎは切り方や焼き時間を変えて味の変化を楽しむことができる野菜なので、焼肉の時にはぜひとも用意しましょう。輪切りやくし切りにして焼くほかに、そのまま丸焼きにするという方法もあります。特に新玉ねぎであれば、少し火を通しただけでトロトロになり、とても甘くて美味しいですよ。

野菜嫌いのお子様には栄養豊富なかぼちゃがおすすめです。焼けるまで時間がかかるので最初から焼いてしまった方がいいですね。

季節の野菜もあると、より焼肉が楽しくなります。春ならアスパラガス、夏ならとうもろこしを入れてみましょう。

彩りがいいのはピーマンやパプリカですね。焼肉はどうしても茶色くなりがちなので、色鮮やかな野菜も入れると食欲増進の効果があります。

自宅焼肉の材料を美味しく食べられるおすすめのつけダレ

つけだれが自家製にできるなら、当然焼肉用のたれだって自家製できますよね。

先述した醤油ベースのたれとレモン塩だれは、焼いたお肉や野菜をつけて食べるのにもおすすめです。

下ごしらえのときにたくさん作って瓶詰めしておくと便利ですね。

自宅焼肉をよりおいしく!の一工夫

市販の焼肉のたれに近い味にするなら、醤油ベースのたれにりんごをすり下ろして4分の1個分ほど入れても美味しいですよ。

りんごを入れた場合は、一度鍋で火にかけましょう。りんごの奄美が引き出され、それでいてさっぱりとした味わいなので、焼肉のこってりした脂っこさを解消してくれます。

塩で食べる人は、好きなハーブと塩をあわせて簡単ハーブソルトを作るのもおすすめです。

自分でブレンドすることで、その肉と一番相性の良いハーブを選ぶことが出来ます。

塩も岩塩などこだわって選ぶと、より自分好みの味になりますね。

少し準備に手間をかけると家庭での焼肉も、お店の焼肉と同じくらい美味しいです。下ごしらえに野菜にたれにと、用意することが多くなると大変に感じるかも知れませんが、食べてみると「またやろう」と思えますよ。せひご家庭で本格焼肉を楽しんでくださいね。